著書
公開件数:9件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN 概要
1 『音声知覚の基礎』
ジャック・ライアルズ著 ; 新谷敬人, 北川裕子, 石原健訳 ; 荒井隆行[他]監訳

海文堂出版
2003/10
4303610305
このISBNでOPACを検索する

2 『音入門 : 聴覚・音声科学のための音響学』
荒井隆行, 菅原勉監訳 ; チャールズ・E. スピークス著

海文堂出版
2002/11
4303610208
このISBNでOPACを検索する

3 『音声・聴覚のための信号とシステム』
荒井隆行, 菅原勉監訳 ; スチュアート・ローゼン, ピーター・ハウエル著 ; 今富摂子 [ほか] 訳

海文堂出版
1998/08
4303610100
このISBNでOPACを検索する

4 『音声の音響分析』
荒井隆行, 菅原勉監訳 ; レイ・D・ケント, チャールズ・リード著

海文堂出版
1996/05
4303610003
このISBNでOPACを検索する

5 『ディジタル信号と超関数』(プラタンBOOKS)
吉野邦生, 荒井隆行著

海文堂出版
1995/04
4303722901
このISBNでOPACを検索する

6 『Dynamics of speech production and perception』 (NATO science series, ser. 1 . Life and behavioural sciences ; v. 374) 「The role of temporal dynamics in understanding spoken language」
Steven Greenberg, Takayuki Arai, Ken W. Grant edited by Pierre Divenyi, Steven Greenberg and Georg Meyer

IOS Press
2006
1586036661
このISBNでOPACを検索する

7 Historical and procedural overview of forensic speaker recognition as a science
K. Amino,T. Osanai,T. Kamada,H. Makinae and T. Arai(Patil, H., and Neustein, A. (Eds.))
p.3-20
Springer,New York
2011/10
9781461402626
このISBNでOPACを検索する

8 Effects of the phonological contents and transmission channels on forensic speaker recognition
K. Amino,T. Osanai,T. Kamada,H. Makinae and T. Arai(Patil, H., and Neustein, A. (Eds.))
p.275-308
Springer,New York
2011/10
9781461402626
このISBNでOPACを検索する

9 『Dynamics of speech production and perception』 (NATO science series, ser. 1 . Life and behavioural sciences ; v. 374) 「The role of temporal dynamics in understanding spoken language」
Steven Greenberg, 荒井隆行, Ken W. Grant, (ed.by) Pierre Divenyi, Georg Meyer
171-190
IOS Press
2006/09
1586036661
このISBNでOPACを検索する