English
上智大学 
理工学部 
機能創造理工学科 

教授 
高井 健一 
タカイ ケンイチ 
Takai Kenichi 

1965年生まれ  
 
個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
・1990~1999:日本電信電話株式会社にて、通信用材料の研究に従事
(1)コンクリートポール用PC鋼材の遅れ破壊に関する研究、(2)通信アンテナ用超撥水・難着雪材料の開発、(3)光触媒材料の研究開発
・1999~:上智大学理工学部機械工学科にて、機械・構造材料および機能性材料の研究開発に従事
 (1)高強度鋼の水素による遅れ破壊に関する研究、(2)燃料電池システム用材料の水素環境脆化に関する研究、(3)各種金属材料中の水素の存在状態解析と水素の可視化技術の開発、(4)石英系光ファイバの環境脆化機構の解明、など 

職歴
日本電信電話株式会社  技師  1990/04/01-1999/03/31 
独立行政法人 産業技術総合研究所  外来研究員  2006/07/03-2009/03/31 

学歴
早稲田大学  理工学部  材料工学科  1988/03/31  卒業 
早稲田大学  理工学研究科  資源及材料工学専攻  修士  1990/03/31  修了 

学位
博士(工学)  早稲田大学  1996/03/31 

教育・研究活動状況
教育活動(主な担当講義):
 マテリアルサイエンス、エネルギーと材料、材料工学特論、機能創造理工学実験演習2,
Energy & Material、機械工学輪講、理工学概論
研究活動(主な研究テーマ):
・水素エネルギー社会に向けたインフラ材料の研究
・高強度鋼の水素脆化に関する研究
・光ファイバ中の環境因子の同定と脆化メカニズムの解明 

研究分野
構造・機能材料 
金属物性・材料 
無機材料・物性 

研究キーワード
水素 
脆化 
遅れ破壊 
金属 
高強度鋼 
破壊 
環境脆化 
ステンレス鋼 
チタン 
トラップサイト 
水、水素 
アルミナ、ジルコニア、SiC 
光ファイバ 

研究テーマ
高強度鋼の遅れ破壊に関する研究 
金属中の水素の存在状態に関する研究 
燃料電池システム用高強度ステンレス鋼の水素存在状態と環境脆化 
チタン・チタン合金中の水素存在状態解析 
石英系光ファイバの環境脆化機構の解明 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
最新分析技術を駆使した材料中の水素-転位ダイナミックス検出と脆化メカニズム解明  2006-2009 
水素機器に使用される金属材料・非金属材料の強度評価  2006-2007 
水素トラップエネルギー制御により水素脆性を克服した高強度材料の創製  2005-2008 
水素トラップエネルギー制御により水素脆性を克服した高強度材料の創製  2005-2007 
ギガサイクル疲労破壊機構に及ぼす水素の影響の解明と疲労強度信頼性向上方法の確立  2002-2007 
詳細表示...

著書
水素利用技術集成 vol.5  監修:井上雅弘、執筆者:高井健一、他  (株)エヌ・ティー・エス  2018/12/14 
水素機能材料の解析  折茂慎一、犬飼潤治編  共立出版  2017/12/25 
『しなやかで強い鉄鋼材料』  高井健一  (株)エヌ・ティー・エヌ  2016/06/13 
『自動車軽量化のための材料開発と強度、剛性、強靭性の向上技術』  高井健一  (株)技術情報協会  2015/06/30 
『気泡・ボイドの発生メカニズムと未然防止・除去技術』  菅原隆企画編集 ; 高井健一[他]著  技術情報協会  2014/02/01 
詳細表示...

論文
破壊形態が異なる焼戻しマルテンサイト鋼の水素脆化感受性評価  小川 吉平, 松本 優,鈴木 啓史, 高井 健一  鉄と鋼  日本鉄鋼協会  2019/01/01 
Identification of lattice defects beneath fracture surfaces of cold-drawn pearlitic steel fractured in elastic/plastic regions in the presence of hydrogen  K Nishiyama, T Manabe, D Hirakami and K Takai  Proceedings of 5th international Conference on Recent Trends in structual Materials, COMAT 2018, Nov. 14th-16th 2018, Czech, CD-ROM,  tanger Ltd.  2018/11/14 
Changes in the substructure of tempered martensitic steel during the application of cyclic elastic stress in the presence of hydrogen  M Ohori, T Chiba, Y Matsumoto, H Suzuki and K Takai  Proceedings of 5th international Conference on Recent Trends in structual Materials, COMAT 2018, Nov. 14th-16th 2018, Czech, CD-ROM,  Tenger Ltd.  2018/11/14 
Dependence of trapping states on the hydrogen content of high-carbon ferrite-austenite dual-phase steel  D. Sekine, Y. Sakiyama, T. Omura and K. Takai  Proceedings of 5th international Conference on Recent Trends in structual Materials, COMAT 2018, Nov. 14th-16th 2018, Czech, CD-ROM,  tanger Ltd.  2018/11/14 
Comparison of hydrogen behavior trapped at precipitated and undissolved vanadium carbide in vanadium-bearing high strength steels  K. HOKAZONO, M. KAWAMORI, Y. MATSUMOTO, K. TAKAI  Proceedings of 5th international Conference on Recent Trends in structual Materials, COMAT 2018, Nov. 14th-16th 2018, Czech, CD-ROM,  Tanger Ltd.  2018/11/14 
詳細表示...

受賞
文部科学省ナノテクノロジープラットホーム平成25年度利用6大成果賞  弾性応力下におけるマルテンサイト鋼中の水素起因講師欠陥の形成促進と水素脆化  2015/01/30 
技術賞  2014/05/19 
澤村論文賞  Enhanced Lattice Defect Formation Associated with Hydrogen and Hydrogen Embrittlement under Elastic Stress of a Tempered Martensitic Steel  2014/03/21 
日本鉄鋼協会学術記念賞(西山記念賞)  2008/03/26 
日本鉄鋼協会山岡賞  1998 
詳細表示...

教育実績
授業評価の活用・反映  2003/04/01-現在 
論文の書き方指導  2003/04/01-現在 
情報機器および電子メディアの利用  2003/04/01-現在 
授業運営の工夫  2003/04/01-現在 
学会発表での促進  2003/04/01-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本機械学会 
腐食防食学会 
日本金属学会 
日本鉄鋼協会  1992-現在 
詳細表示...

委員歴
財団法人金属系材料研究開発センター  先端的鉄鋼材料開発基礎調査委員会委員  2005/09/16-2006/03/31 
物質・材料研究機構  スパイラル研究作業委員会委員(遅れ破壊研究)  2001/04/02-2003/03/31 
金属材料技術研究所  スパイラル研究作業委員会委員  2001/01/10-2001/03/31 
詳細表示...