English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

助教 
三澤 智世 
ミサワ トモヨ 
Misawa Tomoyo 

研究経歴
2011年-2014年 上智大学・大学院
 ルテニウム二核錯体の合成と電子構造、酸化還元挙動、反応性に関する研究

2014年-2015年 国立研究開発法人産業技術総合研究所
 固体熱物性計測標準に関する研究

2015年-2018年 上智大学大学院
 物質変換反応を指向した酸素架橋ルテニウム二核錯体の合成と、物性および反応性に関する研究

2018年-現在 上智大学理工学部物質生命理工学科 助教
 多核遷移金属錯体の創製と物質変換反応の開発 

職歴
国立研究開発法人産業技術総合研究所  研究員  2014/04/01-2015/03/31 
上智大学理工学部  その他  2015/04/01-2018/03/31 

学位
学士(理工学)  上智大学  2012/03/31 
修士(理学)  上智大学  2014/03/31 
博士(理学)  上智大学  2018/03/31 

免許・資格
危険物取扱者(甲種)  2016/08/29 
エックス線作業主任者  2019/10/04 
詳細表示...

教育・研究活動状況
錯体化学、Basic Chemistry(講義)、化学実験I、ゼミナールを通じて学部学生に対する指導を行っている。
無機化学特論(無機反応化学)を通じて大学院の学生に対する教育を行っている。 

研究分野
無機化学 
合成化学 

研究キーワード
金属錯体化学 
物質変換反応 
生物無機化学 

競争的資金等の研究課題
天然模倣の酸化触媒モデルとなる酸素二重架橋ルテニウム錯体の創製  科学研究費  若手研究  2020/04/01-2022/03/31 
ルテニウム二核錯体を反応場とする二酸化炭素の変換に関する研究  奨学寄附金  2020/09/01-2022/03/31 
詳細表示...

論文
Interactions of ruthenium(III) complexes bearing bis(2-pyridylcarbonyl)aminate with cations at the carbonyl group  Tomoyo Misawa-Suzuki, Mami Etoh, Hirotaka Nagao  Bull. Chem. Soc. Jpn.  2020/06/15 
Framework Conversion of Oxido-Bridged Dinuclear Ruthenium Complexes  Tomoyo Misawa-Suzuki, Takashi Watanabe, Mariko Okamura, Shinkoh Nanbu, Hirotaka Nagao  Inorg. Chem.  2019/12/20 
Halogeno Ligand-Substitution Reactions of Ruthenium Complexes Bearing Ethylbis(2-pyridylmethyl)amine to Synthesize New Complexes  Tomoyo Misawa-Suzuki, Nozomi Tomioka, Yutaro Osawa, Hirotaka Nagao  Eur. J. Inorg. Chem.  2019/09/19 
Triply Bridged Dinuclear Ruthenium Complexes Bearing Alkylbis(2-pyridylmethyl)amine in the Mixed-Valence State of Ru(II)-Ru(III)  Tomoyo Misawa-Suzuki, Kazuhiro Matsuya, Takashi Watanabe and Hirotaka Nagao  Dalton Transactions  2018/10/22 
Nitrosylruthenium Complexes as Polymerization Catalysts for Acrylonitrile in DMF  Hirotaka Nagao, Tomoyo Misawa-Suzuki, Nozomi Tomioka, Haruna Ohno, Masahiro Rikukawa  Chemistry - An Asian Journal  2018/10/18 
詳細表示...

研究発表
Reactions of a doubly oxido- and a carbonato-bridged diruthenium complex in aqueous solutions accompanied by pH changes  The 100th CSJ Annual Meeting  2020/03/25 
Syntheses and Redox Behaviors of Ruthenium Complexes Having Non-innocent Diimine Ligand  The 100th CSJ Annual Meeting  2020/03/25 
クロリド配位子を有するオキシド一重架橋Ru(III)-Ru(IV)二核錯体とルイス塩基との反応  日本化学会第100春季年会  2020/03/25 
一酸化窒素で二重架橋したルテニウム二核錯体と酸との反応  日本化学会第100春季年会  2020/03/22 
ルテニウム(II)錯体上のアニリンの酸化による窒素-炭素結合生成反応  第52回酸化反応討論会  2019/11/09 
詳細表示...

受賞
第97日本化学会春季年会 学生講演賞  2017/03/30 
詳細表示...

教育実績
研究指導  2018/04/01-現在 
詳細表示...

社会活動
錯体化学会若手の会 関東支部世話人  2020/04/01-現在 
科学技術予測センター 専門調査員  2020/04/01-2021/03/31 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会  2011-現在 
錯体化学若手の会  2013-現在 
イオン液体研究会  2015-現在 
詳細表示...