論文
公開件数:522件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI 概要
1 研究論文(学術雑誌)
単著
Vocal-tract models and their applications in education for intuitive understanding of speech production
T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 4号, 148-156頁
2016/07



2 研究論文(学術雑誌)
共著
Role of labeling mediation speech perception: Evidence from a voiced stop continuum perceived in different surrounding sound contexts
K. Tomaru and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 6号, 303-314頁
2016/11



3 研究論文(学術雑誌)
共著
Missing phonemes are perceptually restored but differently by native and non-native listeners
M. Ishida, and T. Arai
Springerplus

5巻 1号
2016/06



4 研究論文(学術雑誌)
共著
Some people are more lexical than others
M. Ishida, A.G. Samuel and T. Arai
Cognition

151巻, 68-75頁
2016/06



5 研究論文(学術雑誌)
共著
Virtual lung model for education in phonetics and speech science
T. Arai and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 4号, 173-174頁
2016/07



6 研究論文(学術雑誌)
共著
Projection mapping of articulation for education in phonetic science
T. Arai and R. Uchida
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 4号, 175-177頁
2016/07



7 研究論文(学術雑誌)
共著
Exhibition at 'Summer-Holiday Science Square' hosted by National Museum of Nature and Science
Kanae Amino, Takayuki Arai, Fumiaki Satoh, Kentaro Nakamura, Akira Nishimura, Sakae Yokoyama
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 4号, 178-180頁
2016/07



8 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
History and activities of the Research Committee on Education in Acoustics in ASJ
F. Satoh, T. Araia and A. Nishimura
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 4号, 143-147頁
2016/07



9 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
MyVoice: Rescuing voices of ALS patients
S. kawahara, M. Homma, T. Yoshimura and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
37巻 5号, 202-210頁
2016/09



10 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
マイボイスプロジェクト
川原繁人,本間武蔵,吉村隆樹,荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
72巻 10号, 653-661頁
2016/12



11 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
サウンドスペクトログラフ
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
72巻 9号, 570-571頁
2016/09



12 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
音声は何を伝えているか:感情・パラ言語情報・個人性の音声科学
荒井隆行
音声研究
日本音声学会
20巻 2号, 111-112頁
2016/08



13 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Mechanical Production of [b], [m] and [w] using controlled labial and velopharyngeal gestures
T.Arai
Proc. of INTERSPEECH

1099-1103頁
2016/09



14 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Visualisation tools to analyse phonetic confusions for speech perception tests
T.Arai
Proc. of Speech Science and Technology Conference

321-324頁
2016/12



15 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Perceptual Integration of Locally Time-reversed Speech in Japanese
M. Ishida, and T. Arai
International Neuropsychological Society


2016/02



16 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
How Japanese Native Speakers Restore Temporal Distortion in English
M. Ishida, T. Arai and M. Kashino
International Congress of Psychology


2016/07



17 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
単著
Tools for education in acoustics and phonetics
T.Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 2952-2952頁
2016/12



18 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
単著
Tools for education in acoustics and phonetics
T.Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
3196-3196頁
2016/12



19 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Activities of the research committee on education in acoustics in ASJ for children
F. Satoh, T. Arai and Akira Nishimura
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3196-3197頁
2016/12



20 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Goodness evaluation by L1 Spanish speakers of various allophones, made by human and by vocal tract models, of the Spanish phonemes /l/ and /r/
T. Kimura and T. Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3282-3282頁
2016/12



21 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Relationship between auditory degradation and fricatives/affricates production and perception in elderly listeners
K. Yasu, T. Arai, K. Kobayashi and M. Shindo
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3365-3365頁
2016/12



22 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
A speech synthesizer of Japanese saves patients’ voices
T. Arai, S. Kawahara, M. Homma and T. Yoshimura
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3365-3365頁
2016/12



23 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Auditory and tactile senses for perceiving the hardness of wood board
Y. Amimoto and T. Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3266-3266頁
2016/12



24 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Non-native speakers perform poorer than native speakers in Japanese speech recognition in reverberation
E. Osawa, T. Arai, N. Hodoshima, and T. Igeta
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3333-3333頁
2016/12



25 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Japanese English learners use a variety of articulation strategies to produce English liquids
J. Moore, S. Kawahara and T. Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3339-3339頁
2016/12



26 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Perception of geminate consonants and devoiced vowels in Japanese by elderly and young listeners
E. Iwagami, T. Arai, K. Yasu, E. Yanagisawa and K. Kobayashi
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
140巻 4号, 3439-3439頁
2016/12



27 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
千葉勉が遺したもの
荒井隆行
日本音声学会全国大会予稿集, 日本音声学会創立90周年記念大会号
日本音声学会
6-7頁
2016/09



28 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者と若年者における音声からの感情認知
村山由果,吉畑博代,進藤美津子,荒井隆行
日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集
日本コミュニケーション障害学会
76-76頁
2016/03



29 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語母語話者による英語音節/ra/・/la/の知覚における音節前への母音付与についての考察
渡丸嘉菜子,中村太一,荒井隆行
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
441-444頁
2016/03



30 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ロングパスエコーによるオーバーラップマスキングと発話速度の関係
荒井隆行, 大田敦也, 安啓一
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1599-1602頁
2016/03



31 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
科学館・博物館における展示を目的とした声道模型の工夫
荒井隆行
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1619-1622頁
2016/03



32 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語のアクセント型に着目した基本周波数パターンが話者認識に及ぼす影響の分析
庄野槙,荒井隆行, 網野加苗
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
235-238頁
2016/03



33 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
形状の差異が円筒管接続式声道模型の音響特性に与える影響
山田美帆,荒井隆行
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
289-292頁
2016/03



34 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
母語話者に対する残響下の日本語単音節・特殊拍の聴取能低下
荒井隆行,大澤恵里,井下田貴子,程島奈緒
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
293-296頁
2016/03



35 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語促音が開始した可能性を知らせる知覚上の手がかり
荒井隆行,岩上恵梨,柳澤絵美
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
297-300頁
2016/03



36 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者および若年健聴者による日本語促音の知覚
岩上恵梨,荒井隆行, 安啓一, 柳澤絵美, 小林敬
2016年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
605-608頁
2016/03



37 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
残響下での定常部抑圧処理による音声明瞭度改善:モーラ位置・母音の抑圧率と音声明瞭度の関係
柳橋歩,程島奈緒,荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
376-378頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


38 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Lombard効果を応用した残響下の音声明瞭度の改善-日本語非母語話者に対する公共空間での音声案内の作成に向けて-
井下田貴子,程島奈緒,荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
643-644頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


39 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
視聴覚情報を活用しながら音響音声学を学ぶ
荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1423-1426頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


40 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語を母語とする習熟度別ドイツ語学習者の弱化母音の知覚-習熟度が母音のフォルマント周波数と持続時間に与える影響-
粕谷麻里乃,荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1435-1438頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


41 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
疑似楽器音のスペクトルの違いがピッチ弁別に与える影響
松元綾乃,荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1441-1444頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


42 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
遅延聴覚フィードバック法の臨床への応用-実験室から日常生活へ-
織田千尋,山本敏之,村田美穂,佐藤弥生,安啓一,荒井隆行
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1467-1468頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


43 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
破擦音生成時の解放に伴う破裂が摩擦音・破擦音識別に与える影響~若年者と高齢者の比較~
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音響学会2014年春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1491-1494頁
2014/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


44 研究論文(学術雑誌)
単著
Time-reversed reverberation yields lower speech recognition rate by human and machine
T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
34巻 2号, 142-146頁
2013/03



45 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境における音声明瞭度改善を目的とした子音強調・母音抑圧による前処理
辻美咲,荒井隆行,安啓一
日本音響学会誌
日本音響学会
69巻 4号, 179-183頁
2013/04



46 研究論文(学術雑誌)
共著
Signal to overlap-masking ratio of the broadcasted speech and its listening difficulty: An application for an evaluation tool of sound system tuning
K. Kurisu,S. Nakamura,K. Yasu and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
34巻 5号, 354-355頁
2013/09



47 研究論文(学術雑誌)
共著
Identification of English voiceless fricatives in multispeaker babble noise by native Japanese and English listeners: Influence of English proficiency
H. Masuda and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
34巻 5号, 356-360頁
2013/09



48 研究論文(学術雑誌)
単著
Mechanical models of the human vocal tract
T. Arai
Acoustics Today
Acoustical Society of America
9巻 4号, 25-30頁
2013/10



49 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
英語のリズムと第二言語教育への応用
D. Erickson, translated into Japanese by K. Tomaru and T. Arai
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
34巻 3号, 153-158頁
2013/05



50 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Mechanical bent-type models of the human vocal tract consisting of blocks
T. Arai
Proc. of Meetings on Acoustics
Acoustical society of America
19巻 025012号, 1-8頁
2013/06



51 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Learning acoustic phonetics by listening, seeing, and touching
T. Arai
Proc. of Meetings on Acoustics
Acoustical society of America
19巻 025017号, 1-9頁
2013/06



52 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Pronunciation of German suffixes by Japanese native speakers of different proficiency levels
M. Kasuya and T. Arai
Proc. of Meetings on Acoustics
Acoustical society of America
19巻 060290号, 1-8頁
2013/06



53 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Physical models of the vocal tract with a flapping tongue for flap and liquid sounds
T. Arai
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
2019-2023頁
2013/08



54 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
On Why Japanese /r/ sounds are difficult for children to acquire
T. Arai
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
2445-2449頁
2013/08



55 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Weighting of acoustic cues shifts to frication duration in identification of fricatives/affricates when auditory properties are degraded due to aging
K. Yasu,T. Arai,K. Kobayashi and M. Shindo
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
3152-3156頁
2013/08



56 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
運動低下性構音障害を伴うパーキンソン症候群患者への遅延聴覚フィードバック空間の構築とその効果
織田千尋,山本敏之,佐藤弥生,安啓一,荒井隆行,村田美穂,小林庸子
第7回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス
日本パーキンソン病・運動障害疾患学会
85-85頁
2013/10



57 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
アナウンス音声から導出した物理量と「聴き取りにくさ」の関係−明瞭性の評価は音声そのものを評価すべきではないか?−
栗栖清浩,安啓一,荒井隆行,中村進
日本音響学会建築音響研究会資料
日本音響学会
AA2013-36巻, 1-8頁
2013/08



58 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
定常部抑圧処理により残響下での音声明瞭度改善-抑圧率とモーラ位置・母音の関係-
A. Yanagibashi,N. Hodoshima and T. Arai
Proc. Auditory Res. Meeting
Acoustical Society of Japan
43巻 7,H-2013-100号, 583-587頁
2013/10



59 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
構音の獲得に潜む音響的側面を探る ―日本語ラ行音を中心に―
荒井隆行
日本コミュニケーション障害学会学術講演会予稿集
日本コミュニケーション障害学会
30-35頁
2013/07



60 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
英語/r/-/l/音に対する物理模型の試作−音声教育のための新しい教材の提案−
荒井隆行
日本音声学会講演予稿集
日本音声学会
53-58頁
2013/09



61 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
日本語/r/音の音響特性と幼児音声にみられるspeech error
荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
349-352頁
2013/03



62 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語の促音に先行する母音の出わたりの音響的特徴
柳澤絵美,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
413-414頁
2013/03



63 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
朗読音声を用いた韓国語後舌母音のフォルマント分析:発話速度による音韻性の変動を中心に
井下田貴子,鮮于媚,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
441-444頁
2013/03



64 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
韓国語母語話者による日本語の促音への知覚バイアスに関する特性:音韻時間長とラウドネスの関与の観点から
鮮于媚,加藤宏明,田嶋圭一,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
549-552頁
2013/03



65 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
音声(音節)と非音声(チャープ音)の知覚における母語の影響:/ra/-/la/の対比の場合
渡丸嘉菜子,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
553-556頁
2013/03



66 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
音声の変動量と「聴き取りにくさ」について−残響環境下での様々なアナウンスの評価−
栗栖清浩,中村進,安啓一,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1229-1230頁
2013/03



67 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
音声の変動量と「聴き取りにくさ」について−残響環境下での高親密度単語の評価—
中村進,栗栖清浩,安啓一,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1231-1232頁
2013/03



68 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
音響教育を究め伝えるということ
荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1507-1510頁
2013/03



69 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
はじき音を生成する声道模型の開発
荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
296-298頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


70 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
モーラ毎に定常部抑圧率を変化させた信号処理による残響下での音声明瞭度改善
柳橋歩,程島奈緒,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
357-358頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


71 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者を対象にしたdelayed auditory feedbackのための音場空間の構築
佐藤弥生,荒井隆行,安啓一,織田千尋,山本敏之,村田美穂
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
405-408頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


72 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者を対象とした残響環境下での音声明瞭度改善 -高域強調処理による検討-
鈴木舞,金子菜摘,荒井隆行,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
409-412頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


73 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者を対象とした残響下での音声明瞭度改善 -子音強調・母音抑圧処理による検討-
金子菜摘,鈴木舞,荒井隆行,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
413-415頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


74 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Preliminary analysis on the identification of English consonants in noise and/or reverberation by native Japanese and English listeners
H. Masuda,T. Arai and S. Kawahara
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
417-420頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


75 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
An acoustical analysis of pronunciation of German suffixes by learners with different language rhythms
M. Kasuya and T. Arai,
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
421-424頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


76 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
ラウドネスの観点からみた日本語の促音と非促音の区分
鮮于媚,藤本雅子,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
437-438頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


77 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
ブロック式声道模型による母音の韻質評価
荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1371-1374頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


78 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
聴覚特性の劣化した高齢者における無声摩擦音の促音の知覚 ―時間分解能の低下による影響―
川田拓明,荒井隆行,安啓一,小林敬,進藤美津子
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1381-1384頁
2013/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


79 研究論文(学術雑誌)
単著
Education in acoustics and speech science using vocal-tract models
T. Arai
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
131巻 3号, 2444-2454頁
2012/03
00014966
このISSNでOPACを検索する


80 研究論文(学術雑誌)
共著
Voice activity detection in noise using modulation spectrum of speech: Investigation of speech frequency and modulation frequency ranges
K. Pek, T. Arai and N. Kanedera
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
33巻 1号, 33-44頁
2012/01



81 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者における聴覚特性の劣化が無声摩擦音・破擦音の識別に及ぼす影響
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音響学会誌
日本音響学会
68巻 10号, 501-512頁
2012/10
03694232
このISSNでOPACを検索する


82 研究論文(学術雑誌)
単著
Acoustic analysis of formant shifts in nasalized vowels
T. Arai
the Phonetician
International Society of Phonetic Sciences
2012-I-II巻 104-105号, 39-50頁
2012
07416164
このISSNでOPACを検索する


83 研究論文(学術雑誌)
共著
Evaluation of speech naturalness with steady-state zero padding for improving intelligibility in reverberant environments
Y. Matsukaze,T. Arai,T. Suzuki and K. Yasu
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
33巻 6号, 370-371頁
2012
13463969
このISSNでOPACを検索する


84 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
小特集「子どもの音声」にあたって
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
68巻 5号, 232-233頁
2012/03
03694232
このISSNでOPACを検索する


