English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

准教授 
藤原 誠 
フジワラ マコト 
Fujiwara Makoto 

研究経歴
微生物 (共生体オルガネラ) の分化・形態形成に惹かれ研究をしてきた。
1994–1997年 糸状菌の形態形成におけるキチン合成酵素の役割に関する分子遺伝学的研究
1997–2000年 葉緑体RNAポリメラーゼσ因子に関する研究
2000–2010年 葉緑体分裂制御に関する研究
2010–2020年 植物オルガネラの形態ダイナミクス 

学位
学士  東京大学  1995/03/28 
修士  東京大学  1997/03/28 
博士(農学)  東京大学  2000/03/29 

研究分野
応用生物化学 
形態・構造 

研究キーワード
植物科学 
 色素体(葉緑体・原色素体・白色体・アミロプラストなど) 
 ストロミュール 
 異型細胞 

研究テーマ
(1) 色素体の細胞生物学的解析  2000-現在  基礎科学研究 
(2) 緑藻類の細胞形態学的解析  2010-現在  その他の研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
上智大学学術研究特別推進費  その他  自由課題研究  2018/04-2021/03 
上智大学理工学部応募制研究費  その他  2015年度理工学部応募制研究費  2015/06-2016/03 
物質・デバイス領域共同研究拠点一般研究課題(平成27年度)  その他  2015/04-2016/03 
神奈川大学総合理学研究所共同研究助成  その他  2015/04-2016/03 
上智大学学内共同研究  その他  若手研究者支援研究  2011/04-2013/03 
詳細表示...

著書
『基礎生命科学実験 第2版』  東京大学教養学部基礎生命科学実験編集委員会編  東京大学出版会  2009/02 
『Adaptive Gene Regulations-from Microorganisms to Organelles』  (ed. by) Makoto, Fujiwara, Tanaka, Kan, Takahashi, Hideo  Research Signpost  2008/12 
『Frontiers in life sciences』  (ed. by) Makoto Fujiwara, Shoichi Ishiura, Naoki Sato  Research Signpost  2006/07 
『植物の細胞を観る実験プロトコール : 顕微鏡観察の基本から最新バイオイメージング技術まで 新版』 (細胞工学, 別冊 . 植物細胞工学シリーズ ; 22)  福田裕穂, 西村幹夫, 中野明彦監修 ; 寺沢公宏, 藤原誠, 佐藤直樹  秀潤社  2006/04 
詳細表示...

論文
(1) Isolation and analysis of a stromule-overproducing Arabidopsis mutant suggest the role of PARC6 in plastid morphology and maintenance in the leaf epidermis.  Itoh RD, Ishikawa H, Nakajima KP, Moriyama S & Fujiwara MT.  Physiol. Plant.  Scandinavian Plant Physiology Society  2018/04 
(2) The Arabidopsis arc5 and arc6 mutations differentially affect plastid morphology in pavement and guard cells in the leaf epidermis.  Fujiwara MT, Yasuzawa M, Kojo KH, Niwa Y, Abe T, Yoshida S, Nakano T & Itoh RD.  PLOS ONE  Public Library of Science  2018/02 
(3) The Arabidopsis minD mutation causes aberrant FtsZ1 ring placement and moderate heterogeneity of chloroplasts in the leaf epidermis.  Fujiwara MT, Yasuzawa M, Nakano T, Niwa Y, Yoshida S, Abe T & Itoh RD.  Plant Signal. Behav.  Taylor & Francis Group  2017/06 
(4) Heavy-ion beam mutagenesis identified an essential gene for chloroplast development under cold stress conditions during both early growth and tillering stages in rice.  Morita R, Nakagawa M, Takehisa H, Hayashi Y, Ichida H, Usuda S, Ichinose K, Abe H, Shirakawa Y, Sato T, Fujiwara MT, Itoh RD & Abe T.  Biosci. Biotechnol. Biochem.  Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  2017/02 
(5) Oil body formation in the Klebsormidiophyceae alga Klebsormidium flaccidum (Japanese).  Tateishi M, Misaka R, Fukumoto Y, Fujiwara M & Hashimoto H  Sci. J. Kanagawa Univ.  Research Institute for Integrated Science  2016/06 
詳細表示...

研究発表
植物毒素foeniculoxinの全合成と植物毒性  第59回天然有機化合物討論会  2017/09 
シロイヌナズナ葉緑体分裂異常変異体を用いた花粉発生過程における色素体増殖の解析  日本農芸化学会2017年度大会  2017/03 
緑藻クレブソルミディウムの生長とオイルボディ形成過程  日本農芸化学会2017年度大会  2017/03 
水生植物オオカナダモの異型細胞分化とその役割  日本農芸化学会2017年度大会  2017/03 
水生植物Egeria属とElodea属における異型細胞形成の再評価  日本農芸化学会2017年度大会  2017/03 
詳細表示...

教育実績
(専)植物バイオテクノロジー  2015/04-現在 
(専)Topics of Plant Science  2015/04-現在 
(養)Molecular Biology  2014/04-現在 
(養)生化学 (看護学科)  2011/09-現在 
(院)植物機能科学特論  2011/04-現在 
詳細表示...

社会活動
上智大学理工学振興会  2011/04-現在 
詳細表示...

所属学協会
米国植物生物学会  2000/01-現在 
日本植物形態学会  2000/01-現在 
日本植物生理学会  1998/05-現在 
日本農芸化学会  1997/01-現在 
詳細表示...