研究シーズ名
生物活性天然有機化合物のケミカルメディシン
分  野 化学・応用化学
キーワード 天然物化学、有機化学、有機合成化学、ケミカルメディシン
研究者名 臼杵 豊展
Usuki Toyonobu
職  名 准教授
所  属 理工学部
物質生命理工学科
連絡先
URL

概    要
 天然物化学は、自然界に存在する生物活性有機化合物(天然有機化合物)に関する研究を行う学問領域です。天然有機化合物は地球誕生以来、自然淘汰に勝ち残ってきた物質であるため、その構造は極めて複雑で、非常に強力な生物活性を有しています。未知化合物の探索や、合成化学的にチャレンジングな特異的構造など、多くの科学者の興味を惹きつけてきました。そしてそれらの先進的研究は、新しい医薬品、農薬、香料等の開拓や創製に大きく寄与してきました。当研究室では、天然物化学やケミカルメディシンに関連する様々な研究プロジェクトを展開しています。

応用例
・植物葉に含まれる生物活性天然有機化合物の大量かつ安価に入手可能
・COPD(慢性閉塞性肺疾患)のバイオマーカーによる診断法の確立
・アフリカ睡眠病治療薬の提供
今後の発展性
天然物化学を基盤として、新薬の開発や生活習慣病の診断薬の開発、環境調和型触媒を利用した有機合成反応の開拓、環境調和型溶媒を用いた天然からの有用成分獲得法の確立等への発展が期待される。
研究設備
赤外分光装置(日本分光)、高速液体クロマトグラフ装置(日本分光、島津製作所)、旋光計装置(日本分光)、液体クロマトグラフ-質量分析装置(島津製作所)、ガスクロマトグラフ-質量分析装置(島津製作所、共通機器)、核磁気共鳴装置(日本電子、共通機器)、質量分析装置(日本電子、共通機器)
共同研究・外部機関との連携への期待
・植物葉に含まれる天然有機化合物の高効率的獲得法の確立
・COPDバイオマーカーによる新規診断法の確立
・アフリカ睡眠病をはじめとする「顧みられない熱帯病」の治療薬の開発
関連特許・論文等
「シキミ酸取得方法およびシキミ酸製造方法」 特開2012-188374
Usuki, T. Yasuda, N. Yoshizawa-Fujita, M. Rikukawa, M. “Extraction and Isolation of Shikimic Acid from Ginkgo Biloba Leaves Utilizing an Ionic Liquid that Dissolves Cellulose” Chem. Commun, 2011, 47, 10560-10562.
Usuki, T. Yamada, H. Hayashi, T. Yanuma, H. Koseki, Y. Suzuki, N. Masuyama, Y. Lin, Y. Y. “Total Synthesis of COPD Biomarker Desmosine that Crosslinks Elastin” Chem. Commun, 2012, 48, 3233-3235.
Usuki, T. Sugimura, T. Komatsu, A. Koseki, Y. “Biomimetic Chichibabin Pyridine Synthesis of the COPD Biomarkers and Elastin Cross-Linkers Isodesmosine and Desmosine” Org. Lett. 2014, 16, 1672-1675.

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp