English
上智大学 
文学部 
ドイツ文学科 

教授 
中井 真之 
ナカイ サナユキ 
Nakai Sanayuki 

その他の所属・職名
上智大学  文学部  ドイツ文学科  文学部ドイツ文学科長 

学位
文学学士  上智大学  1990/03/31 
修士(文学)  上智大学  1993/03/31 
博士(文学)  上智大学  2008/09/20 

教育・研究活動状況
教育活動(2007年度)
1. 一、二年生を対象としたドイツ語の授業 2. 青年期のゲーテの作品(文献演習) 3. ドイツ語中級文法(講義) 4. シラー「群盗」(文献演習)

研究活動
1. ゲーテにおけるスピノザの受容、小説「親和力」におけるスピノザ主義の痕跡。
2. ドイツにおける文芸論の歴史。 

著書
『舞台芸術の世界を学ぶ』「研究応用編 第1章 ゲーテのドイツ語オペラの取組み」  澤田肇編  上智大学出版  2018/03/30 
Möglichkeiten und Querschläge. Erkenntnis durch Erzählung  Sanayuki Nakai  Praesens Verlag  2016 
『ゲーテ『親和力』における「倫理的なもの」 : F・H・ヤコービの「スピノザ主義」批判との関連において』  中井真之著  鳥影社・ロゴス企画  2010/12/10 
詳細表示...

論文
スピノザの「神」をめぐって ―― ヘルダーの『神』、ヤコービ、ゲーテ ――  中井 真之  思想  岩波書店  2016/05/05 
ヘルダーの『神』とゲーテの『親和力』 ―― F・H・ヤコービの「スピノザ主義」批判との関連において ――  中井 真之  モルフォロギア : ゲーテと自然科学  ゲーテ自然科学の集い  2013/10/31 
ゲーテ『親和力』における「倫理的なもの」の問題 ―― F・H・ヤコービの「スピノザ主義」批判との関連において ――  中井 真之  上智大学ドイツ文学論集  2011/12/30 
ヤコービの哲学における「根拠」と「原因」の区別とその問題性:B・ザントカウレン『根拠と原因』(一九九九年)  中井真之  上智大学ドイツ文学論集  上智大学ドイツ文学会  2009/12/30 
ゲーテにおける「デモーニッシュなもの」 : 「神性」の理解との関わりにおいて(<特集>デモーニッシュ)  中井真之  ドイツ文学  日本独文学会  2009/03/25 
詳細表示...

受賞
第8回日本独文学会賞「日本語論文部門」  2010/10 
詳細表示...

教育実績
授業運営の工夫  2007/04/01-2008/03/30 
詳細表示...

所属学協会
日本ヘルダー学会  2007/02/01-現在 
日本独文学会ドイツ語教育部会  2006/06/10-現在 
日本独文学会  1993/04/01-現在 
上智大学ドイツ文学会  1990/04/01-現在 
詳細表示...