85 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Digital pattern playback for education in digital signal processing and speech science
T. Arai
Proc. of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing (ICASSP)
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
2769-2772頁
2012/10
15206149
このISSNでOPACを検索する


86 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Making speech announcements intelligible in public spaces from a speech production view
N. Hodoshima and T. Arai
Journal of Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
131巻 4号, 3316-3316頁
2012/04



87 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Vowels produced by sliding three-tube model with different lengths
T. Arai
Proc. of INTERSPEECH
International Speech Communication Association
2190-2193頁
2012/09
9781622767595
このISSNでOPACを検索する


88 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Intelligibility of speech spoken in noise/reverberation for older adults in reverberant environments
N. Hodoshima,T. Arai and K. Kurisu
Proc. of INTERSPEECH
International Speech Communication Association
1464-1467頁
2012/09
9781622767595
このISSNでOPACを検索する


89 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Hands-on speech science exhibition for children at a science museum
T. Arai,K. Amino,M. Sonu,K. Yasu,T. Igeta,K. Tomaru and M. Kasuya
Proc. of Workshop on Child, Computer and Interaction
International Speech Communication Association
104-107頁
2012/09



90 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
Effects of surrounding contexts on English /ra/-/la/ perception: For educational purposes
K. Tomaru and T. Arai
Proc. Auditory Res. Meeting
Acoustical Society of Japan
42巻 7, H2012-107号, 591-596頁
2012/10



91 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Production variation of English schwa and Japanese listeners
K. Tomaru and T. Arai
Proc. of the General Meeting of the Phonetic Society of Japan
Phonetic Society of Japan
79-84頁
2012/09



92 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
変調スペクトルを用いた雑音環境下における音声区間検出:文章読み上げコーパスにおける変調周波数範囲
ペクキムホーチ,荒井隆行,金寺登
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
141-144頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


93 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Perception of /r/ and /l/ in quiet and multi-speaker babble noise by Japanese and English native listeners
H. Masuda and T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
477-480頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


94 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
韓国語の母音発声時に見られる音響的特徴:先行子音が母音の質に与える影響を中心に
井下田貴子,鮮于媚,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
487-490頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


95 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語話者の摩擦音・破擦音の識別力は言語コンテキスト内で低下する
渡丸嘉菜子,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
519-522頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


96 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
拡声音のオーバラップマスキング量SOR と「聴き取りにくさ」の関係-拡声システムの調整結果を評価するツールへの応用-
栗栖清浩,中村進,安啓一,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1225-1226頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


97 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
拡声音のオーバラップマスキング量SOR と「聴き取りにくさ」の関係: 拡声系(歪・発話速度)と音響系が変化する事例
中村進,栗栖清浩,安啓一,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1227-1228頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


98 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
ディジタル・パターン・プレイバックを用いた音響学ならびに信号処理工学への教育的応用
荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1467-1470頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


99 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
音声学と音響教育
久野マリ子,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1541-1544頁
2012/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


100 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Perception of voiced English consonants in quiet and multi-speaker babble noise by Japanese and English native listeners
H. Masuda and T. Arai
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
361-364頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


101 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語を母語とするドイツ語初級学習者によるドイツ語接尾辞の音生成
粕谷麻里乃,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
365-368頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


102 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
韓国語ソウル方言話者による母音の知覚特性とその評価-先行子音による評価の差に着目して-
井下田貴子,鮮于媚,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
369-372頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


103 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
英語話者による/ra/-/la/連続体の知覚―遷移幅を固定し開始周波数を変化させた場合
渡丸嘉菜子,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
445-448頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


104 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者における無声摩擦音・破擦音識別結果の予測について―聴覚特性劣化起因の異聴に対する予測結果の妥当性の検討-
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
503-506頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


105 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
拡声音に対する零挿入による残響環境下での音声明瞭度改善の試み-挿入する位置と時間長の検討-
川島佑亮,荒井隆行,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
831-834頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


106 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
サウンドマスキングシステムにおけるデータベースを用いたマスカー作成法の提案
三戸武大,荒井隆行,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1243-1246頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


107 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
サウンドマスキングシステムにおける音声マスカーで使用する語彙の選定法による影響
岩波達也,荒井隆行,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1247-1250頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


108 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
様々な音声アナウンスのSORと「聴き取りにくさ」の関係について
栗栖清浩,中村進,安啓一,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1251-1252頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


109 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
触覚で音の共鳴現象を感じて学ぶ
荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1651-1654頁
2012/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


110 研究論文(学術雑誌)
共著
韓国人日本語学習者の外来語発音における問題点と日本語母語話者の聴取及び語彙認識に関する一考察
井下田貴子,荒井隆行
日本文化研究
韓國日本學協會
37巻, 419-436頁
2011/01
12294918
このISSNでOPACを検索する


111 研究論文(学術雑誌)
共著
Speech perception experiment using binaural integration of phonemic and prosodic information
T. Arai,C. Michimata and H. Kamata
Acoustical Science and Technology
Acoustical Society of Japan
32巻 1号, 34-36頁
2011/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


112 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
A case study on comparison of male and female vowel formants by native speakers of Korean
T. Igeta and T. Arai
Proc. of the International Congress of Phonetic Sciences (ICPhS)

934-937頁
2011/08
9789624423419
このISSNでOPACを検索する


113 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
Physical models producing vowels with pitch variation
T. Arai
Proc. of the INTERSPEECH (Show and Tell Award)
International Speech Communication Association
3309-3310頁
2011/08



114 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
異音は音素より知覚しにくいのか : 英語話者が英語閉鎖音を知覚した場合 (口頭発表,第323回研究例会発表要旨)
渡丸嘉菜子,荒井隆行
音声研究
日本音声学会
15巻 2号, 91-91頁
2011/05
13428675
このISSNでOPACを検索する


115 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
音を聴いて学ぶ音響音声学
荒井隆行
日本音響学会音楽音響研究会資料
日本音響学会
6巻 1,EDU2011-07号, 33-38頁
2011/01
09127283
このISSNでOPACを検索する


116 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
拡声音声を用いて測定した物理量SORと「聴きとりにくさ」の関係:拡声システムの調整結果を評価するツールとして
栗栖清浩,中村進,安啓一,荒井隆行
日本音響学会建築音響研究会資料
日本音響学会
AA2011-47巻, 1-9頁
2011/12



117 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
韓国若年層ソウル方言話者による母音の音響的特徴:知覚実験に向けての一考察
井下田貴子,鮮于媚,荒井隆行
日本音響学会聴覚研究会資料
日本音響学会
41巻 7,H-2011-96号, 541-545頁
2011/10
13461109
このISSNでOPACを検索する


118 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
音響管を用いた音響学・音声科学の教育
荒井隆行
電子情報通信学会技術研究報告
電子情報通信学会
SP2011-38巻, 47-50頁
2011/06
09135685
このISSNでOPACを検索する


119 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
共著
雑音・残響環境下の拡声音声に適した発話に関する検討
程島奈緒,荒井隆行,栗栖清浩
電子情報通信学会技術研究報告
電子情報通信学会
SP2011-40巻, 57-61頁
2011/06
09135685
このISSNでOPACを検索する


120 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
語頭の無声摩擦音・破擦音識別におけるcue trading: 摩擦部の持続時間と振幅に着目して
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
109-114頁
2011/09



121 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
韓国語ソウル方言話者の母音フォルマント測定:母音体系の再考に向けたケーススタディ
井下田貴子,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
463-466頁
2011/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


122 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Perception of English voiceless fricatives by Japanese and English native listeners under various signal-to-noise ratios
H. Masuda and T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
471-474頁
2011/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


123 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
日立シビックセンター科学館における声道模型の展示
荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1587-1590頁
2011/03



124 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高親密度単語を用いた音声聴取能力測定の際の音場および話速の影響
佐藤洋,上田麻理,及川靖広,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1597-1598頁
2011/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


125 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高親密度単語を用いた音声聴取能力と測定誤差要因
上田麻理,佐藤洋,及川靖広,荒井隆行
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1599-1600頁
2011/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


126 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
若年健聴者を対象とした語頭および語中の無声摩擦音・破擦音連続体の識別実験:高齢者による識別実験との比較
安啓一,山崎寛之,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音響学会春季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1613-1616頁
2011/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


127 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Voice activity detection in noisy environments using modulation spectrum and its performance in a subtitle-making system
K. Pek,T. Arai and N. Kanedera
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
147-150頁
2011/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


128 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
高齢者に明瞭な拡声音声のための雑音・残響下の発話
程島奈緒,荒井隆行,栗栖清浩
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
297-298頁
2011/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


129 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
スライド式3音響管モデルによる母音の生成:声道長と基本周波数の影響
荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
299-302頁
2011/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


130 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
簡易式定常部抑圧処理による残響環境下の音声明瞭性
武田昌也,荒井隆行,網谷智博,栗栖清浩,安啓一
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
399-402頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


131 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
韓国若年層ソウル方言話者による母音の音響的特徴:後舌母音の対立を中心に
井下田貴子,鮮于媚,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
415-416頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


132 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
超音波診断装置を利用した発音訓練のためのプローブ接触面における水の利用
村瀬真悟,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
419-422頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


133 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
加齢に伴う無声摩擦音・破擦音識別に対するcue tradingにおける重みの変化:子音の立ち上がり時間と先行する無音区間長に着目して
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子,山﨑寛之
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
549-552頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


134 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
2kHz 付近の聴覚フィルタ帯域幅の広がりと単音節/de/,/ge/の弁別・識別との関係:若年者と高齢者との比較
遠藤辰徳,荒井隆行,安啓一,小林敬,進藤美津子
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
565-566頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


135 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
日本語摩擦音異音の弁別における言語コンテキストの影響
渡丸嘉菜子,荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
575-588頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


136 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
様々な基本周波数に対応した声道模型のためのリード式音源の検討
荒井隆行
日本音響学会秋季研究発表会講演論文集
日本音響学会
1411-1414頁
2011/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


137 研究論文(学術雑誌)
共著
Using steady-state suppression to improve speech intelligibility in reverberant environments for elderly listeners
T. Arai, N. Hodoshima, K. Yasu
IEEE Transactions on Audio, Speech, and Language Processing
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
18巻 7号, 1775-1780頁
2010/09
15587916
このISSNでOPACを検索する


138 研究論文(学術雑誌)
共著
Intonational Structure as a Word-boundary Cue in Tokyo Japanese
Natasha Warner; Takashi Otake; Takayuki Arai
Language and Speech
SAGE Publications
53巻 1号, 107-131頁
2010/02
00238309
このISSNでOPACを検索する


139 研究論文(学術雑誌)
共著
Processing of consonant clusters by Japanese native speakers:Influence of English learning backgrounds
Hinako Masuda; Takayuki Arai
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
31巻 5号, 320-327頁
2010/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


140 研究論文(学術雑誌)
単著
Masking speech with its time-reversed signal
Takayuki Arai
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
31巻 2号, 188-190頁
2010/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


141 研究論文(学術雑誌)
共著
小特集「誌上ビギナーズセミナー」にあたって(<小特集>誌上ビギナーズセミナー)
大川茂樹, 荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
66巻 9号, 449-450頁
2010/09
03694232
このISSNでOPACを検索する


142 研究論文(学術雑誌)
単著
Mechanical vocal-tract models for speech dynamics
Takayuki Arai
INTERSPEECH 2010
International Speech Communication Association
1025-1028頁
2010/09



143 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhanced speech yielding higher intelligibility for all listeners and environments
Takayuki Arai, Nao Hodoshima
INTERSPEECH 2010
International Speech Communication Association
1620-1623頁
2010/09



144 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception of voiceless fricatives by Japanese listeners of advanced and intermediate level English proficiency
Hinako Masuda, Takayuki Arai
INTERSPEECH 2010
International Speech Communication Association
1866-1869頁
2010/09



145 研究論文(学術雑誌)
共著
Intelligibility of speech spoken in noise and reverberation
Nao Hodoshima, Takayuki Arai and Kiyohiro Kurisu
Proc. International Congress on Acoustics
Australian Acoustical Society
1-4頁
2010/08
9780646540528
このISSNでOPACを検索する


146 研究論文(学術雑誌)
共著
3D sound field recording and reproducing system including sound source orientation
T. Suzuki, H. Nakajima, H. Tsuru, T. Arai, K. Nakadai
2010 4th International Universal Communication Symposium (IUCS)
IEEE
215-220頁
2010/10
9781424478217
このISSNでOPACを検索する


147 研究論文(学術雑誌)
共著
Preliminary study of the perception of English consonants by Japanese learners of English
H. Masuda, T. Arai
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
449-452頁
2010/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


148 研究論文(学術雑誌)
共著
音素に着目した音声スペクトルの個人性の時期差の検討
網野加苗、荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
489-492頁
2010/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


149 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者を対象とした無声摩擦音・破擦音連続体の識別実験 ―若年者の実験結果との比較―
安啓一、荒井隆行、小林敬、進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
609-612頁
2010/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


150 研究論文(学術雑誌)
共著
科学技術リテラシーのためのサイエンスカフェの波及効果と音響教育への応用
網野加苗、荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1475-1478頁
2010/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


151 研究論文(学術雑誌)
共著
音響音声学デモンストレーションの提案
荒井隆行、網野加苗
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1479-1482頁
2010/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


152 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルによる音楽が付加された音声の自動検出の検討
Pek Kimhuoch、荒井隆行、金寺登
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
119-122頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


153 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の母音区間に対する簡易的自動検出法 -残響環境下における音声明瞭度改善を目的として-
辻美咲、荒井隆行、程島奈緒
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
329-330頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


154 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception of English consonant clusters in quiet by Japanese native listeners with advanced and intermediate level English proficiency
増田斐那子,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
379-382頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


155 研究論文(学術雑誌)
共著
On loanword pronunciation by Korean learners of Japanese: Influence on word recognition for native speakers of Japanese
井下田貴子,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
383-386頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


156 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚フィルタ帯域幅の広がりと音声の弁別・識別との関係 ―2kHz付近の第2フォルマントに着目して―
遠藤辰徳、荒井隆行、安啓一、小林敬、進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
493-496頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


157 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者の聴覚特性の劣化が無声摩擦音・破擦音連続体の弁別 および識別に及ぼす影響
安啓一、荒井隆行、小林敬、進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
497-500頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


158 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響下の発話による音声の明瞭度改善
程島奈緒、荒井隆行、栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
521-524頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


159 研究論文(学術雑誌)
共著
音響シミュレーションの発話方向推定システムへの適用
鈴木淑正、中島弘史、鶴秀生、荒井隆行、中臺一博、長谷川雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
595-598頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


160 研究論文(学術雑誌)
共著
音響教育を視野に入れた声道模型のための音源生成システムの開発
前田祐貴、荒井隆行、安啓一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1329-1331頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


161 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者・聴覚障害者を対象とした音声聴取能力測定ガイドライン作成の試み ー日常生活環境下における音声聴取能力の評価法の構築ー
白石君男、佐藤洋、上田麻理、上羽貞行、中村健太郎、山崎芳男、及川靖広、荒井隆行、伊藤憲三、坂本修一、田矢晃一、坂本真一、栗栖清浩、船場ひさお、小山大介
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1355-1356頁
2010/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


