English
研究シーズ名
液中プラズマ水処理装置の開発と連続難分解水処理または量子ドット(ナノ材料)合成
分  野
キーワード
研究者名 堀越 智
Horikoshi Satoshi
職  名 准教授
所  属 理工学部
物質生命理工学科
連絡先
URL

概    要
液体中で発生するプラズマ装置を開発した。この装置はマイクロ波を電源としていることから、純水中でも省エネで簡便にプラズマを発生させることができる。また、プラズマの発生源が水であることからOHラジカルなどの活性ラジカル種も発生するため、水中の高濃度難分解汚染物質の分解を行うことができる。一方、ナノ材料などの液相合成も可能である。
一方、通常のプラズマはガスから発生するため、モノづくりに使用しても、生産量はごくわずかである。液中プラズマは、気体中とは異なり液体原料であることから原料分子が著しく多い。そのため、プラズマを生産プロセス技術として使用できる。このような考えのもと、本研究室では量子ドットの合成を液中プラズマ中で行い、高品質な量子ドットを簡便で安価に生産できる装置開発を目指している。
液中プラズマの装置概略図

液中プラズマを用いた難分解性界面活性剤ペルフルオロオクタン酸の分解

今後の発展性
装置の試作がほぼ終わり、様々な汚染物質に対する分解挙動を検討する。さらに連続分解を行うことで、省エネや処理速度などの点で実装に耐えうる装置であることを実証する。一方、量子ドットの合成についても行う。特に、連続合成を目指し、その生成した量子ドットの品質が高いことも証明する。
研究設備
液中プラズマ装置、その他分析装置
共同研究・外部機関との連携への期待
実際の排水処理などを行うことで、実証度を向上させたい。量子ドットの評価を行っていただき、既存法との違いを明らかにしたい。

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp