競争的資金等の研究課題
公開件数:9件
No. タイトル 資金の種類 研究種目 共同研究・資金提供機関 制度名 研究期間 共同研究者名 概要
1 学習指導要領に関する認識と実践
その他
その他
英語教育研究センター

2014/06/01-2015/03/31
藤田保(上智大学)、狩野晶子(上智大学)、森博英(日本大学)
中高教員お学習指導要領に対する認識と実践について、11年間の研究結果との変化を調査。また、現在施行されている学習指導要領に対する認識と実践、そして、今後、英語教育の在り方に関する有識者会議で提案されているこれからの学習指導要領の内容に対する考え方を調査する。
2 ALTの役割に関する研究
その他

インタラク

2012/09/01-2014/03/31
和泉伸一、清水崇文、狩野晶子
ALTが日本の英語教育の中で果たすべき、また、果たせる役割について全国調査を実施
3 大学院教育の国際化にむけて:メンターシップによる院生育成
科学研究費



2012-2015
坂本光代、吉田研作、渡部良典、和泉伸一、リサ・フェアブラザー

4 早期英語教育実態調査
その他



2006-2007
渡部良典(外国語学部)、和泉伸一(外国語学部)、坂本光代(外国語学部)、森博英(日本大学)、豊田ひろ子(杏林大学大学院)、鈴木利彦(一般外国語教育センター)
早期英語教育に関する検証事項を設定し、その検証を行う
5 一般航空操縦士英語能力証明試験開発
その他

(財)航空輸送技術研究センター

2006-2007
和泉伸一(外国語学部、国際言語情報研究所)、小柳かおる(国際教養学部、国際言語情報研究所)、清水崇文(国際教養学部、国際言語情報研究所)、安間一雄(玉川大学、上智大学国際言語情報研究所客員研究員)、荒井貴和(上智大学非常勤講師、国際言語情報研究所客員研究員)
一般航空操縦士用英語能力国家試験開発
6 操縦士に対する航空英語能力証明試験の開発
その他

財団法人航空輸送技術研究センター

2005-2006
和泉伸一(上智大学、国際言語情報研究所)、マイケル・ミルワード(上智大学、国際言語情報研究所)、田中幸子(上智大学)、小柳かおる(上智大学)、清水崇文(上智大学)、安間一夫(玉川大学)、荒井貴和(上智大学非常勤講師)
2008年から義務付けられる国際線パイロットに必要な英語力を測定するテストのモデルの開発
7 東アジア高校英語教育調査
その他

ベネッセコーポレーション

2003-2005
渡部良典(秋田大学)、根岸雅史(東京外国語大学)、長沼君主(清泉女子大学)、權五良(ソウル国立大学)、ベネッセコーポレーション国際教育事業部、ベネッセ教育総研
日韓中国の高校生の英語力(客観テストと自己報告)の相違点が明らかになり、また、3国の教員の教え方の違いなどについても解明できた。
8 発信型コミュニケーションのための英語能力自動測定技術の研究
科学研究費
基盤研究(B)一般
科学研究費補助金(基盤研究(B)No.16300048

2004-2007
柳田益造(同志社大学大学院)、西納春雄(同志社大学)、隅田英一郎(ATR-SLT)、安田圭志(ATR-SLT)、松本一則(ATR-SLT(㈱KDDI研究所)、吉田研作(上智大学)
和英翻訳のコンピュータによる自動評価システムの開発
9 中学校・高等学校段階で求められる英語力の指標に関する研究
その他

文部科学省

2002-2004
藤田保(上智短期大学)、渡部良典(秋田大学)、森博英(日本大学)、鈴木栄(神奈川県立神奈川総合高等学校)、長田美佐(埼玉県立川越初雁高等学校)
中高教員の教え方、理念、また、教え方と生徒の英語力(高校生)の相関から様々な教員の因子、生徒側の因子を抽出、その相関から現代日本の英語教育の現状を明らかにした。