162 研究論文(学術雑誌)
共著
音声定常部抑圧処理のリアルタイム化のためのアルゴリズムの検討 ー残響環境下における音声明瞭度の改善に向けてー
山辺 祐史、荒井 隆行、安 啓一、栗栖 清浩
第12回DSPS教育者会議予稿集

47-50頁
2010/09



163 研究論文(学術雑誌)
共著
音響シミュレーションを用いた発話方向推定
鈴木 淑正、荒井 隆行、鶴 秀生、中島 弘史、中臺 一博
日本ロボット学会学術講演会予稿集
日本ロボット学会
1H2-2頁
2010/09



164 研究論文(学術雑誌)
共著
電磁オシログラフ(<連載企画>音の博物館)
網野加苗、荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
66巻 8号, 404-頁
2010/08
03694232
このISSNでOPACを検索する


165 研究論文(学術雑誌)
単著
日立シビックセンター科学館(<連載企画>音の博物館)
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
66巻 10号, 527-頁
2010/10
03694232
このISSNでOPACを検索する


166 研究論文(学術雑誌)
単著
連載企画「音の博物館」を終えるにあたって(<連載企画>音の博物館)
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
66巻 12号, 623-頁
2010/12
03694232
このISSNでOPACを検索する


167 研究論文(学術雑誌)
共著
Speaker-dependent characteristics of the nasals
Kanae Amino; Takayuki Arai
Forensic Science International
Elsevier
185巻 1-3号, 21-28頁
2009/03
03790738
このISSNでOPACを検索する


168 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of linguistic contents on perceptual speaker identification: Comparison of familiar and unknown speaker identifications
Amino Kanae , Arai Takayuki
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
30巻 2号, 89-99頁
2009/03
13463969
このISSNでOPACを検索する


169 研究論文(学術雑誌)
共著
Comparison of consonant identification improvements by steady-state suppression via a loudspeaker system between with and without natural sounds from a talker in reverberation
Hodoshima Nao , Svensson Peter , Arai Takayuki
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
30巻 1号, 59-62頁
2009/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


170 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語における変調スペクトルとリズムの単位(<特集>リズムとタイミング)
小松雅彦 , 荒井隆行
音声研究
日本音声学会
13巻 3号, 85-89頁
2009/12
13428675
このISSNでOPACを検索する


171 研究論文(学術雑誌)
共著
小特集「音支援(音バリアフリー)を考える」にあたって
荒井隆行、上羽貞行
日本音響学会誌
一般社団法人日本音響学会
65巻 3号, 130-131頁
2009/03
03694232
このISSNでOPACを検索する


172 研究論文(学術雑誌)
共著
音声コミュニケーションに関わるバリアフリー(<小特集>音支援(音バリアフリー)を考える)
伊藤憲三 , 荒井隆行
日本音響学会誌
一般社団法人日本音響学会
65巻 3号, 132-136頁
2009/03
03694232
このISSNでOPACを検索する


173 研究論文(学術雑誌)
共著
音響教育に関するアンケートと大学におけるシラバス調査の結果(<小特集>大学における音響教育の現状)
音響教育調査研究委員会
日本音響学会誌
一般社団法人日本音響学会
65巻 5号, 264-269頁
2009/05
03694232
このISSNでOPACを検索する


174 研究論文(学術雑誌)
単著
人にやさしい音声の話題
荒井隆行
音響技術
日本音響材料協会
38巻 2号, 25-30頁
2009/06
02868695
このISSNでOPACを検索する


175 研究論文(学術雑誌)
単著
Sliding vocal-tract model and its application for vowel production
ARAI TAKAYUKI
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
72-75頁
2009/09
9781615676927
このISSNでOPACを検索する


176 研究論文(学術雑誌)
単著
Simple physical models of the vocal tract for education in speech science
ARAI TAKAYUKI
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
756-759頁
2009/09
9781615676927
このISSNでOPACを検索する


177 研究論文(学術雑誌)
共著
Dialectal characteristics of Osaka and Tokyo Japanese: Analyses of phonologically identical words
ARAI TAKAYUKI, K. Amino
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
2303-2306頁
2009/09
9781615676927
このISSNでOPACを検索する


178 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音下における視聴覚音声知覚に及ぼす視覚情報の影響:健聴者における検討
小林奈々子, 進藤美津子, 荒井隆行
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
26巻 3号, 219-頁
2009/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


179 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響下における科学技術英語の学習教材の開発(音声・言語・音響教育,一般)
程島奈緒 , 増田斐那子 , 安啓一 , 荒井隆行
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
109巻 10号, 1-6頁
2009/04
09135685
このISSNでOPACを検索する


180 研究論文(学術雑誌)
単著
声道形状を単純化した模型による音声の音響教育(音声・言語・音響教育,一般)
荒井隆行
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
109巻 10号, 7-12頁
2009/04
09135685
このISSNでOPACを検索する


181 研究論文(学術雑誌)
共著
音韻・韻律情報を用いた両耳融合聴課題に関する検討(言語獲得・学習,合成,生成,韻律,一般)
松井和貴 , 網野加苗 , 荒井隆行 , 道又爾 , 鎌田浩史
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
109巻 308号, 37-42頁
2009/11
09135685
このISSNでOPACを検索する


182 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響下における発話の音響的特徴の話者変動(言語獲得・学習,合成,生成,韻律,一般)
程島奈緒 , 荒井隆行 , 栗栖清浩
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
109巻 308号, 43-48頁
2009/11
09135685
このISSNでOPACを検索する


183 研究論文(学術雑誌)
共著
波動音響シミュレータによる指向性の精度検証
鈴木 淑正 , 中島 弘史 , 中臺 一博 , 荒井 隆行 , 長谷川 雄二
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
109巻 100号, 109-114頁
2009/06
09135685
このISSNでOPACを検索する


184 研究論文(学術雑誌)
共著
変調フィルタリングによる自動音声区間検出とその多言語における比較
ペク キムホーチ, 荒井隆行, 金寺登, Pek Kimhuoch,吉井順子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
133-136頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


185 研究論文(学術雑誌)
共著
Effect of consonant voicing on the vowel epenthesis of Japaneselearners of English
増田斐那子,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
397-400頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


186 研究論文(学術雑誌)
共著
音響分析による開鼻声の定量的評価:小児合成音声を用いた言語聴覚士の聴覚的評価との関連の検討
春日梨恵,片岡竜太,荒井隆行,木村智江,今井智子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
401-404頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


187 研究論文(学術雑誌)
共著
音声のエネルギ曲線における個人性への伝達系の影響
網野加苗,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
453-456頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


188 研究論文(学術雑誌)
共著
発声訓練における音声の音圧レベル測定・録音システムの試作
篠田貴彦,荒井隆行,安啓一,廣實真弓
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
459-462頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


189 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の音韻情報と韻律情報を用いた両耳融合聴に関する実験
荒井隆行,道又爾,鎌田浩史
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
579-582頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


190 研究論文(学術雑誌)
共著
国立科学博物館・夏休みサイエンススクエアへの出展
佐藤史明,矢野博夫,橘秀樹,上野佳奈子,横山栄,坂本慎一,中村健太郎, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1385-1386頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


191 研究論文(学術雑誌)
単著
科学館における「声」に関する企画展
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1387-1390頁
2009/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


192 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルによる雑音下における自動音声区間検出:音声周波数帯域及び変調周波数帯域の検討
Pek Kimhuoch,荒井隆行, 金寺登,吉井順子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
155-158頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


193 研究論文(学術雑誌)
共著
Degree of vowel epenthesis in Japanese-English bilinguals andEnglish native speakers
Hinako Masuda, ARAI TAKAYUKI
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.
Acoustical Society of Japan
421-424頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


194 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下における前処理を用いた音声明瞭度の改善:単語の聞き取りに効果的な処理の検討
千葉亜矢子,荒井隆行, 栗栖清浩,程島奈緒,吉田航
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
427-430頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


195 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響環境下における音声明瞭度改善のための定常部抑圧処理の評価:4チャンネル残響音場におけるバイノーラル受聴の場合
吉田航,程島奈緒, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
431-432頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


196 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の音圧レベル測定・録音システムを用いた若年健常者の声量について
篠田貴彦,荒井隆行, 安啓一,廣實真弓
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
435-438頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


197 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響が発話に与える影響
程島奈緒, 荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
587-590頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


198 研究論文(学術雑誌)
共著
破裂音のフォルマント遷移部伸長処理の評価:若年健聴者による模擬難聴下での実験
高橋亮介,荒井隆行, 安啓一,小林敬,進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
593-596頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


199 研究論文(学術雑誌)
共著
音韻・韻律情報を用いた両耳融合聴に関する実験:左右耳の非対称性と両情報の処理に対する選択的妨害
松井和貴,網野加苗,荒井隆行, 道又爾,鎌田浩史
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
601-604頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


200 研究論文(学術雑誌)
共著
時間領域差分法を用いた音源形状のモデル化による指向性の再現
鈴木淑正,中島弘史,荒井隆行, 中臺一博,長谷川雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
821-824頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


201 研究論文(学術雑誌)
共著
実時間処理を考慮に入れたサウンドマスキングシステムのためのマスカーの評価
荒井隆行、中嶋雄大,安啓一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1145-1148頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


202 研究論文(学術雑誌)
共著
音響教育を目的としたディジタル教材の内容および形態の調査報告
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1331-1334頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


203 研究論文(学術雑誌)
共著
若年健聴者を対象とした模擬難聴下での無声摩擦音・破擦音連続体の同定実験
安啓一,荒井隆行, 小林敬,進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1365-1368頁
2009/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


204 研究論文(学術雑誌)
共著
日本人学習者のフランス語鼻母音生成時の方策:F1変化をもたらす調音方法の観察
荒井 隆行、竹内 京子
外国語教育学研究のフロンティア : 四技能から異文化理解まで
成美堂
99-108頁
2009/01
9784791971404
このISSNでOPACを検索する


205 研究論文(学術雑誌)
共著
母音のエネルギー定常部抑圧による高齢者に対する音節強調の検討
小林敬,安啓一,程島奈緒,荒井隆行, 進藤美津子
日本音響学会誌
日本音響学会
64巻 5号, 278-289頁
2008/05
03694232
このISSNでOPACを検索する


206 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception of long vowels in Japanese by children
Arai Takayuki , Ohki Eriko , Iitaka Kyoko
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
29巻 1号, 106-109頁
2008/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


207 研究論文(学術雑誌)
単著
Gel-type tongue for a physical model of the human vocal tract as an educational tool in acoustics of speech production
ARAI TAKAYUKI
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
29巻 2号, 188-190頁
2008/03
13463969
このISSNでOPACを検索する


208 研究論文(学術雑誌)
単著
小特集「現代のニーズに即した魅力ある音響教育」にあたって
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
64巻 1号, 27-28頁
2007/12
03694232
このISSNでOPACを検索する


209 研究論文(学術雑誌)
単著
小中学生に対する音響教育(<小特集>現代のニーズに即した魅力ある音響教育)
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
64巻 1号, 29-34頁
2007/12
03694232
このISSNでOPACを検索する


210 研究論文(学術雑誌)
共著
言語聴覚士のための音響教育 : 基礎から実用へ(<小特集>現代のニーズに即した魅力ある音響教育)
今泉敏、荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
64巻 1号, 47-51頁
2007/12
03694232
このISSNでOPACを検索する


211 研究論文(学術雑誌)
共著
Improving consonant identification in noise and reverberation by steady-state suppression as a preprocessing approach
ARAI TAKAYUKI, N. Hodoshima, W. Yoshida
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
1793-1796頁
2008/09
9781615673780
このISSNでOPACを検索する


212 研究論文(学術雑誌)
共著
Perceptual speaker identification using monosyllabic stimuli: Effects of the nucleus vowels and speaker characteristics contained in nasals
ARAI TAKAYUKI, K. Amino
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
1917-1920頁
2008/09
9781615673780
このISSNでOPACを検索する


213 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception and production of consonant clusters in Japanese-English bilingual and Japanese monolingual speakers
ARAI TAKAYUKI, H. Masuda
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
1988-1991頁
2008/09
9781615673780
このISSNでOPACを検索する


214 研究論文(学術雑誌)
単著
Physical models of the human vocal tract with gel-type material
ARAI TAKAYUKI
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
2651-2654頁
2008/09
9781615673780
このISSNでOPACを検索する


215 研究論文(学術雑誌)
単著
Science workshop with sliding vocal-tract model
ARAI TAKAYUKI
Proc. of the Interspeech
International Speech Communication Association
2827-2830頁
2008/09
9781615673780
このISSNでOPACを検索する


216 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception of consonant clusters in Japanese native speakers: Influence of foreign language learning
ARAI TAKAYUKI, H. Masuda
Proc. of the ISCA Workshop on Experimental Linguistics (ExLing)

161-164頁
2008/01



217 研究論文(学術雑誌)
共著
Differential effects of the phonemes on identification of previously unknown speakers
Kanae Amino; Takayuki Arai
The Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
123巻 5号, 3328-頁
2008/05
00014966
このISSNでOPACを検索する


218 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of training, style, and rate of speaking on speech perception of young people in reverberation
ARAI TAKAYUKI, N. Hodoshima,K. Kurisu
The Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
123巻 5号, 3329-頁
2008/05
00014966
このISSNでOPACを検索する


219 研究論文(学術雑誌)
共著
Critical-band compression method of speech enhancement for elderly people: Investigation of syllable and word intelligibility
Keiichi Yasu; Hideki Ishida; Ryosuke Takahashi; Takayuki Arai; Kei Kobayashi; Mitsuko Shindo
The Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
123巻 5号, 3718-頁
2008/05
00014966
このISSNでOPACを検索する


220 研究論文(学術雑誌)
共著
Developing a bilingual communication aid for a Japanese ALS patient using voice conversion technique
Akemi Iida; Shimpei Kajima; Keiichi Yasu; John M Kominek; Yasuhiro Aikawa; Takayuki Arai
The Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
123巻 5号, 3884-頁
2008/05
00014966
このISSNでOPACを検索する


221 研究論文(学術雑誌)
共著
Observation of the preceding consonant of voiced stop consonant clusters: In the case of Japanese native speakers of different English proficiency
ARAI TAKAYUKI, H. Masuda
International Workshop on Language and Speech Science

2-頁
2008/01



222 研究論文(学術雑誌)
共著
Perception of speaker identity and its relation to the phonological features (Speech) -- (国際ワークショップ"Asian workshop on speech science and technology")
Amino Kanae , Arai Takayuki
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
107巻 551号, 29-34頁
2008/03
09135685
このISSNでOPACを検索する


223 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚的学習によるカテゴリ知覚の変化
荒井 隆行、畑岸由紀子,平井沢子,進藤美津子
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
25巻 3号, 245-頁
2008/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


224 研究論文(学術雑誌)
共著
発話の困難な障害者のための声質変換・HMM音声合成を用いた日英音声合成システムの構築(音声合成・分析)
加島慎平、飯田朱美、安啓一、相川恭寛、荒井隆行、菅原勉
情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理
情報処理学会
2008巻 12号, 121-126頁
2008/02/09
09196072
このISSNでOPACを検索する


