English
上智大学 
外国語学部 
ドイツ語学科 

顔写真 教授 
木村 護郎クリストフ 
キムラ ゴロウクリストフ 
Kimura Goro Christoph 

個人ウェブサイトはこちら  

その他の所属・職名
上智大学  グローバル・スタディーズ研究科  国際関係論専攻  グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻主任 

研究経歴
・ソルブ語の言語使用および言語イデオロギーの動向
・ケルノウ(コーンウォール)語の言語使用および言語イデオロギーの動向
・言語権概念の発展と実効性
・異言語学習における自己管理、言語意識の発達
・媒介言語の類型と特徴

・ドイツのエネルギー転換の思想と実践 

学位
学士(言語・地域文化)  東京外国語大学  1997/03/24 
修士(学術)  一橋大学  1999/03/26 
博士(学術)  一橋大学  2002/03/28 

教育・研究活動状況
社会を形成・運営する基盤としての言語とエネルギーについて研究・教育を行っています。
いずれも、理論的・一般的検討と、しばしば新しい言語観やエネルギー利用法の震源地・実験場となってきたドイツ(をはじめとするヨーロッパ)の現地調査の往還をとおして、考察を深めていくことをめざしています。

研究:ソルブ語、ケルノウ(コーンウォール)語をはじめとするヨーロッパの少数言語
の動向および言語権など、少数言語の維持・復興に関する研究からはじまり、
言語教育および媒介言語論、すなわち異なる言語を話す人や集団の関係
に関する研究にもとりくんでいます。
地域レベル、国家レベル、国際レベルで
多言語状況とどのように向き合っていけばよいのかを考えています。

以上のような言語社会研究の他、ドイツの「エネルギー転換」の背景にある思想とその実践面との関連についても研究しています。

教育:ドイツ語、ドイツ語圏社会研究(ドイツ・中東欧を中心とするヨーロッパの多文化・多言語状況、環境問題・環境政策)、社会言語学/言語社会学 

研究分野
言語学 
外国語教育 
地域研究 
国際関係論 

競争的資金等の研究課題
ヨーロッパにおける言語の「領域性」についての歴史的・政策的研究  科学研究費  基盤研究(C)企画  2008/04/01-2011/03/31 
媒介言語論の展開と深化  その他  2009-2011 
ヨーロッパの脱領域的多言語化に伴う多言語主義の変化についての比較研究  科学研究費  基盤研究(C)一般  2011/04/01-2014/03/31 
海外主要都市における日本語母語話者・学習者[日本語人]の言語行動  その他  2011/04/01-2014/03/31 
代表的な媒介言語の比較研究  その他  2012-現在 
詳細表示...

著書
『ことばを教える・ことばを学ぶ 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育』「言語が異なる人と何語でどのように話すのか―お互いの言語を使う意義と方法について」  泉水浩隆編;木村護郎クリストフ[他]著  行路社  2018 
Aliroj al Esperanto "Lingvoideologia aliro: Ĉu Esperanto vere havas “internan ideon”?"  Kiselmann, Oscar Christer; Corsetti, Renato; Dasgupta, Probal (red.); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]  KAVA-PECH  2018 
„Esperanto als Brückensprache zwischen Deutschen und Polen“  Fritz Wollenberg (red.); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]  Mondial(New York)  2017 
『行動する社会言語学』「言語における「自然」と「人為」- 説明用語から分析対象への転換」、「原発と英語-日本における普及過程、問題構造および対策の共通性-」  かどや・ひでのり/ましこ・ひでのり編著;木村護郎クリストフ[他]著  2017/12 
『多言語主義社会に向けて』「つながり方を探るドイツ・ポーランド国境地域―異言語間コミュニケーションの諸方略」  平高史也・木村護郎クリストフ編著;木村護郎クリストフ[他]著  くろしお出版  2017/11 
詳細表示...

