English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

教授 
神澤 信行 
カンザワ ノブユキ 
Kanzawa Nobuyuki 

学位
博士(理学)  千葉大学  1996/03/25 

免許・資格
普通自動車一種免許  1986/04/01 
詳細表示...

教育・研究活動状況
現在の担当科目:生物化学IA, 科学技術英語, 生体運動特論 等
教育・研究の両面で自分の力で考える能力を大切に考えている。実際の授業では、与えられた知識の習得だけでなく、研究の現場を意識した取り組みをしている。つまり、異なる状況の中で知識をいかに選択し、また引き出すことができるかを、実践的な課題をこなすことでスキルアップできる様に配慮している。
研究では、植物の傾性運動の統合的な理解を目標に邁進している。学生との議論の場でも、これまでの知識と実際に得られた結果の中から、答えのない研究活動の中でどのように次の一歩を踏み出すか、自分で考えられる力が付くように配慮している。さらに、実際の研究の展開では、常に世界のスタンダードを意識し、その中で研究の独自性を維持しつつ、社会に対して公開しえる結果を出すことを心がけている。 

研究分野
機能生物化学 

研究キーワード
アパタイト 
細胞骨格 
アクチン 
ミオシン 
分化 

研究テーマ
植物の傾性運動メカニズムの解明  1996-現在 
新規骨代替材料の機能評価と応用  2002-現在 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
LOF/MetE結合によって引き起こされる生理機能の解析  科学研究費  特定領域研究(公募)  2014/04-2016/03 
再生心筋組織構築のための蛍光タンパク質を用いた評価系の確立  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04-2016/03 
植物由来生理活性物質の作用機構の解明  科学研究費  特定領域研究(公募)  2012/04-2014/03 
生命機能マテリアルによる次世代再生医療技術の構築および垂直統合型研究拠点形成  その他  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業  2011/04-2016/03 
多機能性キレート硬化型骨修復セメントの開発  その他  平成21年度想像展開プロジェクト  2009/10-2013/09 
詳細表示...

著書
『Handbook of Proteolytic Enzymes 3rd ed. Vol. 1』 「Myosinase」  Nobuyuki Kanzawa[etc.], edited by Neil D. Rawlings, Guy Salvesen  Elsevier Academic Press  2013/01/03 
『Principles of molecular cardiology』 (Contemporary cardiology) 「Induction and Patterning of Purkinje Fiber Network」  Takashi Mikawa, Robert G. Gourdie, Kimiko Takebayashi-Suzuki, Nobuyuki Kanzawa,David J. Pennisi, Clifton P. Poma, and Maxim Shulimovich[etc.], (ed.by)Marschall S. Runge, Cam Patterson  Humana Press  2005/01 
『Reflexive polymers and hydrogels : understanding and designing fast responsive polymeric systems』 「Seismonastic movements in plants」  Nobuyuki Kanzawa, Takahide Tsuchiya[etc.], (ed.by)Nobuhiko Yui, Randall J. Mrsny, Kinam Park  CRC Press  2004/03 
『心臓における生命現象の分子生物学』  小室一成編著 神澤信行, 三川 隆  メディカルレビュー社  2001/06 
詳細表示...

論文
Staphylococcus aureus detection by fluorescent silica nanoparticles modified with metal-dipicolylamine complexes.  Kasai Y., Kobayashi H., Tsuchido Y., Hashimoto T., Kanzawa N., Hayashita T.  Chem Lett  The chemical society of Japan  2016/06 
cDNA sequence analysis and structural phylogenetic tree of novel myoglobin from striped snake-head fish (Ophicephalus striatus).  Chotichayapong C., Chanthai S., Sattayasai N., Kanzawa N., Tamiya T. and Tsuchiya T.  Orient. J. Chem.  2016/04/01 
Purification, peptide mapping and spectroscopic characterization of myoglobin from striped snake-head fish (Ophicephalus striatus).  Chotichayapong C., Sattayasai N., Kanzawa N., Tamiya T., Tsuchiya T., Chanthai S.  Orient. J. Chem  2016/04/01 
Studies on connexin 43, a gap-junction protein, in P19 embryonal carcinoma cells after culture on an apatite fiber scaffold.  Kanzawa N., Takano H., Yasuda K., Takahara M., Aizawa M.  Key Engineer. Mater.  2016/01 
Real-time evaluation of the effects of dexamethasone on osteoblasts using dual labeling with fluorescent probes.  Hitomi Ohsugi, Junichi Hatsukawa, Masahiro Takahara, Mamoru Aizawa, Nobuyuki Kanzawa  Key Engineering Materials  Trans Tech Publications  2014/11 
詳細表示...

研究発表
Analysis of effects of glucocorticoid on osteoblast differentiation using a double-fluorescent marker system.  Archives of BioCeramics Research 2013  2013/12 
Proliferation and differentiation of P19.CL6 cells cultured in apatite-fiber scaffolds.  Archives of BioCeramics Research 2013  2013/12 
Biological evaluation of lactoferrin-loaded chelate-setting apatite cement.  Archives of BioCeramics Research 2013  2013/12 
MetE binds directly to leaf-opening factor and regulates nyctinastic movement of Cassia plant.  The 2nd Int. Symp Chem Biol Nat Prod  2013/10 
Localization analysis of MetE, a receptor for the Leaf-Opening Factor of the genus Cassia.  2012 Annual Meeting of the American Society for Cell Biology  2012/12 
詳細表示...

知的財産権
特許  イカ由来のミオシン分解酵素  2002-339321  2002  2004-166657  2004 
詳細表示...

教育実績
電子媒体の活用と実践  2006/04-2008 
詳細表示...

社会活動
小学館「ドラえもん もっと! ふしぎのサイエンス Vol.4」  2014-現在 
朝日新聞 土曜日Be版 「オジギソウは、なぜおじぎする?」    2012/10/20-現在 
TV出演  2006/12/10-現在 
国際会議 財務委員  2004-2004 
詳細表示...

所属学協会
アメリカ細胞生物学会 
日本動物学会 
米国バイオマテリアル学会  2006-現在 
日本バイオマテリアル学会  2006/04/01-現在 
日本植物生理学会  2004-現在 
詳細表示...