研究シーズ名
有機無機ペロブスカイト化合物の評価と光学素子への応用
分  野 材料化学、結晶学
キーワード 太陽電池、量子閉じ込め構造
研究者名 竹岡 裕子
Takeoka Yuko
職  名 教授
所  属 理工学部
物質生命理工学科
連絡先
URL

概    要
地球温暖化など様々な環境問題が深刻化する中、太陽電池はsustainableなエネルギーシステムとして期待されており、盛んに研究が行われています。数多くある太陽電池の中でも、有機物質と無機物質を複合化させた有機無機ペロブスカイト型化合物を可視光吸収材として用いるぺロブスカイト太陽電池発電効率を急激に伸ばしている電池として注目されています。有機・無機ペロブスカイト型化合物は、無機物であるハロゲン化金属と有機アミンハロゲン化物を複合化して得られる化合物であり、本研究室では、その基本構成を種々変化させることにより、量子閉じ込め構造を変化させ、優れた太陽電池特性や発光特性を示す材料を生み出し、これらの材料のデバイス化を検討しています。
応用例
太陽電池
発光素子(電界発光、シンチレーター)
シリアルーパラレル変換素子
今後の発展性
結晶構造の変化により、太陽電池に有利な構造が得られると期待される。
また、有機部を変化させることにより、円偏光発光素子としても応用が期待される。
研究設備
真空蒸着
グローブボックス
蛍光光度計、吸光光度計
X線構造解析装置 他
共同研究・外部機関との連携への期待
デバイス化への検討について連携させていただきたいと思います。
関連特許・論文等
1) Y. Takeoka, K. Asai, M. Rikukawa, and K. Sanui, Chem. Lett. (2005), 34, 4, 602. 2) Y. Takeoka, K. Asai, M. Rikukawa, and K. Sanui, Bull. Chem. (2006), 24, 1607. 3) R. Arai, M. Yoshizawa-Fujita, Y. Takeoka, M. Rikukawa, ACS Omega, (2017) 2 (5), 2333. 4) R. Hamaguchi, M. Yoshizawa-Fujita, T. Miyasaka, H. Kunugita, K. Ema, Y. Takeoka, M. Rikukawa, (2017) Chem. Comm., 53, 4366.

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp