研究シーズ名
多彩な発光を示す蛍光材料
分  野 化学・応用化学
キーワード 蛍光材料、酸窒化物、噴霧熱分解法、粒子形態の制御
研究者名 板谷 清司
Itatani Kiyoshi
職  名 教授
所  属 理工学部
物質生命理工学科
連絡先
URL

概    要
 本研究室では、アルカリ土類系および希土類系(酸)窒化物に対して、付活剤を加えて多彩な発光色を示す蛍光体の開発を行っています。一方、噴霧熱分解法は、目的の組成になるように調製した水溶液の液滴を電気炉内に噴霧し、瞬時に溶媒を系外に排除して粉体を得る方法です。この方法を用いるとナノ・ミクロレベルで組成の均一性を保つことができるうえ、液滴の外形を反映した球状粒子が得られることに特徴があります。噴霧熱分解法と還元窒化法を組み合わせることによって、形態制御され、さらに粒径の揃った各種蛍光体粉体の合成を試みています。これによってLEDを作製する際に蛍光体を均質に分散するのが可能になり、発光色や輝度の“むら”を減らす効果が期待できます。

応用例
発光ダイオード(LED)に使用可能な蛍光材料の開発
今後の発展性
各種アルカリ土類および希土類(酸)窒化物の中には、多彩な発光を示す材料候補が多く存在しています。噴霧熱分解法と還元窒化法を組み合わせることによって、多彩な発光色を示す新規材料の合成を試みるとともに、各種蛍光材料の粒子形態の制御を試みています。
研究設備
高温加熱装置、X線回折装置、分光蛍光光度計、熱分析(DTA-TG)装置、FT-IR装置、比表面積測定装置、走査型電子顕微鏡、エネルギー分散X線微小分析装置
共同研究・外部機関との連携への期待
白色LEDへの応用をめざした各種蛍光材料の開発と応用
関連特許・論文等
K. Yamaguchi,, H. T. Hintzen, A. C. A. Delsing, H. Kuwahara, S. Koda and K. Itatani, “Preparation of Eu2+-doped Ca2Si5N8 by carbothermal reduction / nitridation of spray-pyrolyzed oxide/nitride powder and its luminescence properties”, J. Light & Visual Environment, 35, 207(2011).

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp