著書
公開件数:6件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN 概要
1 上智大学神学部創設60周年記念講演会講演集 正義と平和の口づけー日本カトリック神学の過去・現在・未来
高山貞美、原敬子編者、菊地功、光延一郎、川中仁、百瀬文晃、三好千春、石原明子、吉川まみ、原敬子分担執筆
p.135-153, p.219-226
日本キリスト教団出版局
2020/04/25
978-4-8184-1059-6
このISBNでOPACを検索する

2 『愛と喜びに生きるー奉献生活者たちのあかし』
「奉献生活」編纂委員会編、日本カトリック管区長協議会、日本女子修道会総長管区長会
翻訳
ドン・ボスコ社
2019/05/31
978-4-88626-646
このISBNでOPACを検索する

3 『2018年上智大学神学部夏期神学講習会講演集 《若者》と歩む教会の希望ー次世代に福音を伝えるために』「まえがき」「《一匹の羊を探し求める教会》ーY・コンガール、奉仕の神学を読む」
原敬子、角田佑一編著、濱田秀伯、角田佑一、原敬子[他]著
まえがきp.3-4、担当執筆p.138-162
日本キリスト教団出版局
2019/02/25
978-4-8184-1028-2
このISBNでOPACを検索する

4 『2017年上智大学神学部夏期進学講習会講演集 和解と交わりをめざしてー宗教改革500年を記念して』「〈神の場〉としての公共神学をどう理解するか」
片山はるひ、高山貞美編著、石井基夫、佐久間勤、原敬子[他]著
p.119-138
日本キリスト教団出版局
2018/03/20
978-4-8184-1000-8
このISBNでOPACを検索する

5 『新教コイノーニア34 宗教改革と現代ー改革者たちの500年とこれから』「この世とわたしの一性ー現代カトリックにおけるサクラメントの意味」
新教出版社編集部編、芳賀力[他]著
p144-150
新教出版社
2017/09/30
978-4-400-30717-4
このISBNでOPACを検索する

6 『キリスト者の証言ー人の語りと啓示に関する実践基礎進学的考察』
原 敬子
単著
教文館
2017/07/31
978-4-7642-7418-1
このISBNでOPACを検索する