225 研究論文(学術雑誌)
共著
単音節による雑音下の個人性知覚
網野加苗, 荒井隆行
聴覚研究会資料
日本音響学会聴覚研究委員会
38巻 6号, 579-584頁
2008/10
13461109
このISSNでOPACを検索する


226 研究論文(学術雑誌)
共著
軟らかい素材による軟口蓋を伴う声道の物理模型(ポスターセッション,第10回音声言語シンポジウム)
荒井隆行、田中希美,片岡竜太
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
108巻 338号, 143-148頁
2008/12
09135685
このISSNでOPACを検索する


227 研究論文(学術雑誌)
単著
軟らかい舌による声道模型教材
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
439-442頁
2008/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


228 研究論文(学術雑誌)
共著
未知話者識別における子音および後続母音の影響
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
443-444頁
2008/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


229 研究論文(学術雑誌)
共著
発話訓練・スタイル・速度が残響下で若年者の音声知覚に与える影響
程島奈緒, 荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
593-594頁
2008/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


230 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下における音声明瞭度改善のための前処理:DSPを用いた簡易版定常部抑圧処理の実装
荒井隆行、高橋慶, 安啓一, 程島奈緒, 網谷智博, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
865-866頁
2008/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


231 研究論文(学術雑誌)
単著
音の科学教室: 音のふしぎ・声をつくろう
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1483-1486頁
2008/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


232 研究論文(学術雑誌)
共著
異なる英語学習背景を持つ日本語母語話者の破裂子音連続における母音挿入
増田斐那子, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
323-326頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


233 研究論文(学術雑誌)
共著
「はっきり」と発話した音声の明瞭度と聴覚印象評価 ~残響下を想定した発話の場合~
程島奈緒,荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
345-346頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


234 研究論文(学術雑誌)
共著
鼻音調音時のエネルギ遷移曲線における話者の個人性
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
359-360頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


235 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧処理を施した音声の明瞭性について ~残響音場におけるバイノーラル受聴の場合~
荒井隆行、久保匡史,栗栖清浩,程島奈緒
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
377-388頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


236 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音・残響環境下における音声明瞭度改善のための定常部抑圧処理の評価― 4チャンネル残響音場におけるバイノーラル受聴の場合 ―
荒井隆行、吉田航,程島奈緒
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
431-432頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


237 研究論文(学術雑誌)
単著
スライド式声道模型のためのリード式簡易音源の比較
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1563-1566頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


238 研究論文(学術雑誌)
単著
トーキングヘッドを用いた障がい者のための音声の教育
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1579-1582頁
2008/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


239 研究論文(学術雑誌)
単著
浜松科学館(<連載企画>音の博物館)
荒井隆行
日本音響学会誌
日本音響学会
64巻 8号, 490-頁
2008/01
03694232
このISSNでOPACを検索する


240 研究論文(学術雑誌)
共著
The implementation of Digital Pattern Playback on DSP
荒井 隆行、K. Ohta, K. Yasu
DSPS教育者会議予稿集, 2006

55-58頁
2006/09



241 研究論文(学術雑誌)
単著
Education system in acoustics of speech production using physical models of the human vocal tract(<Special Issue>Applied Systems)
ARAI TAKAYUKI
Acoustical Science and Technology
The Acoustical Society of Japan
28巻 3号, 190-201頁
2007/05
13463969
このISSNでOPACを検索する


242 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of spontaneous Japanese in a multi-language telephone- speech corpus
Arai Takayuki , Warner Natasha , Greenberg Steven
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
28巻 1号, 46-48頁
2007/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


243 研究論文(学術雑誌)
共著
Steady-state suppression for improving syllable identification in reverberant environments: A case study in an elderly person
Hodoshima Nao , Miyauchi Yusuke , Yasu Keiichi , Arai Takayuki
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
28巻 1号, 53-55頁
2007/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


244 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of stimulus contents and speaker familiarity on perceptual speaker identification
Amino Kanae , Arai Takayuki
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
28巻 2号, 128-130頁
2007/03
13463969
このISSNでOPACを検索する


245 研究論文(学術雑誌)
共著
Decreasing speaking-rate with steady-state suppression to improve speech intelligibility in reverberant environments
Arai Takayuki , Nakata Yuki , Hodoshima Nao , Kurisu Kiyohiro
Acoustical Science and Technology
The Acoustical Society of Japan
28巻 4号, 282-285頁
2007/07
13463969
このISSNでOPACを検索する


246 研究論文(学術雑誌)
共著
Inverse correlation of intelligibility of speech in reverberation with the amount of overlap-masking(ACOUSTICAL LETTER)
Arai Takayuki , Murakami Yoshiaki , Hayashi Nahoko , Hodoshima Nao , Kurisu Kiyohiro
Acoustical Science and Technology
The Acoustical Society of Japan
28巻 6号, 438-441頁
2007/11
13463969
このISSNでOPACを検索する


247 研究論文(学術雑誌)
共著
音バリアフリーの現状と課題
上羽貞行, 荒井隆行, 栗栖清浩, 倉片憲治, 坂本真一, 船場ひさお, 佐藤洋
日本音響学会誌
日本音響学会
63巻 12号, 723-730頁
2007/12
03694232
このISSNでOPACを検索する


248 研究論文(学術雑誌)
共著
Contribution of consonants and vowels to the perception of speaker identity
Kanae Amino, ARAI TAKAYUKI,
The Japan-China Joint Conference of Acoustics 2007


2007/06



249 研究論文(学術雑誌)
共著
Preprocessing effects on speech intelligibility in reverberation using mixed natural and electroacoustical sounds
Nao Hodoshima, Peter Svensson, TAKAYUKI ARAI
The Japan-China Joint Conference of Acoustics 2007


2007/06



250 研究論文(学術雑誌)
共著
Perceiving continuum of voiceless affricate/fricative by changing rise time of consonant for elderly and younger participants
Keiichi Yasu, TAKAYUKI ARAI, Kei Kobayashi and Mitsuko Shindo
The Japan-China Joint Conference of Acoustics 2007


2007/06



251 研究論文(学術雑誌)
共著
Effect of talker variability on speech perception by elderly people in reverberation
Nao Hodoshima, ARAI TAKAYUKI
International Symposium on Auditory and Audiological Research ISAAR 2007 29-31 August 2007 Marienlyst, Helsingør, Denmark


2007/08



252 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancing speech in reverberation by steady-state suppression
Kei Takahashi; Keiichi Yasu; Nao Hodoshima; Takayuki Arai; Kiyohiro Kurisu
19th International Congress on Acoustics 2007 : (ICA 2007); Madrid, Spain, 2 - 7 September 2007 Vol. 11


2007/09



253 研究論文(学術雑誌)
共著
The strategy for the production of French nasal vowel in Japanese students
ARAI TAKAYUKI, K. Takeuchi
In Proc. of Phonetics Teaching & Learning Conference


2007/08



254 研究論文(学術雑誌)
共著
就学前の健常児における[su]・[shu]の構音と語音弁別力の発達
細川亜希子,進藤美津子, 平井沢子、荒井隆行
音声言語医学
日本音声言語医学会
48巻 1号, 39-頁
2007/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


255 研究論文(学術雑誌)
共著
加齢と補充現象が音響的キューの判断に及ぼす影響:時間短縮加工をした日本語特殊音節の促音を用いて
横山智子, 進藤美津子, 荒井隆行, 新谷敬人
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
24巻 3号, 222-222頁
2007/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


256 研究論文(学術雑誌)
共著
フォルマント遷移速度がカテゴリー知覚に与える影響:健常者と失語症例の検討
西島菜穂子, 荒井隆行, 荻野恵, 進藤美津子
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
24巻 3号, 222-222頁
2007/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


257 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧処理による残響環境下の音声強調(ANC・エコーキャンセラー・ノイズキャンセラー/一般)
高橋慶, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 栗栖清浩
電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響
電子情報通信学会
107巻 26号, 11-16頁
2007/04
09135685
このISSNでOPACを検索する


258 研究論文(学術雑誌)
単著
音声に関わるバリアフリー
荒井隆行
聴覚研究会資料
日本音響学会聴覚研究委員会
37巻 5号, 377-382頁
2007/06/19
13461109
このISSNでOPACを検索する


259 研究論文(学術雑誌)
単著
音に関する子ども向け科学教室の実例
荒井隆行
日本音響学会音響教育研究会資料

2007-4巻, 19-24頁
2007/07



260 研究論文(学術雑誌)
共著
初等中等教育の教科書「理科」に見られる音の教育内容についての一考察
黒澤明, 吉久光一, 荒井隆行
日本音響学会音響教育研究会資料

2007-8巻, 37-42頁
2007/07



261 研究論文(学術雑誌)
共著
日本人ALS患者のための日英バイリンガル音声合成システムの構築
加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行
電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学
電子情報通信学会
107巻 368号, 23-28頁
2007/11
09135685
このISSNでOPACを検索する


262 研究論文(学術雑誌)
共著
声質変換機能を用いた日本語話者のための英語合成音声の了解度評価
加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行, 菅原勉
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
271-272頁
2007/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


263 研究論文(学術雑誌)
共著
子音部・母音部の入れ替えが個人性知覚に及ぼす影響について
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
321-322頁
2007/03
18807658
このISSNでOPACを検索する


264 研究論文(学術雑誌)
共著
雑音下における話者識別に発話内容が及ぼす影響について
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
425-428頁
2007/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


265 研究論文(学術雑誌)
共著
動画コンテンツにおける音声の端点と字幕表示タイミングの検討
古賀綾子, 松浦杏子, 荒井隆行, 金寺登, 吉井順子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
445-446頁
2007/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


266 研究論文(学術雑誌)
単著
音響教育における音声の可視化・可聴化
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
467-470頁
2007/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


267 研究論文(学術雑誌)
共著
発話スタイル・速度が残響環境下で高齢者の音声知覚に与える影響
程島奈緒, 荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
587-588頁
2007/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


268 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者・若年者による無声摩擦・破擦子音の知覚 : 聴力型・継時マスキングの影響
安啓一, 小林敬, 荒井隆行, 進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
589-590頁
2007/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


269 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
声道模型を用いた音響教育 : 音声生成のしくみ
荒井隆行
ソフィア
上智大学
55巻 2号, 271-289頁
2007/04
04896432
このISSNでOPACを検索する


270 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
Spectrographic representation of speech based on the short-time Fourier transform
ARAI TAKAYUKI
Sophia Symposium on Modern Mathematics and Its Application to Modern Technology
Sophia University
155-159頁
2007



271 (MISC)その他記事
共著
Effects of the Phonological contents on perceptual speaker identification
K. Amino, T. Arai and T. Sugahara
Speaker Classification II, LNAI 4441, C. Müller, Ed.

83-92頁
2007



272 研究論文(学術雑誌)
共著
Improving syllable identification by a preprocessing method reducing overlap-masking in reverberant environments
Nao Hodoshima, Takayuki Arai, Akiko Kusumoto and Keisuke Kinoshita
J. Acoust. Soc. Am
Acoustical Society of America
119巻 6号, 4055-4064頁
2006/06
13869477
このISSNでOPACを検索する


273 研究論文(学術雑誌)
単著
Lung model and head-shaped model with visible vocal tract as educational tools in acoustics
荒井隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
27巻 2号, 111-113頁
2006/03
13463969
このISSNでOPACを検索する


274 研究論文(学術雑誌)
共著
Idiosyncrasy of nasal sounds in human speaker identification and their acoustic properties
荒井隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
27巻 4号, 233-235頁
2006/07
13463969
このISSNでOPACを検索する


275 研究論文(学術雑誌)
単著
Cue parsing between nasality and breathiness in speech perception
荒井隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
27巻 5号, 298-301頁
2006/09
13463969
このISSNでOPACを検索する


276 研究論文(学術雑誌)
単著
Sliding three-tube model as a simple educational tool for vowel production(<Special issue>introduction to the amazing world of sounds with demonstrations)
ARAI TAKAYUKI
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
27巻 6号, 384-388頁
2006/11
13463969
このISSNでOPACを検索する


277 研究論文(学術雑誌)
共著
Digital pattern playback : Converting spectrograms to sound for educational purposes(<Special issue>introduction to the amazing world of sounds with demonstrations)
Arai Takayuki , Yasu Keiichi , Goto Takahito
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
27巻 6号, 393-395頁
2006/11
13463969
このISSNでOPACを検索する


278 研究論文(学術雑誌)
共著
Special issue on introduction to the amazing world of sounds with demonstrations
Kaoru Ashihara, Akira Nishimura, Takayuki Arai
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
27巻 6号, 317-317頁
2006/11
13463969
このISSNでOPACを検索する


279 研究論文(学術雑誌)
共著
Demonstrations for education in acoustics in Japan(<Special issue>introduction to the amazing world of sounds with demonstrations)
Arai Takayuki , Satoh Fumiaki , Nishimura Akira , Ueno Kanako , Yoshihisa Koichi
Acoustical Science and Technology
一般社団法人日本音響学会
27巻 6号, 344-348頁
2006/11
13463969
このISSNでOPACを検索する


280 研究論文(学術雑誌)
共著
Temporally enhanced speech is more intelligible in reverberant environments
ARAI TAKAYUKI, N. Hodoshima
Proc. of the Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC)


2006



281 研究論文(学術雑誌)
共著
Speaker similarities in human perception and their special properties
ARAI TAKAYUKI, K. Amino, T. Sugawara
Proc. of the Western Pacific Acoustics Conference (WESPAC)


2006



282 研究論文(学術雑誌)
共著
Steady-state suppression in reverberation: A comparison of native and nonnative speech perception
ARAI TAKAYUKI, N. Hodoshima, D. Behne
Proc. of the Interspeech

873-876頁
2006



283 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語母語話者の摩擦音知覚における音響的手がかり:機能性構音障害児の語音知覚能力の検討
平井沢子、安啓一、荒井隆行、飯高京子
音声言語医学
日本音声言語医学会
47巻 1号, 75-75頁
2006
00302813
このISSNでOPACを検索する


284 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚フィルタの広がりの補償を目的とした臨界帯域圧縮処理の模擬難聴環境下での評価(聴覚・音声・言語とその障害,一般)
安啓一、荒井隆行、進藤美津子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
105巻 686号, 1-4頁
2006/03
09135685
このISSNでOPACを検索する


285 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語母語話者成人と発達性構音障害児の摩擦音知覚における音響的手がかり(聴覚・音声・言語とその障害,一般)
平井沢子, 安啓一, 荒井隆行, 飯高京子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
105巻 686号, 17-22頁
2006/03
09135685
このISSNでOPACを検索する


286 研究論文(学術雑誌)
共著
四次元MRIによる発音時の鼻咽腔閉鎖運動の観察 : 鼻咽腔閉鎖パターンと口蓋帆挙筋の動きとの関連の検討(Session-4 一般(ポスターセッション),第8回音声言語シンポジウム)
岩崎純二, 片岡竜太, 山下洋介, 春日梨恵, 安啓一, 荒井隆行, 新谷悟
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
106巻 443号, 49-54頁
2006/12
09135685
このISSNでOPACを検索する


287 研究論文(学術雑誌)
共著
風邪引き声の母音に見られる特徴とその知覚
網野加苗, 菅原勉, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
363-364頁
2006/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


288 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者による無声摩擦・破擦子音の知覚: 子音の立ち上がり時間の変化に対する影響
安啓一, 小林敬, 荒井隆行, 八田ゆかり, 南畑伸至, 進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
487-488頁
2006/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


289 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下における音声明瞭度改善のための前処理: 定常部抑圧処理の抑圧率と残響の関係
村上善昭, 程島奈緒, 中田有貴, 林奈帆子, 宮内裕介, 荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
649-650頁
2006/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


290 研究論文(学術雑誌)
共著
声質変換技術を用いた日本語話者のための英語音声合成システムの構築
加島慎平, 飯田朱美, 安啓一, 荒井隆行, 菅原勉
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
251-252頁
2006/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


291 研究論文(学術雑誌)
共著
字幕付与システムを目的としたスペクトル遷移による音声端点検出
古賀綾子, 藤樫佑樹, 荒井隆行, 金寺登, 吉井順子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
261-262頁
2006/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


292 研究論文(学術雑誌)
共著
変調フィルタリングを用いた映画中の音声区間検出
向奈津美, 北口直, 金寺登, 荒井隆行, 藤樫佑樹, 古賀綾子, 吉井順子, 船田哲男
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
263-264頁
2006/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


293 研究論文(学術雑誌)
共著
個人性知覚における音声の類似性について
網野加苗, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
273-274頁
2006/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


294 研究論文(学術雑誌)
共著
強さ曲線と変調スペクトルの日本語音節との関係
小松雅彦, 荒井隆行
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
195-200頁
2006/09



295 研究論文(学術雑誌)
共著
Modulation enhancement of speech by a pre-processing algorithm for improving intelligibility in reverberant environments
A. Kusumoto, T. Arai, K. Kinoshita, N. Hodoshima and N. Vaughan
Speech Communication

45巻 2号, 101-113頁
2005



296 研究論文(学術雑誌)
共著
Modulation enhancement of speech by a pre-processing algorithm for improving intelligibility in reverberant environments
荒井隆行
Speech Communication
Elsevier
45巻 2号, 101-113頁
2005/02
01676393
このISSNでOPACを検索する


297 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of pre-processing approach for improving speech intelligibility in a hall: Comparison between diotic and dichotic listening conditions
N. Hodoshima, T. Goto, N. Ohata, T. Inoue and T. Arai
Acoustical Science and Technology

26巻 2号, 212-214頁
2005



298 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of pre-processing approach for improving speech intelligibility in a hall: Comparison between diotic and dichotic listening conditions
荒井隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
26巻 2号, 212-214頁
2005/03
13463969
このISSNでOPACを検索する


299 研究論文(学術雑誌)
単著
Padding zero into steady-state portions of speech as a preprocess for improving intelligibility in reverberant environments
荒井隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
26巻 5号, 459-461頁
2005/09
13463969
このISSNでOPACを検索する


300 研究論文(学術雑誌)
共著
音響と調音のインタフェース(<小特集>音声学・音韻論の過去・現在・未来)
Stevens Kenneth N. , 荒井 隆行 [訳]
日本音響学会誌
日本音響学会
61巻 9号, 524-531頁
2005/09
03694232
このISSNでOPACを検索する


301 研究論文(国際会議プロシーディングス)
共著
Two time scales in speech segmentation
M. Chait, S. Greenberg, T. Arai, J. Simon and D. Poeppel
Proc. of ISCA Workshop on Plasticity in Speech Perception

158-158頁
2005



302 研究論文(学術雑誌)
共著
Two time scales in speech segmentation
Maria Chait, Steven Greenberg, Takayuki Arai, Jonathan Simon, David Poeppel
Proc. of ISCA Workshop on Plasticity in Speech Perception
UCL Phonetics & Linguistics
158-頁
2005/01



303 研究論文(学術雑誌)
単著
Comparing tongue positions of vowels in oral and nasal contexts
荒井隆行
Interspeech Lisboa 2005 : 9th European Conference on Speech Communication and Technology, September 4-8, 2005.
ISCA
1033-1036頁
2005/09



304 研究論文(学術雑誌)
共著
Steady-State Pre-Processing for Improving Speech Intelligibility in Reverberant Environments: Evaluation in a Hall with an Electrical Reverberator
荒井隆行
Interspeech Lisboa 2005 : 9th European Conference on Speech Communication and Technology, September 4-8, 2005.
ISCA
1741-1744頁
2005/09



305 研究論文(学術雑誌)
共著
The Correspondences Between the Perception of the Speaker Individualities Contained in Speech Sounds and Their Acoustic Properties
荒井隆行
Interspeech Lisboa 2005 : 9th European Conference on Speech Communication and Technology, September 4-8, 2005.
ISCA
2025-2028頁
2005/09



306 研究論文(学術雑誌)
共著
A Preprocessing Technique for Improving Speech Intelligibility in Reverberant Environments: The Effect of Steady-State Suppression on Elderly People
荒井隆行
Interspeech Lisboa 2005 : 9th European Conference on Speech Communication and Technology, September 4-8, 2005.
ISCA
2769-2772頁
2005/09



307 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
単著
Visualizing vowel-production mechanism using simple education tools
T. Arai
J. Acoust. Soc. Am.

118巻 3号, 1862-1862頁
2005



308 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Investigating an optimum suppression rate of steady-state portions of speech that improves intelligibility the most as a pre-processing approach in reverberant environments
N. Hodoshima and T. Arai
J. Acoust. Soc. Am.

118巻 3号, 1930-1930頁
2005



309 研究論文(学術雑誌)
共著
健常児における日本語長音のカテゴリ知覚の発達 : 長音の意識と表記法との発達的関連
大木衣里子, 原恵子, 飯高京子, 進藤美津子,荒井隆行
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
22巻 3号, 204-頁
2005/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


310 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
Evaluation of steady-state suppression of speech for elderly people in reverberant environments
K. Yasu, Y. Miyauchi, N. Hodoshima, N. Hayashi, T. Inoue, T. Arai and M. Shindo
Technical Report of IEICE Japan

SP2004-154巻, 1-6頁
2005



311 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
A study of monosyllable enhancement for elderly listeners by steady-state suppression
K. Kobayashi, Y. Hatta, K. Yasu, N. Hodoshima, T. Arai and M. Shindo
Technical Report of IEICE Japan

SP2004-155巻, 7-12頁
2005



312 研究論文(学術雑誌)
共著
高齢者を対象にした定常部抑圧による単音節強調処理の検討(聴覚・音声・言語とその障害, 一般)
小林敬, 八田ゆかり, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 進藤美津子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
104巻 695号, 7-12頁
2005/02
09135685
このISSNでOPACを検索する


313 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
The correspondences between the differences among the phones in human speaker identification and their acoustic properties
K. Amino, T. Sugawara and T. Arai
Technical Report of IEICE Japan

SP2004-164巻, 1-6頁
2005



314 研究論文(学術雑誌)
共著
聴取による話者識別における音韻間の格差と音響的対応(聴覚・音声・言語とその障害, 一般)
網野加苗, 菅原勉, 荒井隆行
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
104巻 696号, 1-6頁
2005/02
09135685
このISSNでOPACを検索する


315 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
Acoustic cues in fricative perception for Japanese native speakers
S. Hirai, K. Yasu, T. Arai and K. Iitaka
Technical Report of IEICE Japan

SP2004-168巻, 25-30頁
2005



316 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語母語話者の摩擦音知覚における音響的手がかりについて(聴覚・音声・言語とその障害, 一般)
平井沢子, 安啓一, 荒井隆行, 飯高京子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
104巻 696号, 25-30頁
2005/02
09135685
このISSNでOPACを検索する


317 (MISC)機関テクニカルレポート,プレプリント等
共著
The utterances of the cleft palate children: The comparison between before and after palatal surgery
F. Murai, T. Arai and T. Kimura
Technical Report of IEICE Japan

SP2004-171巻, 41-46頁
2005



318 研究論文(学術雑誌)
共著
口蓋裂児の発声行動について : 口蓋形成術前と術後での発声行動の変化について(聴覚・音声・言語とその障害, 一般)
村井ふみ, 荒井隆行, 木村智江
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
104巻 696号, 41-46頁
2005/02
09135685
このISSNでOPACを検索する


319 研究論文(学術雑誌)
単著
時間反転残響における音声明瞭度の低下
荒井隆行
日本音響学会聴覚研究会資料
日本音響学会
35巻 4号, 237-242頁
2005/05
13461109
このISSNでOPACを検索する


320 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Formant frequency shift and its compensation in nasalized vowels
T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 163-164頁
2006



321 研究論文(学術雑誌)
単著
鼻音化母音におけるフォルマントの周波数シフトとその補償
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 163-164頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


322 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Lung model and head-shaped model with visible vocal tract as educational tools in Acoustics
T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 273-274頁
2005



323 研究論文(学術雑誌)
単著
肺の模型と声道形状を視覚的に捉えられる頭部模型を用いた音響教育教材
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 273-274頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


324 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
The relationship between the asymmetry of the nasal and the oral sounds in human speaker identification and their acoustic distances
K. Amino, T. Sugawara and T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 277-278頁
2005



325 研究論文(学術雑誌)
共著
聴取による話者識別における鼻音・口音の非対称性と音響的距離との関連
網野加苗, 菅原勉, 荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 277-278頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


326 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Pre-processing for improving speech intelligibility in reverberant environments: The effect of steady-state suppression on elderly people
Y. Miyauchi, N. Hodoshima, K. Yasu, N. Hayashi, T. Inoue, T. Arai and M. Shindo
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 319-220頁
2005



327 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境における音声明瞭度の改善のための前処理: 高齢者を対象とした音声定常部抑圧処理の効果
宮内裕介, 程島奈緒, 安啓一, 林奈帆子, 井上豪, 荒井隆行, 進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 319-320頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


328 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Consonant enhancement of monosyllable for elderly listeners by steady-state suppression
K. Kobayashi, Y. Hatta, K. Yasu, N. Hodoshima, T. Arai and M. Shindo
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 321-322頁
2005



329 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧による単音節の子音強調と高齢者への実験,
小林敬, 八田ゆかり, 安啓一, 程島奈緒, 荒井隆行, 進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 321-322頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


330 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Evaluation of steady-state suppression in a hall with an electrical reverberator: Introducing a pre-processing approach on intelligibility into real acoustic environments
N. Hayashi, N. Hodoshima, T. Inoue, T. Goto, F. Tadokoro, Y. Miyauchi, T. Arai and K. Kurisu
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 537-538頁
2005



331 研究論文(学術雑誌)
共著
電気残響可変システムを付加したホールにおける定常部抑圧処理の評価: 音声明瞭度改善のための前処理の実環境導入へむけて
林奈帆子, 程島奈緒, 井上豪, 後藤崇公, 田所史礼, 宮内裕介, 荒井隆行, 栗栖清浩,
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2005巻 1号, 537-538頁
2005/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


332 研究論文(学術雑誌)
共著
字幕付与システムを目的とした線形予測に基づく音声端点検出
藤樫佑樹,古賀綾子,荒井隆行,金寺登,吉井順子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
33-34頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


333 研究論文(学術雑誌)
共著
ディジタル・パターン・プレイバック
荒井隆行、安啓一, 後藤崇公
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
429-430頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


334 研究論文(学術雑誌)
共著
風邪引き声の知覚について
網野加苗,菅原勉,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
431-432頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


335 研究論文(学術雑誌)
共著
臨界帯域中央に制限された雑音による駆動音声の聴覚障害者による評価
安啓一,荒井隆行,小林敬,進藤美津子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
517-518頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


336 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下で前処理として音声明瞭度を改善する定常部抑圧処理の最適な抑圧率の検討
程島奈緒,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
607-608頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


337 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下における音声明瞭度改善のための2種類の定常部処理の評価
中田有貴, 村上善昭, 林奈帆子, 宮内裕介, 程島奈緒, 荒井隆行, 栗栖清浩
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
693-694頁
2005/09
18807658
このISSNでOPACを検索する


338 研究論文(学術雑誌)
単著
音声信号の可視化とその音声学的価値
荒井 隆行
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
3-頁
2005/09



339 研究論文(学術雑誌)
共著
日本人学習者のフランス語鼻母音生成のための方策: F1変化をもたらす調音方法の観察
荒井 隆行、竹内京子
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
179-184頁
2005/09



340 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧処理のリアルタイム化へ向けて: DSPによる開発
荒井 隆行、後藤崇公, 安啓一
第7回DSPS教育者会議予稿集

91-94頁
2005/09



341 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
Perceptual weighting of syllable-initial fricatives for native Japanese adults and for children with persistent developmental articulation disorders
Hirai Sawako, Yasu Keiichi, Arai Takayuki, Iitaka Kyoko
Sophia linguistica : working papers in linguistics
上智大学
53巻, 49-76頁
2005
02875357
このISSNでOPACを検索する


342 研究論文(学術雑誌)
共著
What are the Essential Cues for Understanding Spoken Language?
荒井隆行
IEICE Trans. on Fundamentals
IEICE
87巻 5号, 1059-1070頁
2004/05
09168532
このISSNでOPACを検索する


343 研究論文(学術雑誌)
共著
Evaluation of Brain Source Separation for MEG Data Applying JADE, Fast-ICA and Natural Gradient-Based Algorithm with Robust Pre-Whitening Technique (Special Issue on Nonlinear Circuits and Signal Processing)
荒井隆行
信号処理
信号処理学会
8巻 6号, 461-472頁
2004/11
13426230
このISSNでOPACを検索する


344 研究論文(学術雑誌)
共著
失語症者におけるピッチアクセント異同弁別能力
入江美緒 , 進藤美津子 , 長塚紀子 , 荒井隆行
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
21巻 3号, 165-171頁
2004/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


345 研究論文(学術雑誌)
共著
Suppressing steady-state portions of speech for improving intelligibility in various reverberant environments
Hodoshima Nao , Inoue Tsuyoshi , Arai Takayuki , Kusumoto Akiko , Kinoshita Keisuke
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
25巻 1号, 58-60頁
2004/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


346 研究論文(学術雑誌)
共著
Critical-band based frequency compression for digital hearing aids
Yasu Keiichi , Hishitani Masato , Arai Takayuki, Murahara Yuji
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
25巻 1号, 61-63頁
2004/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


347 研究論文(学術雑誌)
共著
Comparing the characteristics of the plate and cylinder type vocal tract models
Maeda Eri , Usuki Nobuyuki , Arai Takayuki , Saika Noriko , Murahara Yuji
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
25巻 1号, 64-65頁
2004/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


348 研究論文(学術雑誌)
共著
Modulation cepstrum discriminating between speech and environmental noise
Miyoshi Tooru , Goto Takahito , Doi Takaaki , Ishida Taeko , Arai Takayuki , Murahara Yuji
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
25巻 1号, 66-69頁
2004/01
13463969
このISSNでOPACを検索する


349 研究論文(学術雑誌)
共著
Perceptual discrimination of prosodic types
荒井 隆行
International Conf. Speech Prosody

