English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

顔写真 准教授 
鈴木 由美子 
スズキ ユミコ 
Suzuki Yumiko 

Tel.03-3238-3089  
Fax.03-3238-3361  
 
個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
平成8年4月 静岡県立大学薬学部薬学部客員共同研究員
平成9年4月 同助手
平成12年3月~7月および平成12年10月~平成13年9月
米国コロンビア大学化学科博士研究員
平成20年4月 静岡県立大学薬学部薬学部助教
平成22年4月 同講師 

学位
薬学士  静岡県立大学  1991/03/23 
修士(薬学)  静岡県立大学  1993/03/24 
博士(薬学)  静岡県立大学  1996/03/22 

教育・研究活動状況
担当科目:
Organic Chemistry (Second year, Spring Semester)、物質生命理工学実験A(1年秋学期)、ヘテロ原子の有機化学(3年春学期)、化学と生活II-身のまわりの化学-(全学秋学期)、大学院特論(医薬品設計・合成化学)(大学院春学期) 

研究分野
有機化学 
合成化学 
化学系薬学 
創薬化学 

研究キーワード
有機触媒 
ヘテロ環化学 
医薬品化学 

競争的資金等の研究課題
蛍光性キナゾリンをプローブとする生体内イオンの可視化  科学研究費  基盤研究(C)一般  2015/04-2018/03 
新規抗がん剤の開発に関する共同研究  その他  2014/06/23-2015/06/23 
有機分子触媒を用いた創薬への合成的アプローチ  科学研究費  新学術領域研究(研究領域提案型)  2014/04/01-2016/03/31 
有機触媒反応を用いた医薬品候補化合物の合成  奨学寄附金  2013/06-2014/05 
創薬イノベーションの創出を目指した抗がん剤開発とその作用機序解明  科学研究費  基盤研究(C)一般  2012/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

論文
Fluorescent anticancer quinazolines as molecular probes for β-tubulin colchicine site competition assay and visualization of microtubules as intracellular targeting sites  Yumiko Suzuki, Jun-ichi Sawada, Paulina Hibner, Hirosuke Ishii, Kenji Matsuno, Masayuki Sato, Bernhard Witulski, Akira Asai  Dyes and Pigments  Elsevier  2017/06/01 
Microwave-assisted organic syntheses: microwave effect on intramolecular reactions - the Claisen rearrangement of allylphenyl ether and 1-allyloxy-4-methoxybenzene  Satoshi Horikoshi, Tomoki Watanabe, Momoko Kamata, Yumiko Suzuki, Nick Serpone  RSC Advances  Royal Society of Chemistry  2015/10 
Synthesis and Structure−Activity Relationship Study of 1‑Phenyl-1-(quinazolin-4-yl)ethanols as Anticancer Agents  Kenta Kuroiwa, Hirosuke Ishii, Kenji Matsuno, Akira Asai, Yumiko Suzuki  ACS medicinal chemistry letters  American Chimical Society  2015/01/10 
脂肪族カルボニル化合物のβ炭素活性化―有機分子触媒による有用物質の合成反応  鈴木由美子  化学  化学同人  2013/12 
Imidazolium-based chiral ionic liquids: Synthesis and application  YUMIKO SUZUKI, Junichiro Wakatsuki, Mariko Tsubaki, Masayuki Sato  Tetrahedron  Pergamon Press  2013/11/18 
詳細表示...

研究発表
NHC触媒を用いた新規アロイルキナゾリン類の合成  日本薬学会第137年会  2017/03/25 
Asymmetric synthesis of anticancer quinazoline PVHD121 by enantioselective methylation of ketone  The 97th CSJ Annual Meeting  2017/03/18 
NHC触媒反応を利用したクマリン環4位への直接的アロイル化反応  日本化学会第97春季年会  2017/03/18 
Synthesis and fluorescence properties of 4- and 6-substitued 2-aminoquinazolines  The 97th CSJ Annual Meeting  2017/03/17 
NHC触媒反応を経由した1,4,5位3置換イミダゾール合成法の開発  日本化学会第97春季年会  2017/03/17 
詳細表示...

知的財産権
特許  キナゾリン化合物を有効成分とする医薬組成物  2010-046911  2010/03/03  2011‐178753  2011/03/03  5654246  2014/11/28 
詳細表示...

受賞
第6回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント  2013/03/08 
Tetrahedron Most Cited Paper 2006-2009 Award  2009/08 
Tetrahedron Most Cited Paper 2005-2008 Award  2008/08 
日本薬学会東海支部学術奨励賞受賞  2007/07/07 
詳細表示...

社会活動
フランス・ノルマンディー・カーン大学客員教授  2016/09/01-2016/10/02 
日本農薬株式会社セミナー講演  2015/09/10-2015/09/10 
日本化学会関東支部幹事  2014/04/01-2016/03/31 
日本化学会代議員  2014/11/01-現在 
静岡東高等学校「キャリア講座」講師  2014/10/04-2014/10/04 
詳細表示...

所属学協会
日本薬学会  1991/01/01-現在 
有機合成化学協会  1996/01/01-現在 
日本化学会  2011/12/14-現在 
国際複素環化学会  1996/01/01-現在 
アメリカ化学会  2008/01/01-現在 
詳細表示...