English
上智大学 
上智大学 

顔写真 准教授 
古屋 晋一 
フルヤ シンイチ 
Furuya Shinichi 

個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
音楽を愛する全ての人が、心に思い描いた表現を、身体に無理なく創造するサポートを実現するために、音楽演奏の脳神経メカニズムや身体運動技能,音楽家の脳神経疾患について研究しています。現在の主たる研究テーマは「音楽家の局所性ジストニアの脳神経メカニズムの解明と診断法・神経リハビリテーション法の開発」「音楽家の超絶技巧を支える運動制御・運動学習メカニズムの解明と熟達支援」です。
1998 年-2002 年 大阪大学 基礎工学部 システム科学科 学士(工学)
2002 年-2004 年 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士前期課程 修士(人間科学)
2004 年-2005 年 大阪大学大学院 人間科学研究科 博士後期課程
2005 年-2008 年 大阪大学大学院 医学系研究科 博士課程 博士(医学)
2008 年-2009 年 関西学院大学 理工学研究科 ヒューマンメディア研究センター 博士研究員
2009 年-2011 年 ミネソタ大学 神経科学部 博士研究員
2011 年-2014 年 ハノーファー音楽演劇大学 音楽生理学・音楽家医学研究所 博士研究員 

学位
学士(工学)  大阪大学  2002/03/25 
修士(人間科学)  大阪大学  2004/03/25 
博士(医学)  大阪大学  2008/03/25 

教育・研究活動状況
音楽医科学研究センター
http://neuropiano.wix.com/music 

研究分野
身体教育学 
リハビリテーション科学・福祉工学 
感性情報学 
神経内科学 
生命・健康・医療情報学 

研究キーワード
身体運動学 
神経科学 
運動制御学 
リハビリテーション科学 
生体医工学 
音楽演奏科学 
音楽医科学 
スキル情報学 
感性情報学 
包括脳ネットワーク 
バイオメカニクス 
予防医学 

競争的資金等の研究課題
音楽演奏表情データベースPEDBの拡充とその実践的活用  科学研究費  基盤研究(B)一般  2016/04/01-2019/03/31 
連続運動の神経機序解明に向けた閉ループ非侵襲脳磁気刺激システムの開発  科学研究費  萌芽研究  2016/04/01-2018/03/31 
局所性ジストニアをモデルとした過剰訓練による脳神経可塑性異常の機序の解明  奨学寄附金  若手研究者研究助成金  2016/04/01-2017/03/31 
局所性ジストニアの神経生理学的機序の解明  奨学寄附金  2015/06/01-2016/03/31 
過剰訓練が引き起こす脳神経疾患のリハビテーション法の開発  科学研究費  若手研究(A)  2015/04-2018/03 
詳細表示...

著書
Progress in Motor Control "Brain Plasticity and the Concept of Metaplasticity in Skilled Musicians"  Eckart Altenmüller, Shinichi Furuya  Springer  2016/12/31 
Oxford Handbook of Music Psychology Second Edition "Planning and Performance"  (ed.by)Susan Hallam, Ian Cross, and Michael Thaut ; (by)Eckart Altenmüller, Shinichi Furuya  Oxford University Press  2016/01/14 
『ピアニストの脳を科学する 超絶技巧のメカニズム』  古屋晋一著  春秋社  2012/01 
『あなたがピアノを続けるべき11の理由』 「自分の夢とピアノは、かけ算することができる」  ジェーン・バスティン, 古屋晋一[ほか] 著 ; 飯田有抄構成・解説  ヤマハミュージックメディア  2011/09 
『ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと』  トーマス・マーク [ほか] 著 ; 小野ひとみ監訳 ; 古屋晋一訳  春秋社  2006/12 
詳細表示...

論文
Distinct roles of brain activity and somatotopic representation in pathophysiology of focal dystonia.  Kazumasa Uehara, Shinichi Furuya, Hidemi Numasawa, Kahori Kita, Takashi Sakamoto, Takashi Hanakawa  Human Brain Mapping  2018 
Resting-state basal ganglia connectivity codes a motor musical skill and its disruption due to a disease process.  Kahori Kita, Jaroslav Rokicki, Shinichi Furuya, Takashi Sakamoto, Takashi Hanakawa  Movement Disorders  2018 
Temporal exploration in sequential movements shapes efficient neuromuscular control.  Shinichi Furuya*, Sayuri Yokota*  Journal of Neurophysiology  2018 
Aberrant cortical excitability explains the loss of hand dexterity in musician’s dystonia  Shinichi Furuya*, Kazumasa Uehara*, Takashi Sakamoto, Takashi Hanakawa  The Journal of Physiology  2018 
State anxiety disorganizes finger movements during musical performance  Shuntaro Kotani, Shinichi Furuya  Journal of Neurophysiology  2018 
詳細表示...

研究発表
Psychological stress disorganizes dexterous movements in musical performance  Workshop on Music cognition, emotion and audio technology  2016/11/07 
Plasticity and metaplasticity of the sensorimotor system of musicians  SICEライフエンジニアリング部門シンポジウム  2016/11/04 
Neuroplasticity of musicians: two sides of one coin  第10回Motor Control研究会  2016/09/03 
Exploring optimal musical practice  International Workshop of Music, Brain and Body  2016/08/31 
Adaptive and maladaptive changes in hand synergy of musicians  Embodied-Brain: Perspectives from Motor Control and Muscle Synergies  2016/05/31 
詳細表示...

受賞
日本オペレーションズ・リサーチ学会 事例研究賞  2014 
計測自動制御学会 生体生理工学部門 研究奨励賞  2014/09/18 
ドイツ研究振興協会(DFG)ハイゼンベルグ賞  2013/12 
日本学術振興会 海外特別研究員  2012/02/28 
アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(AvH)リサーチフェロー  2011/10/01 
詳細表示...

教科書・教材
計測と制御 講義スライド全 15回分  2015/04/01 
ニューラルネットワーク 講義スライド全15回分  2015/04/01 
ヒューマンコミュニケーション 講義スライド全15回分  2014/10/01 
情報理工学実験II 指導書  2014/10/01 
詳細表示...

社会活動
University of London Goldsmithsにて招待講演「Neuromuscular skill acquisition in musical practice」  2016/09/14-現在 
PTNAピアノフェスティバルにて招待講演「音楽が脳を育む?? ~練習の光と影を読み解く~」  2016/08/23-現在 
PASONA主催講演会「~文化芸術立国に向けて~ これからの社会における音楽家の“働き方”とは」にて招待講演「仕事と音楽活動の両立のための練習方法とは?」  2016/07/02-現在 
東京音大 ピアノ指導法特講にて招待講義「最小の努力で最大の効果を得る最適なピアノ練習法」  2016/06/03-現在 
ハノーファー音大にて招待講義「Exploration and exploitation of optimal piano practice」  2016/05/13-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本神経科学学会 
American Physiological Society 
Society for Neuroscience 
計測自動制御学会 
詳細表示...