English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

准教授 
橋本 剛 
ハシモト タケシ 
Hashimoto Takeshi 

1970年生まれ  
 

研究経歴
2000.10~ 上智大学理工学部化学科 嘱託助手 
      研究テーマ「βージケトナトルテニウム錯体の反応性と混合原子価状態」
2005.10~ 上智大学理工学部化学科 助手
      研究テーマ「錯体を用いた新しい分離・分析手法の開発」
2007.4~ 上智大学理工学部化学科 助教
2008.4~ 上智大学理工学部物質生命科学科 助教
2015.4~ 上智大学理工学部物質生命科学科 准教授 

職歴
同和鉱業(株)  磁性材料研究所員  1996/04/01-2000/09/30 

学歴
上智大学  理工学研究科  化学専攻  修士  1996/03/31  修了 

学位
学士(理学)  上智大学  1994/03/31 
修士(理学)  上智大学  1996/03/31 
博士(理学)  上智大学  2005/03/08 

免許・資格
博物館学芸員  1994/03/31 
危険物取扱者  1994/11/14 
詳細表示...

研究分野
分析化学 
無機化学 

研究キーワード
超分子錯体 
シクロデキストリン 
β-ジケトナトルテニウム錯体 
電気化学 
分子認識 

競争的資金等の研究課題
リン酸化合物を特異認識する超分子複合体センサーの開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2015/04/01-2019/03/31 
神経伝達物質に近赤外領域で応答する金属錯体センサーの開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2011/04/01-2014/03/31 
極低温多核NMRを用いたルテニウム二核錯体の混合原子価状態の検出  学内特定研究  学内共同研究  2010-2012 
高機能表面デバイス創製のためのルテニウム均一分散システムの構築  2010-2011 
量子ビットを目指した混合原子価状態の分子認識制御-極低温NMRによるアプローチ-  2007-2009 
詳細表示...

著書
『シクロデキストリンの科学と技術』 (新材料・新素材シリーズ) 「シクロデキストリン複合体を用いる糖認識センサーの開発」  寺尾啓二, 池田宰監修 ; 橋本剛、早下隆士[他]著  シーエムシー出版  2013/12/27 
『分析化学用語辞典』  日本分析化学会編  オーム社  2011/10 
『超分子サイエンス&テクノロジー : 基礎からイノベーションまで』 「クラウンエーテルによる分子認識と超分子形成」  国武豊喜監修 ; 橋本剛,早下隆士[他]著  エヌ・ティー・エス  2009/05 
詳細表示...

論文
Development of Supramolecular Saccharide Sensors Based on Cyclodextrin Complexes and Self-assembling Systems  Yuji Tsuchido, Shoji Fujiwara, Takeshi Hashimoto, and Takashi Hayashita  Chem. Pharm. Bull.  Pharmacy Society of Japan  2017/04/01 
Organoruthenium(II) compounds with pyridyl benzoxazole/benzthiazole moiety: studies on DNA/protein binding and enzyme mimetic activities  Asaithambi Gomathi, Paranthaman Vijayan, Periasamy Viswanathamurthi, Shanmugam Suresh, Raju Nandhakumar, Takeshi Hashimoto  J. Coord. Chem  2017/03/30 
Design and Function of Supramolecular Recognition Systems Based on Guest-Targeting Probe-Modified Cyclodextrin Receptors for ATP  Kyohhei Fujita, Shoji Fujiwara, Tatsuru Yamada, Yuji Tsuchido, Takeshi Hashimoto, and Takashi Hayashita  Journal of Organic Chemistry  American Chemical Society  2016/12/20 
Saccharide Recognition Based on Self-assembly of Amphiphilic Phenylboronic Acid Azoprobes  Yuji Tsuchido, Ryo Sato, Nana Nodomi, Takeshi Hashimoto, Kazunari Akiyoshi, and Takashi Hayashita  Langmuir  American Chemical Society  2016/09/22 
Staphylococcus aureus Detection by Fluorescent Silica Nanoparticles Modified with Metal-Dipicolylamine Complexes  Yuna Kasai, Hiroyuki Kobayashi, Yuji Tsuchido, Takeshi Hashimoto, Nobuyuki Kanzawa, and Takashi Hayashita  Chemistry Letters  Chemical Society of Japan  2016/04/30 
詳細表示...

研究発表
Development of Supramolecular Fluorescent Probe/Cyclodextrin Complex Sensors Possessing Dipicolylamine Unit as Recognition Site  International Conference of Ion Exchange 2014  2014/11/10 
ジピコリルアミノ型超分子複合体の設計とリン酸類認識機能評価  日本分析化学会第63年会  2014/09/18 
単糖の選択的認識機能を持つ超分子複合体の設計と機能評価  日本分析化学会第62年会  2013/09/10 
Design and Evaluation of Supramolecular Sugar Separation Gel Using Soft Molecular Template Effect  The Twelfth Asian Conference on Analytical Sciences (ASIANALYSIS XII)  2013/08/22 
混合原子価状態の制御を目指したルテニウム二核錯体の分子認識  錯体化学会第62回討論会  2012/09/21 
詳細表示...

受賞
平成25年度日本イオン交換学会進歩賞  イオン交換能と分子認識機能を有する超分子/金属錯体型分析試薬の開発  2013/10/17 
詳細表示...

教育実績
オリエンテーションキャンプにおける安全教育の実施  2013/04/04-2016/04/05 
オリエンテーションキャンプにおける安全教育の実施  2008/04/05-2008/04/06 
基礎化学演習・実験の構築  2007/10/01-2012/07/31 
詳細表示...

教科書・教材
物質生命理工学実験A テキスト2016  2016/09/20 
物質生命理工学実験A テキスト2013  2013/09/20 
基礎化学実験・演習 テキスト2011  2011/03/15 
基礎化学実験・演習 テキスト2008  2008/03/15 
詳細表示...

所属学協会
日本分析化学会  2005/07-現在 
錯体化学会  2000/10-現在 
日本化学会  1994/01-現在 
日本イオン交換学会  2010/09-現在 
日本ポーラログラフ学会  2005/10/01-現在 
詳細表示...