English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

准教授 
川口 眞理 
カワグチ マリ 
Kawaguchi Mari 

個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
2008年~2011年 東京大学大気海洋研究所
   「孵化酵素と卵膜の分子共進化」

2011年~現在 上智大学理工学部物質生命理工学科
   「魚類の繁殖戦略の進化」 

職歴
日本学術振興会  特別研究員(PD)  2008/04/01-2011/03/31 

学歴
東京都立大学  理学部  化学科  2001/03/31  中退 
東京都立大学  理学研究科  化学専攻  修士  2003/03/31  修了 
上智大学  理工学研究科  生物科学専攻  博士  2007/03/31  修了 

学位
修士(理学)  東京都立大学  2003/03/25 
博士(理学)  上智大学  2007/03/31 

研究分野
分子生物学 
進化生物学 

研究キーワード
孵化 
ヨウジウオ・タツノオトシゴ 
育児嚢 

研究テーマ
魚類の繁殖戦略の進化 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
タツノオトシゴの育児嚢の形成に関わる分化因子の探査  その他  統合ゲノミクス共同利用研究  2018/04/01-2019/03/31 
メダカ属に見出された新規孵化酵素様遺伝子の機能解析  その他  個別共同利用研究  2018/04/01-2019/03/31 
タツノオトシゴの育児嚢の形態形成メカニズム  奨学寄附金  2015-2016 
タツノオトシゴの育児囊の形態形成メカニズム  その他  2015/09-2016/03 
メダカ属の孵化酵素の至適塩濃度と生息環境への適応  その他  2015/04-2016/05 
詳細表示...

著書
魚類学の百科事典  川口眞理  丸善  2018 
魚類学の百科事典  川口眞理  丸善  2018 
Encyclopedia of Reproduction, Second Edition, Volume 6  Mari Kawaguchi and Keiichi Sato (enny Swanson and Michael K. Skinner, ed.)  Elsevier  2018 
Handbook of Proteolytic Enzymes vol. 1 Choriolysin L.  Shigeki Yasumasu, Mari Kawaguchi  Academic Press, Oxford  2012/12/20 
Handbook of Proteolytic Enzymes vol. 1 Choriolysin H.  Shigeki Yasumasu, Mari Kawaguchi  Academic Press, Oxford  2012/12/20 
詳細表示...

論文
究極のイクメン魚―タツノオトシゴ (連載企画「私の実験動物、やっぱり個性派です!」)  川口眞理  実験医学  2018 
Comparison of Egg Envelope Thickness in Teleosts and its Relationship to the Sites of ZP Protein Synthesis.  Kaori Sano, Mari Kawaguchi, Keita Katano, Kenji Tomita, Mayu Inokuchi, Tatsuki Nagasawa, Junya Hiroi, Toyoji Kaneko, Takashi Kitagawa, Takafumi Fujimoto, Katsutoshi Arai, Masaru Tanaka, and Shigeki Yasumasu  Journal of Experimental Zoology Part B: Molecular and Developmental Evolution  2017 
Morphology of brood pouch formation in the pot-bellied seahorse Hippocampus abdominalis.  Mari Kawaguchi, Ryohei Okubo, Akari Harada, Kazuki Miyasaka, Kensuke Takada, Junya Hiroi, and Shigeki Yasumasu  Zoological Letters  2017 
Effect of microwave radiation on the activity of catalase. decomposition of hydrogen peroxide under microwave and conventional heating  Satoshi Horikoshi, Kota Nakamura, Mari Kawaguchi, Jiro Kondo and Nick Serpone  RSC Advances  2016/05 
An evolutionary insight into the hatching strategies of pipefish and seahorse embryos  Mari Kawaguchi, Yuko Nakano, Ryouka Kawahara-Miki, Mayu Inokuchi, Makiko Yorifuji, Ryohei Okubo, Tatsuki Nagasawa, Junya Hiroi, Tomohiro Kono and Toyoji Kaneko  Journal of Experimental Zoology Part B: Molecular and Developmental Evolution  2016/03 
詳細表示...

研究発表
タツノオトシゴの育児嚢の進化  第123回日本解剖学会シンポジウム「体表の進化生物学」  2018/03 
タツノオトシゴの育児嚢~形成メカニズムと進化~  第70回日本動物学会関東支部公開シンポジウム「魚類の多様な世界~魚はどのように進化したのか~」  2018/03 
メダカ孵化酵素LCEと基質卵膜ChgHのドッキングシミュレーションによる複合体形成  第70回日本動物学会関東支部  2018/03 
メダカを用いた正真骨魚類の卵膜合成機構の研究  第70回日本動物学会関東支部  2018/03 
妊娠中のタツノオトシゴの育児嚢で発現する遺伝子の探査  第70回日本動物学会関東支部  2018/03 
詳細表示...

受賞
優秀口頭発表賞  タツノオトシゴとイシヨウジの育児嚢の組織観察  2017/09 
The 4th International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (MCBEEC), Best Poster Prize  2004/11 
詳細表示...

その他
魚類の系統関係について広く理解してもらえるように、魚類系統学者である西田睦(琉球大副学長・東大名誉教授)監修のもとに『おさかな周期表』を作製  2013 
詳細表示...

教育実績
Materials and Life Sciences (Biology)  2017/10-現在 
分子生物学  2017/10-現在 
ENVIRONMENTAL LIFE SCIENCE  2015/04-現在 
ヒトの生物科学  2015/04-2016/04 
理工基礎実験・演習  2013/04-現在 
詳細表示...

社会活動
世田谷区立経堂小学校同窓会  2018/04/15-2018/04/15 
2017年10月号ニュートン「奇抜な姿のタツノオトシゴたち―“海藻”の生えた体,オスの出産─ユニークな形態と生態を紹介」  2017/09-2017/10 
日本動物学会富山大会・一般公開イベント・動物学ひろば「水の中に住んでいる面白い生き物たち~おさかな&プランクトン研究の紹介~」  2017/09/23-2017/09/23 
日本動物学会・関東支部大会準備委員会委員(庶務)  2017/07-2018/03 
NHK月刊スーパーハイビジョン(SHV)ニュース「4Kカメラが撮影したタツノオトシゴの産卵。命育む水俣の海の魅力に迫る。」  2017/05-2017/05 
詳細表示...

所属学協会
日本魚類学会  2014/10-現在 
日本進化学会  2006/08-現在 
日本動物学会  2004/05-現在 
詳細表示...