論文
異言語間コミュニケーションにおける学校の可能性―ドイツ・ポーランド国境の事例から―  木村護郎クリストフ  『学校を通して見る移民コミュニティ-多言語使用と言語意識に関する報告-』(『東京大学言語学論集』)  2018 
木戸沙織『多言語国家ルクセンブルク―教会にみる三言語の使い分けの実例』  木村護郎クリストフ  ドイツ文学  2018/03 
日独共学と「やさしい日本語/leichte Sprache」の導入  米山かおる/木村護郎クリストフ  ドイツ語教育  2018/03 
Signs of De-territorialization?: Linguistic Landscape at the German-Polish Border  Goro Christoph Kimura  Eurasia Border Review  2017 
Interlinguale Strategien als Element der Interkulturalität: Dargestellt am Beispiel des Sprachmanagements einer deutsch-polnischen Theaterinszenierung  Goro Christoph Kimura  Aussiger Beiträge. Germanistische Schriftenreihe aus Forschung und Lehre  2017 
詳細表示...

研究発表
英語で直接話すか通訳を使うか~ビジネスにおける媒介手段の使い分け~  第20回情報保障研究会  2018/03/25 
なぜ英語のできる人が通訳者を使うのか?―日英ビジネス通訳の事例から―  日本通訳翻訳学会関西支部第47回例会  2018/03/24 
対立・侵略・追放・和解~ドイツ・ポーランド関係史から考える東アジアの隣国関係~  満蒙開拓平和記念館冬期講座  2018/03/17 
ヨーロッパ統合の障壁・資源としての言語 ― 中欧国境地域の言語管理(language management)から ―  北海道大学スラヴ・ユーラシア研究センター客員研究員セミナー  2018/03/15 
Mehrsprachiges Theater als Spiegel und Modell deutsch-polnischer Kommunikation: Beispiele aus der Grenzregion  2018/03/02 
詳細表示...

その他
【翻訳】イジー・ネクヴァピル「チェコの多国籍企業の言語使用と言語管理―言語の機能の観点から―」『多言語主義社会に向けて』(平高史也と共編)くろしお出版、207-219ページ  2017/11 
【翻訳】イジー・ネクヴァピル「言語計画から言語管理へ――J.V.ネウストプニーの継承」(「海外主要都市における日本語人の言語行動」共同研究プロジェクト訳、木村護郎クリストフ監訳)『言語政策』第10号、129-148ページ  2014/03 
イアン・バーンズ(桜内篤子訳)『地図で読むケルト世界の歴史』創元社[コーンウォール語の日本語表記監修]  2013/05 
【翻訳】トーヴェ・スクットナブ=カンガス「言語権の現在 - 言語抹殺に抗して」(編訳)三浦信孝/糟谷啓介編『言語帝国主義とはなにか』、藤原書店、293-314頁  2000/09 
詳細表示...

教育実績
「上智大学多言語白書」、「上智大学環境白書」の<試作版>をゼミで作成した。  2017/07-現在 
ドイツの大学との遠隔合同ゼミを行っている。  2016-現在 
文化政策に関する日独合同遠隔ゼミの実践報告(上智大学ドイツ語学科とケルン大学日本学科)  2013/03/01-2013/03/01 
ドイツ語を用いる演習における方法的な基準の設定  2007/03/25-現在 
通訳をいかに教えるか-実践志向の授業カリキュラム  2006/11/18-2006/11/18 
詳細表示...

教科書・教材
パーフェクト・フレーズ ドイツ語日常会話  2011/12 
Modelle 3-問題発見のドイツ語  2006/02 
Modelle 2– 問題発見のドイツ語  2005/02 
Lektion 4 Sorbisch ist ‘in’!?  2004/04 
Modelle 1– 問題発見のドイツ語  2004/04 
詳細表示...

社会活動
学際的ポーランド研究オンライン・プラットフォーム「Pol-Int」 www.pol-int.org 学術委員  2014-現在 
日本手話を授業言語とするろう学校やキリスト教学生寮の評議員、地元の国際交流団体役員や自然エネルギー協議会のアドバイザーなど。  2012-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本社会言語科学会 
日本独文学会 
日本言語政策学会 
Gesellschaft fuer Interlinguistik 
Macica Serbska  2005-現在 
詳細表示...