725-728頁
2004/03



350 研究論文(学術雑誌)
共著
Effective speech processing for various impaired listeners
荒井 隆行
Proc. International Congress on Acoustics

II巻, 1389-1392頁
2004/04



351 研究論文(学術雑誌)
単著
Education in Acoustics using physical models of the human vocal tract
荒井 隆行
Proc. International Congress on Acoustics

III巻, 1969-1972頁
2004/04



352 研究論文(学術雑誌)
共著
Additional physical models of the human vocal tract as tools for education in language learning
荒井 隆行
Proc. International Congress on Acoustics

III巻, 2321-2322頁
2004/04



353 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of pre-processing for improving speech intelligibility in the Sophia University lecture hall
荒井 隆行、N.Hodoshima, T.Goto, N.Ohata, and T.Inoue
Proc. International Symposium on Room Acoustics: Design and Science, Hyogo


2004/04



354 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of pre-processing for improving speech intelligibility in the Sophia University lecture hall
ARAI TAKAYUKI, N.Hodoshima, T.Goto, N.Ohata and T.Inoue
Proc. of the International Congress on Acoustics

III巻, 2389-2392頁
2004/04



355 研究論文(学術雑誌)
共著
Independent source separation of MEG data and its evaluation
荒井 隆行
Proc. of the RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing (NCSP)

395-398頁
2004/03



356 研究論文(学術雑誌)
共著
Improvement of the modulation wavelet transform in ASR
荒井 隆行
Proc. of the RISP International Workshop on Nonlinear Circuit and Signal Processing (NCSP)

407-410頁
2004/03



357 (MISC)研究論文
単著
History of Chiba and Kajiyama and their influence in modern speech science
荒井 隆行
Proc. of From Sound to Sense

115-120頁
2004/06



358 研究論文(学術雑誌)
共著
Elimination of brain noise from MEG data using ICA with robust pre-whitening
荒井 隆行
Proc. of the 14th International Conference on Biomagnetism (BIOMAG2004)


2004/08



359 研究論文(学術雑誌)
共著
Perceptual discrimination of prosodic types and their preliminary acoustic analysis
荒井 隆行
Proc. of the Interspeech


2004/10



360 研究論文(学術雑誌)
共著
人工内耳装用児の構音: 音響分析と聴覚印象を基に(健聴児と比較して)
平野友紀子, 城間将江, 進藤美津子, 荒井隆行, 加我君孝
音声言語医学
日本音声言語医学会
45巻 1号, 39-頁
2004/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


361 研究論文(学術雑誌)
共著
脳磁図(MEG)データからの 磁場源分離と分離精度の評価
荒井 隆行、今野義男, 曹建庭, 武田常広, 遠藤博史
第43回日本ME学会大会論文集

725-頁
2004/05



362 研究論文(学術雑誌)
共著
韻律類型論への音響的アプローチ: 音源特徴の聴取による韻律類型の識別
荒井 隆行、小松雅彦, 菅原勉
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
83-88頁
2004/09



363 研究論文(学術雑誌)
共著
Visualization of Brain Activities of Single-Trial and Averaged Multiple-Trials MEG Data(Neuro, Fuzzy, GA)(<Special Section>Nonlinear Theory and its Applications)
KONNO Yoshio , CAO Jianting , ARAI Takayuki , TAKEDA Tsunehiro
IEICE transactions on fundamentals of electronics, communications and computer sciences  
電子情報通信学会
E86-A巻 9号, 2294-2302頁
2003/09
09168508
このISSNでOPACを検索する


364 研究論文(学術雑誌)
共著
開鼻声の聴覚判定における嗄声の影響 : 音源フィルタ理論による検討
今富摂子 , 荒井隆行 , 加藤正子
音声言語医学
日本音声言語医学会
44巻 4号, 304-314頁
2003/10
00302813
このISSNでOPACを検索する


365 研究論文(学術雑誌)
単著
SPEECH-P17.2: ESTIMATING NUMBER OF SPEAKERS BY THE MODULATION CHARACTERISTICS OF SPEECH
ARAI TAKAYUKI
IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ACOUSTICS SPEECH AND SIGNAL PROCESSING

2巻, 197-200頁
2003/04
15206149
このISSNでOPACを検索する


366 研究論文(学術雑誌)
単著
Physical and computer-based tools for teaching Phonetics
荒井 隆行
Proc. of the XV International Congress of Phonetic Sciences

1巻, 305-308頁
2003/08



367 研究論文(学術雑誌)
共著
Using Arai's vocal tract models for education in Phonetics
荒井 隆行
Proc. of the XV International Congress of Phonetic Sciences

1巻, 317-320頁
2003/08



368 研究論文(学術雑誌)
共著
Improving speech intelligibility by steady-state suppression as pre-processing in small to medium sized halls
荒井 隆行
Proc. of the 8th European Conf. on Speech Communication and Technology

1365-1368頁
2003/09



369 研究論文(学術雑誌)
共著
Acoustic realization of prosodic types: Constructing average syllables
荒井 隆行
LACUS Forum XXIX: Linguistics and the Real World

259-269頁
2003



370 研究論文(学術雑誌)
共著
Detection of brain activity for averaged multiple-trial magnetoencephalography data
荒井 隆行
Proc. of the Eighth Australian and New Zealand Intelligent Information Systems Conference (ANZIIS)

361-366頁
2003/12



371 研究論文(学術雑誌)
共著
失語症者における言語的プロソディー認知についての研究: アクセント異同弁別能力を中心として
入江美緒, 進藤美津子, 長塚紀子, 荒井隆行
コミュニケーション障害学
日本コミュニケーション障害学会
20巻 3号, 172-頁
2003/12
13478451
このISSNでOPACを検索する


372 研究論文(学術雑誌)
共著
血圧脈波形の線形予測分析
荒井 隆行、村原雄二, 酒本勝之, 金井寛,
第42回日本ME学会大会抄録集

41巻 特別号, 598-頁
2003/06



373 研究論文(学術雑誌)
共著
線形予測による脈波解析
荒井 隆行、村原雄二, 酒本勝之, 金井寛
日本臨床生理学会雑誌
日本臨床生理学会
33巻 suppl号, 72-72頁
2003/09
02867052
このISSNでOPACを検索する


374 研究論文(学術雑誌)
共著
残響環境下における音声の明瞭度低下を抑える前処理技術
荒井隆行、程島奈緒, 後藤崇公, 井上豪, 大畑典子, 木下慶介, 喜田村朋子, 楠本亜希子
日本音響学会聴覚研究会資料
日本音響学会
33巻 5号, 341-346頁
2003/07
13461109
このISSNでOPACを検索する


375 研究論文(学術雑誌)
共著
鼻腔をともなう声道模型の生成音に関する検討
前田絵理, 荒井隆行, 雑賀紀子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
103巻 219号, 1-5頁
2003/07
09135685
このISSNでOPACを検索する


376 研究論文(学術雑誌)
共著
単一試行・多試行加算平均脳磁図の解析と磁場源推定精度の評価
荒井 隆行、今野義男, 曹建庭, 武田常広, 遠藤博史
第6回情報論的学習理論ワークショップ (IBIS)

223-228頁
2003/11



377 研究論文(学術雑誌)
共著
小・中規模ホール環境を想定した定常部抑圧による拡声音声の明瞭度改善
井上豪,程島奈緒,荒井隆行,木下慶介,楠本亜希子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2巻, 1073-1074頁
2003/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


378 研究論文(学術雑誌)
共著
鼻腔・副鼻腔をともなう声道模型とその生成音に関する検討
前田絵理,荒井隆行,雑賀紀子,村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 339-340頁
2003/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


379 研究論文(学術雑誌)
共著
梅田・寺西による声道模型を用いた音響教育
荒井隆行、前田絵理, 梅田規子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 341-342頁
2003/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


380 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚フィルタの広がりを考慮した臨界帯域圧縮法の有効性 -重度の聴覚障害者に対するケーススタディ-
荒井 隆行、安啓一, 安田美由紀, 村原雄二, 菱谷誠人
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 415-416頁
2003/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


381 研究論文(学術雑誌)
共著
実環境における音声明瞭度改善への前処理の効果: 上智大学大講堂の場合
後藤崇公,井上豪,大畑典子,程島奈緒,荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 613-614頁
2003/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


382 研究論文(学術雑誌)
共著
韻律類型論への音響的アプローチ
荒井隆行、小松雅彦, 菅原勉
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
75-80頁
2003/09



383 研究論文(学術雑誌)
共著
脳磁界(MEG)による擬似聴覚データの解析
今野義男,曹建庭,荒井隆行
21世紀の新しい創造性を支えるハイテクノロジー : 埼玉工業大学若手研究フォーラム2003第1回論文集
埼玉工業大学先端科学研究所
173-176頁
2003/10



384 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
聴覚障碍者のための口形つきアニメーションの教材に関する検討 (The Clinical Relation between Phonetics and Speech Pathology)
喜田村朋子, 荒井隆行
Sophia Linguistica
Sophia Linguistic Institute for International Communication
50号, 221-233頁
2003
02875357
このISSNでOPACを検索する


385 研究論文(学術雑誌)
共著
Human language identification with reduced segmental information
Komatsu Masahiko,Mori Kazuya,Arai Takayuki,Aoyagi Makiko,Murahara Yuji
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
23巻 3号, 143-153頁
2002/05
13463969
このISSNでOPACを検索する


386 研究論文(学術雑誌)
共著
Effects of suppressing steady-state portions of speech on intelligibility in reverberant environments
荒井 隆行
Acoustical Science and Technology
日本音響学会
23巻 4号, 229-232頁
2002/07
13463969
このISSNでOPACを検索する


387 研究論文(学術雑誌)
共著
Duration and F0 as perceptual cues to Japanese vowel quantity(共著)
荒井 隆行
Conference proceedings / ICSLP 2002 , 7th International Conference on Spoken Language Processing September 16 - 20, 2002, Denver, Colorado
Center for Spoken Language Res
757-760頁
2002/09
187634640X
このISSNでOPACを検索する


388 研究論文(学術雑誌)
共著
Multi-dimensional analysis of sonority: Perception, acoustics, and phonology(共著)
荒井 隆行
Conference proceedings / ICSLP 2002 , 7th International Conference on Spoken Language Processing September 16 - 20, 2002, Denver, Colorado
Center for Spoken Language Res
2293-2296頁
2002/09
187634640X
このISSNでOPACを検索する


389 研究論文(学術雑誌)
単著
An effective method for education in acoustics and speech science: Integrating textbooks, computer simulation and physical models
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



390 研究論文(学術雑誌)
共著
Developing mechanical models of the human vocal tract for education in speech science
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



391 研究論文(学術雑誌)
共著
Enhancing temporal dynamics of speech to improve intelligibility in reverberant environments(共著)
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



392 研究論文(学術雑誌)
共著
Temporal envelope modulation using syllable search method for robust language identification(共著)
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



393 研究論文(学術雑誌)
共著
Critical-band compression method for digital hearing aids
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



394 研究論文(学術雑誌)
共著
Discrimination of speech from environmental noises using the modulation cepstrum
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



395 研究論文(学術雑誌)
共著
The relation between perceived hypernasality of speech and its hoarseness
荒井 隆行
Proc. Forum Acusticum (Sevilla), 2002


2002/09



396 研究論文(学術雑誌)
共著
Auditory evoked fields (AEF) like synthesized MEG data decomposition and localization(共著)
荒井 隆行
2002 international symposium on nonlinear theory and its applications.
Research Society of Nonlinear and its Applications, IEICE
379-382頁
2002/10



397 研究論文(学術雑誌)
共著
Prediction of the next stock price using neural network for data mining(共著)
荒井 隆行
2002 international symposium on nonlinear theory and its applications.
Research Society of Nonlinear and its Applications, IEICE
411-414頁
2002/10
4885521882
このISSNでOPACを検索する


398 研究論文(学術雑誌)
共著
Frequency compression of critical band for digital hearing aids
荒井 隆行
Proc. 2002' China-Japan Joint Conference on Acoustics

159-162頁
2002/11



399 研究論文(学術雑誌)
共著
The importance of physical models of the human vocal tract for education in acoustics in the digital era
荒井 隆行
Proc. 2002' China-Japan Joint Conference on Acoustics

163-166頁
2002/11



400 研究論文(学術雑誌)
共著
Modulation cepstrum discriminating between speech and environmental noise
荒井 隆行
Proc. 2002' China-Japan Joint Conference on Acoustics

191-194頁
2002/11



401 研究論文(学術雑誌)
共著
Suppressing steady-state portions of speech for improving intelligibility in various reverberant environments
荒井 隆行
Proc. 2002' China-Japan Joint Conference on Acoustics

199-202頁
2002/11



402 研究論文(学術雑誌)
共著
Physical models of the human vocal tract as tools for education in acoustics
荒井 隆行
Proc. of the First Pan-American/Iberian Meeting on Acoustics


2002/12



403 研究論文(学術雑誌)
共著
Lab experiment using physical models of the human vocal tract for high-school students(共著)
荒井 隆行
Proc. of the First Pan-American/Iberian Meeting on Acoustics


2002/12



404 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Categorical perception of Japanese geminate consonant /Q/ in children: Its developmental relations with reading its kana letter
Y. Kaneko, T. Sugawara, T. Arai, K. Okazaki and K. Iitaka
Joint Conf. of the IX International Congress for the Study of Child Language and the Symposium on Research in Child Disorders

145-145頁
2002



405 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Acoustic realization of prosodic types: Constructing average syllables
M. Komatsu and T. Ara
Meeting Handbook of the Linguistic Association of Canada and the United States (LACUS) Forum

39-39頁
2002



406 (MISC)研究発表要旨(国際会議)
共著
Compressing critical bands for digital hearing aids
M. Hishitani, K. Kobayashi, K. Shinohara, K. Yasu and T. Arai
Handbook of the International Hearing Aid Research Conference (IHCON)

64-65頁
2002



407 研究論文(学術雑誌)
共著
老人性難聴者の語音の聴取に関する研究
深沢治, 進藤美津子, 荒井隆行, 加我君孝
聴能言語学研究
日本聴能言語学会
19巻 3号, 191-頁
2002/12
09128204
このISSNでOPACを検索する


408 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語拗音の知覚と読みに関する発達的研究
渡邉理恵, 飯高京子, 岡崎恵子, 大石敬子, 荒井隆行
聴能言語学研究
日本聴能言語学会
19巻 3号, 196-頁
2002/12
09128204
このISSNでOPACを検索する


409 研究論文(学術雑誌)
共著
幼児の促音の聴覚弁別に関する基礎的研究: ことばの教室に通う児童の2事例
金子義信, 岡崎恵子, 飯高京子, 荒井隆行
聴能言語学研究
日本聴能言語学会
19巻 3号, 206-頁
2002/12
09128204
このISSNでOPACを検索する


410 研究論文(学術雑誌)
共著
開鼻声の聴覚判定における嗄声の影響
今富摂子, 荒井隆行, 雑賀紀子, 加藤正子
聴能言語学研究
日本聴能言語学会
19巻 3号, 211-頁
2002/12
09128204
このISSNでOPACを検索する


