English
研究シーズ名
気候変動が世界経済/貿易に与えるシミュレーション
分  野 環境経済学
キーワード 気候変動、インパクト、適応
研究者名 鷲田 豊明
Washida Toyoaki
職  名 教授
所  属 地球環境学研究科
地球環境学専攻
連絡先
URL

概    要
 気候変動は、各国・地域の削減政策の費用支出や技術変化、気候変動による被害、被害を減少させるための適応策などによって、地域経済や世界経済、さらには世界的な貿易構造に深刻な影響を与えます。こうした影響は、単に自然科学的、直接的影響ではなく、価格変動などによる需給調整、市場の相互関係などによって様々な間接的影響をもたらします。このような構造を調べるためには、世界経済と気候変動そのものをモデルに組み込んだシミュレーションが必要になります。このようなシミュレーションによって、気候変動の下での農生産物や工業製品の価格動向、貿易動向を予測することができます。
 さらに本研究室では、気候変動をめぐる国際的な交渉をシミュレーションすることもできます。経済と気候に関する今後100年程度のダイナミックな変動をモデル化して、どのような交渉が予想されるのか、地域間提携の可能性、そのような多地域動向が気候変動に与える影響なども分析できています。

応用例
気候変動によって、農業生産動向、価格動向がどのように変動するかを予測し、経済開発やそのための世界的な支援策を検討できます。
今後の発展性
現在は、世界16地域、各地域16産業分類でモデルを構成していますが、これをさらに細分化し、影響の具体性を増大させることができます。
研究設備
一回の計算に数十分から数時間、複雑化すれば一日単位の計算が必要となるので、高速計算が可能なコンピュータが不可欠です。
共同研究・外部機関との連携への期待
企業等と共同することによって、具体的な市場や財に対する気候変動の影響を、世界モデルや世界の貿易をふまえて具体化が可能になります。
関連特許・論文等
2013年1月15日 Washida, T., Yamaura, K., Sakaue, S. (2013) “Computable General Equilibrium Analyses of Global Economic Impacts and Adaptation for Climate Change: The Case of Tropical Cyclones”, Submitted to International Journal of Global Warming.

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp