English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

教授 
大井 隆夫 
オオイ タカオ 
Oi Takao 

1952年生まれ  
 

研究経歴
1) イオン交換法による同位体分離(1977~)
2) 電気泳動法による同位体分離(1975~1976)
3) 蒸気圧同位体効果(1979~1984)
4) 零点エネルギーと同位体効果(1980~1986)
5) 草津白根山地域の地球化学(1984~)
6) ホウ素,リチウム並びに塩素同位体地球化学(1984~)
7) 中性子放射化分析法の地球化学への応用(1985~2005)
8) 無機イオン交換体の創製と同位体分離への応用(1989~)
9) 分子軌道法による同位体効果の解明(1998~)
10) 酸化還元系における同位体効果(1998~)
11) 分子振動に基づかない同位体効果の検出(2002~)
12) クラウンエーテル樹脂を用いる同位体分離(2004~)
13) MDによる同位体効果の解明(2007~)
14) 放射性廃棄物の地層処分に関わる研究(2010~)
15) 燃料電池における水素・酸素同位体効果(2012~) 

学位
理学士  東京工業大学  1974/03/31 
工学修士  東京工業大学  1976/03/31 
工学博士  東京工業大学  1979/03/31 

教育・研究活動状況
 教育においては、化学科学部学生向けの無機・物理化学関連の3講義と1化学実験、大学院生向けの1講義、および教職課程の理科教育法を担当している。また、無機化学研究室の他の教員と共同で毎年10人前後の卒業研究生と数名の大学院学生の教育と研究・論文作成指導に当たっている。このような活動を通し、化学科学生の科学技術者としての養成と人間形成に尽力している。
 研究面では、同位体化学とそれに関連する分野を中心に研究を行っている。現在力を入れているテーマは、(ⅰ)無機イオン交換体の調製と、それを利用したリチウム同位体高濃縮、(ⅱ)酸化還元に伴う同位体効果、(ⅲ)分子軌道計算による同位体効果の理論的解明、(ⅳ)異常同位体効果の検出、(ⅴ)天然におけるホウ素同位体の解明、(ⅵ)天然におけるランタノイド元素の分別現象および微量元素の動態調査、である。 

研究分野
原子力学 
無機化学 
地球宇宙化学 
気象・海洋物理・陸水学 
岩石・鉱物・鉱床学 
機能物性化学 

研究キーワード
同位体効果 
同位体分離 
リチウム同位体組成 
量子化学計算 
ホウ素同位体組成 
地球化学 
イオン交換 
希土類元素 
トレーサー 
リチウムイオン二次電池 

研究テーマ
同位体効果・同位体分離 
ホウ素並びにリチウム同位体地球化学 
ランタノイド元素の地球化学 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ
選択的リチウム同位体吸着剤の合成  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
中国産ホウ素鉱物の同位体組成  1998-2000 
詳細表示...

著書
『原子力化学と核燃料サイクル』 (原子力・量子・核融合事典 / 原子力・量子・核融合事典編集委員会編, 第3分冊)  原子力・量子・核融合事典編集委員会編, 工藤和彦(編集委員長), 大井隆夫[他](編集委員)  丸善出版  2014/12 
『基礎化学 原子・分子の構造と化学結合』  大井隆夫, 板谷清司, 竹岡裕子共著  コロナ社  2014/03/10 
『塩試験方法 第4版』  塩事業センター編  塩事業センター  2013/09 
『塩試験方法 第3版』  大井隆夫、山根兵、赤間美文、井川学、上原伸夫、尾方昇、鴨志田智之、古賀明洋、下村富雄、新野靖、山田正昭  塩事業センター  2007/01 
『塩試験方法 第2版』  塩事業センター編  塩事業センター  2002/01 
詳細表示...

論文
Lead and lithium isotope ratios and their variation in atmospheric deposits in Fukuoka, Japan in the 1960s  Yoshikazu Kikawada, Naoto Karasawa, Yusuke Matsumoto, Takao Akamine, Takao Oi, Katsumi Hirose  Procedia Earth and Planetary Science  Elsevier  2015 
Density functional theory calculations of H/D isotope effects on polymer electrolyte membrane fuel cell operations  Satoshi Yanase, Takao Oi  Zeitschrift für Naturforschung A  Gruyter  2015 
Immobilization of cesium by zirconium phosphate  Natsumi Nomura, Yoshikazu Kikawada, Takao Oi  Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry  Springer Netherlands  2015/05 
Calcium isotope fractionation in liquid chromatography with benzo-18-crown-6 resin in aqueous hydrobromic acid medium  Takuya Sato, Takao Oi  Journal of Nuclear Science and Technology  Taylor & Francis  2015/05 
Lithium isotope effects upon electrochemical release from lithium manganese oxide  Koji Okano, Yuta Takami, Satoshi Yanase, Takao Oi  Energy Procedia  Elsevier  2015/05 
詳細表示...

研究発表
Chemical forms of radioactive Cs in recent airborne particulate matters in Japan  24th Annual V.M. Goldschmidt Conference  2014 
Strontium, lithium and lead isotope ratios in atmospheric deposits in Fukuoka, Southwest Japan in the 1960s  24th Annual V.M. Goldschmidt Conference  2014 
Water circulation system of crater lakes of Kusatsu-Shirane volcano studied by FDNPP-derived radioactive cesium as hydrological tracer  Cities on Volcanoes 8 (COV8)  2014 
Mobility of radioactive cesium in soils originated from the Fukushima Daiichi nuclear disaster; Application of extraction experiments  17th Radiochemical Conference (RadChem2014)  2014 
Chemical forms of radioactive Cs in soils originated from Fukushima Dai-ichi nuclear power plant accident, as studied by extraction experiments  The fifth international symposium in the series of Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC 13)  2013 
詳細表示...

知的財産権
特許  リチウム同位体分離剤及びそれを用いたリチウム同位体分離法  平03-182113  1991/04/22  平06-106031  1994/04/19 
詳細表示...

受賞
日本イオン交換学会特別賞  2015/10 
日本イオン交換学会学術賞  2003/11 
日本海水学会学術賞  2000 
詳細表示...

その他
群馬県万座の温泉水・河川水に関する地球化学的研究 1997 
中国産ホウ素鉱物の同位体組式 1998 
中国Qarhan塩湖の調査 1994 
長野県,群馬県の温泉調査 1993 
指宿温泉水の起源に関する研究 1993 
詳細表示...

教育実績
Power Point・ハンドアウトの活用  2008-現在 
レポートの書き方の指導  2001-2008 
小テストの活用  1998-2008 
ハンドアウトの活用  1998-2008 
詳細表示...

教科書・教材
化学実験INテキスト  2001 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会 
日本原子力学会 
日本地球化学会 
日本海水学会 
日本イオン交換学会  1992/01-現在 
詳細表示...