411 研究論文(学術雑誌)
共著
血圧脈波の波形解析による血管状態の推定
荒井 隆行、村原雄二, 酒本勝之, 金井寛
第41回日本ME学会大会抄録集

385-頁
2002/05



412 研究論文(学術雑誌)
共著
循環系モデルによる血圧脈波の解析
村原雄二, 酒本勝之, 金井寛, 荒井隆行
日本臨床生理学会雑誌
日本臨床生理学会
32巻 suppl号, 114-頁
2002/11
02867052
このISSNでOPACを検索する


413 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルの貢献度に基づく連続音声認識
金寺登, 荒井隆行, 岡田賢治, 百村裕智
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
102巻 248号, 41-46頁
2002/07
09135685
このISSNでOPACを検索する


414 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧による音声明瞭度改善のための前処理 : 異なる残響環境下について
程島奈緒, 井上豪, 荒井隆行, 木下慶介, 楠本亜希子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
一般社団法人電子情報通信学会
102巻 248号, 47-51頁
2002/07
09135685
このISSNでOPACを検索する


415 研究論文(学術雑誌)
共著
ディジタル補聴器のための臨界帯域圧縮アルゴリズム
安啓一, 菱谷誠人, 荒井隆行, 村原雄二
電子情報通信学会技術研究報告
電子情報通信学会
102巻, 41-45頁
2002/10
09135685
このISSNでOPACを検索する


416 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚障碍者のための口形つきアニメーションの教材に関する検討
喜田村朋子, 荒井隆行, Connors Pamela
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
102巻 418号, 27-32頁
2002/10
09135685
このISSNでOPACを検索する


417 研究論文(学術雑誌)
共著
ニューラルネットワークによる次期の株価予測 : 株価予測におけるフィルタリングによる特徴量抽出
高穂洋, 荒井隆行, 大竹敢, 田中衞
電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題
電子情報通信学会
102巻 432号, 13-16頁
2002/11
09135685
このISSNでOPACを検索する


418 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A speech recognition feature based on the contribution of modulation frequency components
N. Kanedera, M. Kamai, T. Arai, K. Okada and Y. Momomura
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 3-4頁
2002



419 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A speech recognition feature based on the contribution of modulation frequency components
N. Kanedera, M. Kamai, T. Arai, K. Okada and Y. Momomura
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 3-4頁
2002



420 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルの貢献度に基づく音声認識特徴量
金寺登, 釜井政義, 荒井隆行, 岡田賢治, 百村裕智,
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2002巻 1号, 3-4頁
2002/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


421 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Selective usage of features for automatic speech recognition using the modulation Wavelet transform of noise
K. Okada, T. Arai, N. Kanedera, Y. Momomura and Y. Murahara
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 169-170頁
2002



422 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
Selective usage of features for automatic speech recognition using the modulation Wavelet transform of noise
K. Okada, T. Arai, N. Kanedera, Y. Momomura and Y. Murahara
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 169-170頁
2002



423 研究論文(学術雑誌)
共著
ノイズの変調 Wavelet を用いた音声認識特徴量の選択的利用
岡田賢治, 荒井隆行, 金寺登, 百村裕智, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2002巻 1号, 169-170頁
2002/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


424 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A challenge for visualizing vocal tract resonance: Devising a tool for acoustic education in speech science
M. Yoshida, N. Usuki, T. Arai, Y. Murahara and T. Sugawara
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 399-400頁
2002



425 研究論文(その他学術会議資料等)
共著
A challenge for visualizing vocal tract resonance: Devising a tool for acoustic education in speech science
M. Yoshida, N. Usuki, T. Arai, Y. Murahara and T. Sugawara
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 399-400頁
2002



426 研究論文(学術雑誌)
共著
声道の共鳴現象の可視化への試み--- 音声科学における音響教育の充実を図る ---
吉田道子, 薄木信幸, 荒井隆行, 村原雄二, 菅原勉
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2002巻 1号, 399-400頁
2002/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


427 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Incorporating more intuitive acoustic education into speech science
T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

2巻, 1219-1220頁
2002



428 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Incorporating more intuitive acoustic education into speech science
T. Arai
Proc. Spring Meet. Acoust. Soc. Jpn.

2巻, 1219-1220頁
2002



429 研究論文(学術雑誌)
単著
「より直感に訴える音響教育」を音声科学に取り入れるには
荒井隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2002巻 1号, 1219-1220頁
2002/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


430 研究論文(学術雑誌)
共著
自動音声認識における特徴量としての変調Wavelet変換の検討:帯域の分割法が認識率に与える影響について
浅井健司, 岡田賢治, 荒井隆行, 金寺登, 村原雄二, 百村裕智
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 155-156頁
2002/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


431 研究論文(学術雑誌)
共著
Critical-band compression in the frequency domain for digital hearing aids
K. Yasu, M. Hishitani, T. Arai, Y. Murahara and K. Shinohara
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.

1巻, 379-380頁
2002



432 研究論文(学術雑誌)
共著
Audible method for blood pressure wave
Y. Murahara, T. Ishida, T. Arai and H. Kanai
Proc. Autumn Meet. Acoust. Soc. Jpn.

2巻, 1227-1228頁
2002



433 研究論文(学術雑誌)
共著
定常部抑圧による異なる残響環境下での音声明瞭度の改善
井上豪, 程島奈緒, 荒井隆行, 木下慶介, 楠本亜希子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 377-378頁
2002/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


434 研究論文(学術雑誌)
共著
声道模型を用いた高等学校での音響教育
前田絵理, 荒井隆行, 雑賀紀子, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1巻, 299-300頁
2002/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


435 研究論文(学術雑誌)
共著
低周波騒音のARモデルによる分析
石田妙子, 荒井隆行, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2巻, 817-818頁
2002/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


436 研究論文(学術雑誌)
共著
千葉・梶山による声道模型の復元とその教材としての応用
荒井隆行, 雑賀紀子, 前田絵理, 村原雄二
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
22-28頁
2002/09



437 研究論文(学術雑誌)
共著
Japanese mora-timing : A review
荒井 隆行
Phonetica
S. Karger.
58巻 1-2号, 1-25頁
2001/03
00318388
このISSNでOPACを検索する


438 研究論文(学術雑誌)
共著
The role of the mora in the timing of spontaneous Japanese speech
荒井 隆行
Journal of the Acoustical Society of America
Acoustical Society of America
109巻 3号, 1144-1156頁
2001/03
00014966
このISSNでOPACを検索する


439 研究論文(学術雑誌)
共著
強制的下肢動脈血管閉塞による脈波伝搬時間の測定法
村原雄二 , 酒本勝之 , 金井寛 , 荒井隆行
医用電子と生体工学 : 日本ME学会雑誌
日本生体医工学会
39巻 1号, 1-8頁
2001/03
00213292
このISSNでOPACを検索する


440 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルの重要な成分のみを選択的に用いた雑音に強い音声認識
金寺登 , 荒井隆行 , 船田哲男
電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理
電子情報通信学会
J84-D-II巻 7号, 1261-1269頁
2001/07
09151923
このISSNでOPACを検索する


441 研究論文(学術雑誌)
単著
Chiba and Kajiyamaによる声道模型の復元(<特集>『母音論』出版60年)
荒井隆行
音声研究
日本音声学会
5巻 2号, 31-38頁
2001/08
13428675
このISSNでOPACを検索する


442 研究論文(学術雑誌)
共著
Human language identification with reduced segmental information: Comparison between monolinguals and bilinguals
Masahiko Komatsu, Kazuya Mori, ARAI TAKAYUKI, Yuji Murahara
Proceedings Eurospeech 2001, Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, September 3 - 7, 2001, Aalborg Congress and Culture Centre, Aalborg, Denmark
ISCA
1巻, 149-152頁
2001/09
8790834097
このISSNでOPACを検索する


443 研究論文(学術雑誌)
共著
Modelling the perceptual identification of Japanese consonants from LPC cepstral distances
Masahiko Komatsu, Shinichi Tokuma, Won Tokuma, ARAI TAKAYUKI
Proceedings Eurospeech 2001, Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, September 3 - 7, 2001, Aalborg Congress and Culture Centre, Aalborg, Denmark
ISCA
1巻, 391-394頁
2001/09
8790834097
このISSNでOPACを検索する


444 研究論文(学術雑誌)
共著
The relation between speech intelligibility and the complex modulation spectrum
Steven Greenberg, ARAI TAKAYUKI
Proceedings Eurospeech 2001, Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, September 3 - 7, 2001, Aalborg Congress and Culture Centre, Aalborg, Denmark
ISCA
1巻, 473-476頁
2001/09
8790834097
このISSNでOPACを検索する


445 研究論文(学術雑誌)
共著
Using the modulation complex wavelet transform for feature extraction in automatic speech recognition
Yasunori Momomura, Kenji Okada, TAKAYUKI ARAI, Noboru Kanedera, Yuji Murahara
Proceedings Eurospeech 2001, Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, September 3 - 7, 2001, Aalborg Congress and Culture Centre, Aalborg, Denmark
ISCA
4巻, 2639-2642頁
2001/09
8790834097
このISSNでOPACを検索する


446 研究論文(学術雑誌)
共著
Prototype of a vocal-tract model for vowel production designed for education in speech science
ARAI TAKAYUKI
Proceedings Eurospeech 2001, Scandinavia, 7th European Conference on Speech Communication and Technology, September 3 - 7, 2001, Aalborg Congress and Culture Centre, Aalborg, Denmark
ISCA
4巻, 2791-2794頁
2001/09
8790834097
このISSNでOPACを検索する


447 研究論文(学術雑誌)
共著
脈波の反射の推定法の検討
村原雄二, 酒本勝之, 金井寛, 荒井隆行
医用電子と生体工学. 特別号, 日本ME学会大会論文集 : 日本ME学会雑誌
日本ME学会
39巻, 411-441頁
2001/05
00213292
このISSNでOPACを検索する


448 研究論文(学術雑誌)
共著
脈波による血管状態の推定
荒井 隆行、村原雄二, 酒本勝之, 金井寛
日本臨床生理学会雑誌
日本臨床生理学会
31巻 臨時増刊号, 97-頁
2001/09
02867052
このISSNでOPACを検索する


449 研究論文(学術雑誌)
共著
OGI 多言語電話音声コーパスにおける日本語自然発話音声の分析
荒井 隆行 , WARNER Natasha , GREENBERG Steven
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 1号, 361-362頁
2001/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


450 研究論文(学術雑誌)
共著
母音生成に対する音響教育を目的とした声道模型の作成
薄木信幸, 荒井隆行, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 1号, 399-400頁
2001/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


451 研究論文(学術雑誌)
共著
変調スペクトルを用いた環境音の分析
石田妙子, 荒井隆行, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 1号, 617-618頁
2001/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


452 研究論文(学術雑誌)
共著
変調処理による自動音声認識のための頑強な特徴量抽出法 - 変調複素Wavelet変換を用いて -
百村裕智, 荒井隆行, 金寺登, 岡田賢治, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 2号, 165-166頁
2001/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


453 研究論文(学術雑誌)
共著
スペクトル包絡の操作による開鼻声の合成と嗄声の及ぼす影響
雑賀紀子, 荒井隆行, 今富摂子, 加藤正子, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 2号, 361-362頁
2001/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


454 研究論文(学術雑誌)
共著
音声科学の教育における声道模型の有効性に関する検討 - 母音生成におけるPerturbation理論について -
薄木信幸, 吉田道子, A. Alwi Hasan, 荒井隆行, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 2号, 403-404頁
2001/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


455 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の定常部抑圧の残響に対する効果
荒井隆行, 木下慶介, 程島奈緒, 楠本亜希子, 喜田村朋子
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2001巻 2号, 449-450頁
2001/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


456 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
Akzentwahrnehmung von Japanern bei technisch kontrollierten F0-Konturen
Masaki Akiko , Takasawa Miyuki , ARAI TAKAYUKI
Sophia Linguistica
上智大学大学院言語学研究室
48号, 213-224頁
2001
02875357
このISSNでOPACを検索する


457 研究論文(学術雑誌)
共著
Modulation enhancement of speech as a preprocessing for reverberant chambers with the hearing-impaired
A. Kusumoto, T. Arai, T. Kitamura, M. Takahashi, Y. Murahara
Proceedings. 2000 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2000. ICASSP '00.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
2巻, 853-856頁
2000/06
15206149
このISSNでOPACを検索する


458 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of polarity inversion of speech on human perception and data hiding as an application
S. Sakaguchi, T. Arai, Y. Murahara
Proceedings. 2000 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2000. ICASSP '00.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
2巻, 917-920頁
2000/06
15206149
このISSNでOPACを検索する


459 研究論文(学術雑誌)
共著
The DSP experiments for under graduate students
Y. Fuchiwaki, N. Usuki, T. Arai, Y. Murahara
Proceedings. 2000 IEEE International Conference on Acoustics, Speech, and Signal Processing, 2000. ICASSP '00.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
6巻, 3526-3529頁
2000/06
15206149
このISSNでOPACを検索する


460 研究論文(学術雑誌)
共著
Using the modulation wavelet transform for feature extraction in automatic speech recognition
ARAI TAKAYUKI
6th International Conference on Spoken Language Processing : ICSLP 2000, Oct.16-Oct.20, 2000, Beijing International Convention Center, Beijing, China : the proceedings of the conference
China Military Friendship Publish
1巻, 337-340頁
2000/10
7801501144
このISSNでOPACを検索する


461 研究論文(学術雑誌)
共著
Designing modulation filters for improving speech intelligibility in reverberant environments
Tomoko Kitamura, Keisuke Kinoshita, Takayuki Arai, Akiko Kusumoto and Yuji Murahara
6th International Conference on Spoken Language Processing : ICSLP 2000, Oct.16-Oct.20, 2000, Beijing International Convention Center, Beijing, China : the proceedings of the conference
China Military Friendship Publish
3巻, 586-589頁
2000/10
7801501144
このISSNでOPACを検索する


462 研究論文(学術雑誌)
共著
The effect of reduced spectral information on Japanese consonant perception : Comparison between L1 and L2 listeners
Masahiko Komatsu, Won Tokuma, Shinichi Tokuma, Takayuki Arai
6th International Conference on Spoken Language Processing : ICSLP 2000, Oct.16-Oct.20, 2000, Beijing International Convention Center, Beijing, China : the proceedings of the conference
China Military Friendship Publish
3巻, 750-753頁
2000/10
7801501144
このISSNでOPACを検索する


463 研究論文(学術雑誌)
共著
On the important modulation-frequency bands of speech for human speaker recognition
Takayuki Arai, Mahoro Takahashi, Noboru Kanedera, Yukiko Takano, and Yuji Murahara
6th International Conference on Spoken Language Processing : ICSLP 2000, Oct.16-Oct.20, 2000, Beijing International Convention Center, Beijing, China : the proceedings of the conference
China Military Friendship Publish
3巻, 774-777頁
2000/10
7801501144
このISSNでOPACを検索する


