English
上智大学 
文学部 
英文学科 

教授 
松本 朗 
マツモト ホガラ 
Matsumoto Hogara 

 

研究経歴
1999年ー2002年 Virginia Woolfの小説を中心とするモダニズム文学における人種とジェンダーの問題に関する研究
2003年ー2008年 戦間期イギリス文学を後期モダニズムと帝国の文化の文脈に位置づけ、再解釈する研究
2008年ー     1980年代以降のイギリスのヘリテージ映画およびポスト・ヘリテージ映画に関する研究
2014年ー     戦間期イギリスにおけるハイブラウの文学とミドルブラウの文学の相克に関する研究 

職歴
防衛大学校  助手  2000/04/01-2002/03/31 
防衛大学校  講師  2002/04/01-2003/03/31 

学歴
東京都立大学  人文科学研究科  博士  2000/03/31  単位取得満期退学 
東京都立大学  人文科学研究科  修士  1997/03/31  修了 
ワシントン州立ワシントン大学  英文学部  English Department  1994/12/15  卒業  アメリカ合衆国(米国) 

学位
学士(英文学)  ワシントン州立ワシントン大学  1994/12/15 
修士(文学)  東京都立大学  1997/03/25 
博士(文学)  東京都立大学  2002/06/20 

免許・資格
実用英語技能検定1級  1996/07/23 
詳細表示...

教育・研究活動状況
主に20世紀のイギリス小説を研究している。第一次大戦後に、蓄音機、ジャズ、映画など、新興国「アメリカ」の資本主義的な力を象徴するような消費文化が隆盛になることによって、戦間期のイギリス文学がどのように変容したのか、その変容を引き起こしたモダニティの条件とは何なのか、を探ることに関心を抱いている。
大学院では、以上の問題意識をもとに、最近の「モダニズム研究」や文化史の動向をふまえたうえで、テクストを精読するだけでなく、テクストに新しい光をあてる方法をメタ的に考察する授業をおこなっている。
学部生用のReadingのクラスでは、本学には卒業後に英語教育に携わる者が多いことを考慮して、精読と多読を織り交ぜるかたちで高度な英文読解能力を養うだけでなく、メタ的に「英語読解能力の向上のためにはどのような学習法が効果的か」を考えさせる授業をおこなっている。
学部生用の演習では、卒業論文の執筆を視野にいれながら、リサーチの方法、論理的思考方法、論文の作成方法を実践的に指導している。 

競争的資金等の研究課題
ポスト・ニュー・ウーマンーー戦間期合衆国のモダニズムの形成におけるモダン・ガールの役割  奨学寄附金  研究員プログラム  2009/10/01-2010/09/30 
イギリス・ヘリテージ映画とナショナル・アイデンティティに関する文化史的研究  科学研究費  基盤研究(B)一般  2013/04/01-2018/03/31 
英国ミドルブラウ文学・文化に関する学際的研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2014/04/01-2018/03/31 
詳細表示...

著書
『Woolf across cultures』  (ed. by) Natalya Reinhold ; Maria DiBattista, MATSUMOTO HOGARA  Pace University Press  2004/08 
『転回するモダン : イギリス戦間期の文化と文学』 「帝国.三冊の「モダンガール」小説」  遠藤不比人, 大田信良, 加藤めぐみ, 河野真太郎, 高井宏子, 松本朗編  研究社  2008/07/25 
『機械という名の詩神 : メカニック・ミューズ』 (SUPモダン・クラシックス叢書)  ヒュー・ケナー著 ; 松本朗訳  Sophia University Press 上智大学出版 , ぎょうせい (発売)  2009/01/30 
『ポスト・ヘリテージ映画--サッチャリズムの英国と帝国アメリカ』 「ケイト・ウィンスレットと文化の移動 : ロマンティック・コメディの「臨界」」  大谷伴子, 松本朗, 大田信良, 加藤めぐみ, 木下誠, 前協子共編  上智大学出版 , ぎょうせい (発売)  2010/03/31 
『ロンドン物語 : メトロポリスを巡るイギリス文学の700年』 「モダニズム-ヴァージニア・ウルフの時代」  河内恵子, 松田隆美編 ; 松本朗[他]著  慶応義塾大学出版会  2011/10/15 
詳細表示...

論文
背後に歴史を掘る - 『ダロウェイ夫人』における外国人の表象  松本朗  Metropolitan  東京都立大学英文学会  1997/03 
“Mrs. Manresa and Between the Acts: Woolf’s Figurative Use of Race.”  MATSUMOTO HOGARA  ヴァージニア・ウルフ研究  日本ヴァージニア・ウルフ協会  1998/09 
語りの構造としてのナルシシズム - 『オーランドー』考  松本 朗  Oberon  南雲堂  1999/12 
Pamela L. Caughie (ed.), Virginia Woolf in the Age of Mechanical Reproduction, New York: Garland Publishing, Inc., 2000  松本朗  ヴァージニア・ウルフ研究  日本ヴァージニア・ウルフ協会  2000/09 
少女性のフィギュレーション ―『ダロウェイ夫人』におけるウルフのモダニスト的レトリック  松本 朗  「防衛大学校紀要 人文科学分冊」  防衛大学校  2001/03 
詳細表示...

研究発表
Race, Gender, and Imperialism in Between the Acts  日本ヴァージニア・ウルフ協会 第78回例会  1998/07/25 
a wedge-shaped core of darkness--ハガード、コンラッド、ウルフ  日本ヴァージニア・ウルフ協会 第21回全国大会  2001/10/27 
Empire and Narration in To the Lighthouse  The Twelfth Annual International Conference on Virginia Woolf at Sonoma State University, California, June 6-9, 2002.  2002/06/08 
An/Other First World War: Virginia Woolf, Sylvia Townsend Warner, and the South Seas  The Fifteenth Annual International Conference on Virginia Woolf at Lewis and Clark College, Portland, Oregon, June 9-12, 2005  2005/06/10 
お茶の水女子大学COE「ジェンダー研究のフロンティア」第3回英語圏年次大会「精神分析と表象研究」(コメンテイター)  2006/02/18 
詳細表示...

教育実績
レポート・論文の書き方の指導  2003/04-2012/12 
ハンドアウトの積極的な利用  2003/04-2012/12 
図書館のリザーブ図書の利用  2003/04-2009/03 
詳細表示...

所属学協会
International Virginia Woolf Society  2002/04-現在 
日本英文学会  2000/04-現在 
日本ヴァージニア・ウルフ協会  1997/04-現在 
日本英文学会関東支部  2007/09/15-現在 
日本エズラ・パウンド協会  2007/02/01-2015/03/31 
詳細表示...