English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

准教授 
小林 健一郎 
コバヤシ ケンイチロウ 
Kobayashi Kenichiro 

1952年生まれ  
 

研究経歴
1975年ー1980年 東京都立大学理学部生物学科生理化学研究室 プテリンの生化学的研究
1980年ー現在 上智大学生命科学研究所比較生化学部門および上智大学理工学部物質生命理工学科環境生物学研究室 無尾両生類の変態の生化学的研究、および無尾両生類の環境適応の研究 

学歴
東京都立大学  理学部  生物学科  1975/03/31  卒業 
東京都立大学  理学研究科  生物学専攻  修士  1977/03/31  修了 
東京都立大学  理学研究科  生物学専攻  博士  1980/03/31  単位取得満期退学 

学位
理学博士  東京都立大学  1981/04/16 

教育・研究活動状況
環境生物学は生活環境と生物の関係を扱う学問分野であり、環境適応はこの大きな分野の主要なテーマの一つである.どの生物も生活環境に適応した形質をもっている.その姿はそれぞれの種に特有であり、数千万とも言われる地球生物の種はそれぞれ異なったニッチ(生態的地位)を生態系の中で占めている.
 私たちは実験的手法で環境適応を研究していおり、現在、動物の食生活に見られる適応を、両生類を対象として調べている.脊椎動物である両生類には、無尾両生類であるカエルとその幼生(オタマジャクシ)が含まれる.食性を比較すると、カエル(成体)が肉食であるのに対してオタマジャクシは藻などを食べる草食であることが多い.親と子がそれぞれ陸上と水中で異なったニッチを占めているのが両生類の特徴である.
 その食性を反映して、オタマジャクシの消化のしくみはカエルとは異なる点が多い.特に注目されるのは、胃をもたず長い消化管をもつこと、共生微生物による消化をおこなっているとされることである.食生活に適応したオタマジャクシの形質と、その適応的形質の進化を調べることを研究課題としている. 

研究分野
動物生理・行動 
生物多様性・分類 

研究キーワード
環境適応 
無尾両生類 
カテプシンE 
両生類 
消化 
プテリン 
前腸 
無尾両生類幼生(オタマジャクシ) 

研究テーマ
両生類プテリン化合物の比較生化学的研究 
両生類のカテプシンEの比較生化学的研究 
無尾両生類の消化器官の環境適応 
詳細表示...

論文
Purification and molecular cloning of aspartic proteinases from the stomach of adult Japanese fire belly newts, Cynops pyrrhogaster  Nagasawa, T., Sano, K., Kawaguchi, M., Kobayashi, K., Yasumasu, S., Inokuchi, T.  J. Biochem.  2016 
Molecular cloning of pepsinogens A and C from adult newt (Cynops pyrrhogaster) stomach  Inokuchi Tomofumi, Ikuzawa Masayuki, Yamazaki Shin, Watanabe Yukari, Shiota Koushiro, Katoh Takuma, Kobayashi Ken-ichiro  Comparative Biochemistry and Physiology Part B: Biochemistry and Molecular Biology  Pergamon Press  2013/08 
Cloning and expression of xP1-L, a new marker gene for larval surface mucous cells of tadpole stomach in Xenopus laevis.  Ikuzawa Masayuki, Yasumasu Shigeki, Kobayashi Ken-ichiro, Iuchi Ichiro  Gene Expression Patterns  Elsevier  2007/12 
Expression of CCAAT/Enhancer Binding Protein δ is Closely Associated with Degeneration of Surface Mucous Cells of Larval Stomach during the Metamorphosis of Xenopus laevis  Masayuki Ikuzawa; Ken-ichiro Kobayashi; Shigeki Yasumasu; Ichiro Iuchi  Comparative Biochemistry and Physiology Part B: Biochemistry and Molecular Biology  Pergamon Press  2005/03 
Stomach Remodeling-Associated Changes of H+/K+-ATPase ß Subunit Expression in Xenopus laevis, and H+/K+-ATPase-Dependent Acid Secretion in Tadpole Stomach  Masayuki Ikuzawa, Shigeki Yasumasu, Ken-Ichiro Kobayashi, Tomofumi Inokuchi andIchiro Iuchi  Journal of Experimental Zoology Part A: Comparative Experimental Biology  Wiley-Liss, Inc.  2004/12 
詳細表示...

研究発表
ウシガエルの幼生前腸の消化機能の再検討  日本動物学会第88回大会  2017/09/23 
アカハライモリ胃部域アスパラギン酸プロテアーゼのクローニング  日本動物学会第84回大会  2013/09/26 
アカハライモリ成体胃部域アスパラギン酸プロテアーゼの精製と発現時期の解析  日本動物学会第83回大会  2012/09/15 
イモリペプシノーゲンのcDNAクローニングと胃部域後期発生の無尾類との比較  日本動物学会第81回大会  2010/09/25 
イモリペプシノーゲンのcDNAクローニングと胃部域後期発生の無尾類との比較  日本動物学会第81回大会  2010/09/25 
詳細表示...

所属学協会
日本比較生理生化学会 
日本生化学会 
日本動物学会 
詳細表示...