464 研究論文(学術雑誌)
共著
dysarthriaにおける発話の途切れ
織田千尋, 小松雅彦, 荒井隆行, 今富摂子, 河原明子, 出世富久子, 岡崎恵子
音声言語医学
日本音声言語医学会
41巻 1号, 70-70頁
2000/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


465 研究論文(学術雑誌)
共著
脈波による血管状態の推定法の検討
村原雄二 , 酒本勝之 , 金井寛 , 荒井隆行
日本臨床生理学会雑誌
日本臨床生理学会
31巻 2号, 99-104頁
2001/04
02867052
このISSNでOPACを検索する


466 研究論文(学術雑誌)
共著
脈波による血管状態の推定法の検討
村原雄二, 藤井麻美子, 金井寛, 荒井隆行
日本臨床生理学会雑誌. Supplemant
日本臨床生理学会
30巻, 83-83頁
2000/11
02867052
このISSNでOPACを検索する


467 研究論文(学術雑誌)
共著
SP2000-34 音声の変調スペクトル中に含まれる情報の調査 : 音声認識情報と話者識別情報との比較
金寺登, 荒井隆行, 高橋真保呂, 船田哲男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
100巻 240号, 15-22頁
2000/07
09135685
このISSNでOPACを検索する


468 研究論文(学術雑誌)
共著
聴覚障害者のための残響にロバストな音声処理--- 変調フィルタの検討 ---
喜田村朋子, 荒井隆行, 楠本亜希子, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2000巻 1号, 333-334頁
2000/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


469 研究論文(学術雑誌)
共著
話者情報を担う変調周波数帯の調査 -雑音駆動音声を用いた話者識別知覚実験-
高橋真保呂, 荒井隆行, 金寺登, 高野友紀子, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2000巻 1号, 369-370頁
2000/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


470 研究論文(学術雑誌)
共著
自動音声認識の特徴量抽出への変調Wavelet変換の応用
岡田賢治, 荒井隆行, 金寺登, 百村裕智, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
2000巻 2号, 53-54頁
2000/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


471 研究論文(学術雑誌)
共著
LPC残差信号による子音認識と音素配列
荒井隆行、小松雅彦, 新谷敬人, 高澤美由紀
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
49-54頁
2000/10



472 研究論文(学術雑誌)
共著
語アクセントの知覚における母語の影響について: 日本語、ドイツ語、スペイン語話者間の比較
正木晶子, 高澤美由紀, 荒井隆行
日本音声学会全国大会予稿集
日本音声学会
165-170頁
2000/09



473 研究論文(学術雑誌)
共著
Syllable intelligibility for temporally filtered LPC cepstral trajectories
ARAI TAKAYUKI ; M Pavel; H Hermansky; C Avendano
J. Acoust. Soc. Am.
American Institute of Physics for the Acoustical Society of America
105巻 5号, 2783-2791頁
1999/05
00014966
このISSNでOPACを検索する


474 研究論文(学術雑誌)
共著
On the relative importance of various components of the modulation spectrum for automatic speech recognition
Noboru Kanedera, ARAI TAKAYUKI, Hynek Hermansky, Misha Pavel
Speech Communication
North-Holland
28巻 1号, 43-55頁
1999/05
01676393
このISSNでOPACを検索する


475 研究論文(学術雑誌)
単著
A case study of spontaneous speech in Japanese
荒井隆行
Proc. of the XIV International Congress of Phonetic Sciences

1巻, 615-618頁
1999/08



476 研究論文(学術雑誌)
共著
Vowel duration and spectral as perceptual cues to vowel quantity : a comparison of Japanese and Swedish(共著)
荒井 隆行
Proc. Of the XIV International Congress of Phonetic Sciences

2巻, 857-860頁
1999/08



477 研究論文(学術雑誌)
共著
Word level timing in spontaneous Japanese speech
荒井 隆行
Proceedings of the 14th international congress of phonetic sciences.
Congress organizers at the Linguistics Department, University of California
2巻, 1055-1058頁
1999/08
1563968991
このISSNでOPACを検索する


478 研究論文(学術雑誌)
共著
Human language identification with reduced spectral information
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
1巻, 391-394頁
1999/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


479 研究論文(学術雑誌)
共著
Effect of hoarseness on hypernasality ratings
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
3巻, 1075-1078頁
1999/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


480 研究論文(学術雑誌)
共著
Temporal constraints on speech intelligibility as deduced from exceedingly sparse spectral representations
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
6巻, 2687-2690頁
1999/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


481 研究論文(学術雑誌)
共著
脈波の反射の推定法の検討
村原雄二, 酒本勝之, 藤井麻美子, 荒井隆行, 金井寛
医用電子と生体工学. 特別号, 日本ME学会大会論文集 : 日本ME学会雑誌
日本ME学会
37巻, 230-230頁
1999/04
00213292
このISSNでOPACを検索する


482 研究論文(学術雑誌)
共著
開鼻声の聴覚判定における嗄声の影響
今富摂子, 荒井隆行, 三村優子, 加藤正子, 大久保文雄, 保阪善昭,
日本口蓋裂学会誌
日本口蓋裂学会
24巻 2号, 209-209頁
1999/06
03865185
このISSNでOPACを検索する


483 研究論文(学術雑誌)
共著
PLPにおける聴覚特性を応用した音声強調の検討
淵脇陽介, 荒井隆行, 穴見繁幸, 中島健晴, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1999巻 2号, 301-302頁
1999/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


484 研究論文(学術雑誌)
共著
音声中の話者情報を担う変調周波数帯の調査
金寺登, 高野友紀子, 荒井隆行, 高橋真保呂
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1999巻 2号, 361-362頁
1999/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


485 研究論文(学術雑誌)
共著
室内音響における聴覚障害者のための音声処理に関する検討
楠本亜希子, 荒井隆行, 喜田村朋子, 高橋真保呂, 村原雄二
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1999巻 2号, 389-390頁
1999/09
13403168
このISSNでOPACを検索する


486 研究論文(学術雑誌)
共著
Speech intelligibility is highly tolerant of cross-channel spectral desynchronization
ARAI TAKAYUKI
16th international congress on acoustics, and 135th meeting, Acoustical Society of America : the sound of the future
Acoustical Society of America
4巻, 2677-2678頁
1998/06
1563968185
このISSNでOPACを検索する


487 研究論文(学術雑誌)
共著
Speech intelligibility in the presence of cross-channel spectral asynchrony
T. Arai, S. Greenberg
Proceedings of the 1998 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, 1998.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
2巻, 933-936頁
1998/05
0780344286
このISSNでOPACを検索する


488 研究論文(学術雑誌)
共著
On properties of modulation spectrum for robust automatic speech recognition
N. Kanedera, H. Hermansky, T. Arai
Proceedings of the 1998 IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing, 1998.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
2巻, 613-616頁
1998/05
0780344286
このISSNでOPACを検索する


489 (MISC)研究論文
共著
Speech intelligibility derived from exceedingly sparse spectral information
荒井 隆行
Proc. Of the International Conf. on Spoken Language Processing

6巻, 2803-2806頁
1998/11



490 研究論文(学術雑誌)
共著
Reconstruction of a signal using the spectrum-reversal technique
ARAI TAKAYUKI ; Y Yoshida
IEEE Trans. on Signal Processing
Institute of Electrical and Electronics Engineers
45巻 10号, 2593-2595頁
1997/10
1053587X
このISSNでOPACを検索する


491 研究論文(学術雑誌)
共著
s/の口蓋化構音の音響的及び聴覚的キューに関する研究
荒井隆行 , 岡崎恵子 , 今富摂子 , 吉田裕一
Journal of the Acoustical Society of Japan (E)
日本音響学会
18巻 6号, 297-304頁
1997/11
03882861
このISSNでOPACを検索する


492 研究論文(学術雑誌)
共著
The temporal properties of spoken Japanese are similar to those of English
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
2巻, 1011-1014頁
1997/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


493 研究論文(学術雑誌)
共著
On the importance of various modulation frequencies for speech recognition
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
3巻, 1079-1082頁
1997/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


494 研究論文(学術雑誌)
共著
Intelligibility of speech with filtered time trajectories of spectral envelopes
T. Arai, M. Pavel, H. Hermansky, C. Avendano
Proceedings., Fourth International Conference on Spoken Language, 1996. ICSLP 96.
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
4巻, 2490-2493頁
1996/10
0780335554
このISSNでOPACを検索する


495 研究論文(学術雑誌)
単著
Automatic language identification using sequential information of phonemes
荒井隆行
IEICE transactions on information and systems
Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
78巻 6号, 705-711頁
1995/06
09168532
このISSNでOPACを検索する


496 研究論文(学術雑誌)
共著
合成音声を用いた[s]の口蓋化構音に関する検討
荒井隆行 , 岡崎恵子 , 今富摂子
音声言語医学
日本音声言語医学会
36巻 3号, 350-354頁
1995/07
00302813
このISSNでOPACを検索する


497 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis for palatalized articulation of [s] sounds using synthetic speech (共著)
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
3巻, 1725-1728頁
1995/09/03
10184074
このISSNでOPACを検索する


498 研究論文(学術雑誌)
共著
小児の開鼻声の定量的評価
平井沢子 , 岡崎恵子 , 荒井隆行
音声言語医学
日本音声言語医学会
35巻 2号, 199-206頁
1994/04
00302813
このISSNでOPACを検索する


499 研究論文(学術雑誌)
共著
Analysis of phoneme-based features for language identification
K.M. Berkling, T. Arai, E. Barnard
Proc. of the International Conf. on Acoustics, Speech, and Signal Processing (IEEE),IEEE Service Center
Institute of the Electrical and Electronics Engineers
1巻, 289-292頁
1994/04
15206149
このISSNでOPACを検索する


500 (MISC)研究論文
共著
A comparison of approaches to automatic language identification using telephone speech
荒井 隆行
Eurospeech : European Conference on Speech Communication and Technology
CEP Conaultants
2巻, 1307-1310頁
1993/09
10184074
このISSNでOPACを検索する


501 研究論文(学術雑誌)
共著
零交差波による音声信号の復元について : 零交差に基づく音声信号処理の基礎的検討
荒井隆行 , 吉田裕一
日本音響学会誌
日本音響学会
48巻 7号, 474-482頁
1992/07
03694232
このISSNでOPACを検索する


502 研究論文(学術雑誌)
共著
A method of speech signal analysis by zero-crossings
ARAI TAKAYUKI, Y. Yoshida
Proc. of the Third International Symposium on Signal Processing and its Applications

1巻, 283-286頁
1992/08



503 研究論文(学術雑誌)
共著
Study on zero-crossings of speech signals by means of analytic signal
T. Arai and Y. Yoshida
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
46巻 3号, 242-244頁
1990/04
13403168
このISSNでOPACを検索する


504 研究論文(学術雑誌)
共著
解析信号による音声信号零交差の考察
荒井隆行 , 吉田裕一
日本音響学会誌
日本音響学会
46巻 3号, 242-244頁
1990/03
03694232
このISSNでOPACを検索する


505 研究論文(学術雑誌)
共著
複数の変調スペクトル解像度を用いた音声認識の耐雑音性
荒井隆行、金寺登, 船田哲男, 山田洋士
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
98巻 178号, 45-52頁
1998/07



506 研究論文(学術雑誌)
共著
ロバストな音声認識実現を目的とした変調スペクトル特性の検討
金寺登 , Hermansky Hynek , 荒井隆行 , 船田哲男
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
97巻 441号, 15-22頁
1997/12



507 研究論文(学術雑誌)
共著
日本語と英語の発話音声に対する時間特性の比較分析
荒井隆行 , Greenberg Steven
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
97巻 114号, 25-32頁
1997/06



508 研究論文(学術雑誌)
共著
線形予測法による口蓋化構音の分析と合成
荒井隆行, 岡崎恵子, 今富摂子
医用電子と生体工学. 特別号, 日本ME学会大会論文集 : 日本ME学会雑誌
日本ME学会
33巻, 446-446頁
1995/05
00213292
このISSNでOPACを検索する


509 研究論文(学術雑誌)
共著
摩擦音[s]の口蓋化構音に対する分析と合成
荒井隆行、岡崎恵子, 今富摂子
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
SP94-100巻, 15-20頁
1995/03



510 研究論文(学術雑誌)
共著
成人の開鼻声の定量的評価---スペクトラムエンベロープの傾きを用いて---
平井沢子, 加藤正子, 岡崎恵子, 荒井隆行
音声言語医学
日本音声言語医学会
36巻 1号, 143-144頁
1995/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


511 研究論文(学術雑誌)
共著
口蓋化構音の音響分析に対する合成音声を用いた検討
荒井隆行、岡崎恵子, 今富摂子
音声言語医学
日本音声言語医学会
36巻 1号, 144-145頁
1995/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


512 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の有声定常部抽出による話者認識(第2報)
吉永真之, 荒井隆行, 吉田裕一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
1995巻 1号, 77-78頁
1995/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


513 研究論文(学術雑誌)
共著
音声の有声定常部抽出による話者認識
荒井 隆行、吉永真之,吉田裕一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
21-22頁
1994/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


514 研究論文(学術雑誌)
共著
正書記述からの音韻ラベル自動生成 における音韻規則の適用
荒井 隆行、大附克年, 白井克彦
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
211-212頁
1994/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


515 研究論文(学術雑誌)
単著
Mono-Phonemesに基づく言語識別の検討
荒井 隆行
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
219-220頁
1994/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


516 研究論文(学術雑誌)
共著
健常成人の音声の音響的特徴:健常児との比較
平井沢子, 岡崎恵子, 荒井隆行
聴能言語学研究
日本聴能言語学会
11巻 2号, 96-96頁
1994/09
09128204
このISSNでOPACを検索する


517 研究論文(学術雑誌)
共著
音韻列情報を用いた電話音声に対する 言語識別
荒井 隆行, R.Cole, E.Barnard
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
169-170頁
1994/03
13403168
このISSNでOPACを検索する


518 研究論文(学術雑誌)
共著
小児の開鼻声の定量的評価―スペクトラムエンベロープの傾きを用いて―
平井沢子, 荒井隆行, 岡崎恵子
音声言語医学
日本音声言語医学会
35巻 1号, 115-116頁
1994/01
00302813
このISSNでOPACを検索する


519 研究論文(学術雑誌)
共著
瞬時パワースペクトルを用いたス ぺクトログラムについて
荒井 隆行、福井聡, 吉田裕一
電子情報通信学会春季大会講演論文集
電子情報通信学会
258-頁
1992/03



520 研究論文(学術雑誌)
共著
零交差自己相関関数計算装置 を用いた実時間母音認識
荒井 隆行、神尾広幸,吉田裕一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
163-164頁
1991/10
13403168
このISSNでOPACを検索する


521 研究論文(学術雑誌)
共著
音声信号の零交差波による復元について--- 零交差波および擬似スペクトル反転信号零交差波による音声 信号の復元
荒井 隆行、吉田裕一
電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声
電子情報通信学会
SP90-78巻, 7-13頁
1991/01



522 研究論文(学術雑誌)
共著
音声信号の零交差波形による復元について
荒井 隆行、吉田裕一
日本音響学会研究発表会講演論文集
日本音響学会
199-200頁
1990/09
13403168
このISSNでOPACを検索する