日本語
Sophia University 
Faculty of Foreign Studies 
Department of German Studies 

顔写真 Professor 
Kimura Goro Christoph 

My website is here.  

Other affiliation / position
Sophia University  Graduate School of Global Studies  Master's(Doctoral) Program in International Relations  Chairperson of the Master's(Doctoral) Program in International Relations 

Research background
・Sprachgebrauch und Sprachideologie des Sorbischen
・Sprachgebrauch und Sprachideologie des Kornischen
・Entwicklung und Realisierung von Sprachenrechten in Japan und Europa
・Sprachbewusstsein und Selbstkontrolle beim Fremdsprachenlernen
・Typen und Funktionen von interlingualen Kommunikationsmöglichkeiten

・Energiewende in Japan und Deutschland 

Academic degrees
学士(言語・地域文化)  Tokyo University of Foreign Studies  1997/03/24 
修士(学術)  Hitotsubashi University  1999/03/26 
博士(学術)  Hitotsubashi University  2002/03/28 

Current state of research and teaching activities
Forschung: Minderheitensprachen in Europa (Sorbisch, Kornisch u.a.), Sprachenrechte,
Fremdsprachenerziehung (DaF), Interlinguistik,
Energiewende in Japan und Deutschland
Lehre: Deutsch als Fremdsprache, Mehrsprachigkeit und Multikulturalitaet
in Mitteleuropa, Umweltprobleme und -Politik in Deutschland, Soziolinguistik 

Research Areas
Linguistics 
Foreign language education 
Area studies 
International relations 

Research Projects (Competitive Research Funds)
ヨーロッパにおける言語の「領域性」についての歴史的・政策的研究  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2008/04/01-2011/03/31 
媒介言語論の展開と深化  Others  2009-2011 
ヨーロッパの脱領域的多言語化に伴う多言語主義の変化についての比較研究  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2011/04/01-2014/03/31 
海外主要都市における日本語母語話者・学習者[日本語人]の言語行動  Others  2011/04/01-2014/03/31 
代表的な媒介言語の比較研究  Others  2012-Present 
View details...

Bibliography
『ことばを教える・ことばを学ぶ 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育』「言語が異なる人と何語でどのように話すのか―お互いの言語を使う意義と方法について」  泉水浩隆編;木村護郎クリストフ[他]著  行路社  2018 
Aliroj al Esperanto "Lingvoideologia aliro: Ĉu Esperanto vere havas “internan ideon”?"  Kiselmann, Oscar Christer; Corsetti, Renato; Dasgupta, Probal (red.); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]  KAVA-PECH  2018 
„Esperanto als Brückensprache zwischen Deutschen und Polen“  KIMURA GORO CHRISTOPH  Mondial(New York)  2017 
『行動する社会言語学』「言語における「自然」と「人為」- 説明用語から分析対象への転換」、「原発と英語-日本における普及過程、問題構造および対策の共通性-」  かどや・ひでのり/ましこ・ひでのり編著;木村護郎クリストフ[他]著  2017/12 
『多言語主義社会に向けて』「つながり方を探るドイツ・ポーランド国境地域―異言語間コミュニケーションの諸方略」  平高史也・木村護郎クリストフ編著;木村護郎クリストフ[他]著  くろしお出版  2017/11 
View details...

Papers
異言語間コミュニケーションにおける学校の可能性―ドイツ・ポーランド国境の事例から―  木村護郎クリストフ  『学校を通して見る移民コミュニティ-多言語使用と言語意識に関する報告-』(『東京大学言語学論集』)  2018 
木戸沙織『多言語国家ルクセンブルク―教会にみる三言語の使い分けの実例』  木村護郎クリストフ  ドイツ文学  2018/03 
日独共学と「やさしい日本語/leichte Sprache」の導入  米山かおる/木村護郎クリストフ  ドイツ語教育  2018/03 
Signs of De-territorialization?: Linguistic Landscape at the German-Polish Border  Goro Christoph Kimura  Eurasia Border Review  2017 
Interlinguale Strategien als Element der Interkulturalität: Dargestellt am Beispiel des Sprachmanagements einer deutsch-polnischen Theaterinszenierung  Goro Christoph Kimura  Aussiger Beiträge. Germanistische Schriftenreihe aus Forschung und Lehre  2017 
View details...

Research presentations
英語で直接話すか通訳を使うか~ビジネスにおける媒介手段の使い分け~  第20回情報保障研究会  2018/03/25 
なぜ英語のできる人が通訳者を使うのか?―日英ビジネス通訳の事例から―  日本通訳翻訳学会関西支部第47回例会  2018/03/24 
対立・侵略・追放・和解~ドイツ・ポーランド関係史から考える東アジアの隣国関係~  満蒙開拓平和記念館冬期講座  2018/03/17 
ヨーロッパ統合の障壁・資源としての言語 ― 中欧国境地域の言語管理(language management)から ―  北海道大学スラヴ・ユーラシア研究センター客員研究員セミナー  2018/03/15 
Mehrsprachiges Theater als Spiegel und Modell deutsch-polnischer Kommunikation: Beispiele aus der Grenzregion  2018/03/02 
View details...

Others
【翻訳】イジー・ネクヴァピル「チェコの多国籍企業の言語使用と言語管理―言語の機能の観点から―」『多言語主義社会に向けて』(平高史也と共編)くろしお出版、207-219ページ  2017/11 
【翻訳】イジー・ネクヴァピル「言語計画から言語管理へ――J.V.ネウストプニーの継承」(「海外主要都市における日本語人の言語行動」共同研究プロジェクト訳、木村護郎クリストフ監訳)『言語政策』第10号、129-148ページ  2014/03 
イアン・バーンズ(桜内篤子訳)『地図で読むケルト世界の歴史』創元社[コーンウォール語の日本語表記監修]  2013/05 
【翻訳】トーヴェ・スクットナブ=カンガス「言語権の現在 - 言語抹殺に抗して」(編訳)三浦信孝/糟谷啓介編『言語帝国主義とはなにか』、藤原書店、293-314頁  2000/09 
View details...

Teaching achievements
「上智大学多言語白書」、「上智大学環境白書」の<試作版>をゼミで作成した。  2017/07-Present 
ドイツの大学との遠隔合同ゼミを行っている。  2016-Present 
文化政策に関する日独合同遠隔ゼミの実践報告(上智大学ドイツ語学科とケルン大学日本学科)  2013/03/01-2013/03/01 
Kriterien für Lehrende und Studierende an deutschsprachigen Studiengaengen  2007/03/25-Present 
Wie kann ein Dolmetschkurs gestalten werden? - Beispiel für ein Kurrikulum eines praxisorientierten Unterrichtssprojekts  2006/11/18-2006/11/18 
View details...

Textbooks and teaching materials
パーフェクト・フレーズ ドイツ語日常会話  2011/12 
Modelle 3-問題発見のドイツ語  2006/02 
Modelle 2– 問題発見のドイツ語  2005/02 
Lektion 4 Sorbisch ist ‘in’!?  2004/04 
Modelle 1– 問題発見のドイツ語  2004/04 
View details...

Social activities
platforma internetowa "Studia-o-Polsce.Interdyscyplinarnie (Pol-Int)" www.pol-int.org (członek rady naukowej)  2014-Present 
日本手話を授業言語とするろう学校やキリスト教学生寮の評議員、地元の国際交流団体役員や自然エネルギー協議会のアドバイザーなど。  2012-Present 
View details...

Memberships of academic societies
日本社会言語科学会 
日本独文学会 
日本言語政策学会 
Gesellschaft fuer Interlinguistik 
Macica Serbska  2005-Present 
View details...