English
研究シーズ名
「エコ・フォレスティング」と持続可能な森林環境資源管理政策
分  野 環境資源管理政策
キーワード エコ・フォレスティング、参加型・協働型管理・計画策定、生態系サービス管理
研究者名 柴田 晋吾
Shibata Shingo
職  名 教授
所  属 地球環境学研究科
地球環境学専攻
連絡先
URL

概    要
 生態系サービスや自然資本を生かした自然共生型の持続可能な社会づくりに貢献するため、人類と森や自然との持続可能な関係の構築(「エコ・フォレスティング」という語を提案)のための参加型の政策手法についての研究を行っています。具体的には、欧米諸国や日本を含むアジア諸国をフィールドとして、経済、社会、生態・環境面からの様々なアプローチおよびこれらを統合したアプローチからの研究に取り組んでいます。一つは、生態系を単なる木材やバイオマスの生産の対象と見る伝統的な「林業」だけではなく、様々な生態系サービスや自然資本の実現方策としての広義の「森林業」や生態系サービスへの支払い(Payment for Ecosystem Services, PES)の取り組みに着目しています。また、アメリカ連邦政府で試行が開始されているBRI(便益関連指標)などを用いたステークホールダーの参加と協働を取り入れた「生態系サービス管理」のための森林計画やアセスメントの手法について研究しています。さらに、環境リタラシーを醸成するための環境教育のあり方などの科学と市民をつなぐ手法、持続可能なレクリエーション利用の推進のあり方などについても研究を行っています。このほか、生物多様性保全に重要な役割を果たしてきている鎮守の森等の伝統的な地域的保全地域(Indegenous and Community Conserved Areas, ICCAs) 、景観レベルでの保全・修復を図るための戦略的土地利用計画や認証保全地域などの政策手法も研究テーマとしています。

エコ・フォレスティング(森や自然を持続可能に利用し楽しむ)による
人類の生態系への回帰による持続可能な社会への誘導のイメージ
(右方向へのベクトルαが働く)
応用例
「森のモニター(国有林モニター)」による国有林管理への国民参加の取り組み。
インド洋大津波被害諸国における「地域住民パートナーシップグループ(LPG)」の設立による参加型地域復興の支援。
今後の発展性
様々な生態系サービスや自然資本を協働型の政策決定に導入するための政策手法の開発
研究設備
国内外の文献研究、およびフィールド調査。
共同研究・外部機関との連携への期待
関連テーマに取り組んでいる(予定のある)国内外の企業、NPO、行政機関、研究機関等の方。
関連特許・論文等
・欧米諸国に見る20世紀における森林管理思想と政策の変化―「利用推進派」と「生態派」の盛衰. 森林計画学会誌. 36号. No.2. 2002年
・エコ・フォレスティング. 日本林業調査会. 2006年
・アメリカにおける生態系サービスの支払い(PES)/エコシステムマーケットの取り組みと複数のクレジットの設定(stacking)の問題について. 上智大学地球環境学研究科紀要. 2014年
・協働により「地域再生」と「生態系保全」の同時実現を目指すアメリカ国有林の取り組み.上智大学地球環境学研究科紀要.2015年
・アメリカにおける近年の野外レクリエーション利用の動向と私有地へのアクセス.上智大学地球環境学研究科紀要.2016年
・政策決定への生態系サービスアプローチの導入 -生態系管理から生態系サービス管理へと展開するアメリカ国有林.山林誌.2016年

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp