English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

教授 
竹岡 裕子 
タケオカ ユウコ 
Takeoka Yuko 

Tel.03-3238-3451  
Fax.03-3238-3361  
 
個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
1995年-1998年 上智大学理工学部化学科高分子研究室 導電性高分子の超薄膜化について研究
1998年-2001年 東京大学工学系研究科石榑・浅井研究室 有機無機ハイブリッド光学材料について研究
2001年-現在 上智大学理工学部物質生命理工学科 π共役系高分子、有機無機ハイブリッド材料、生分解性高分子について研究 

職歴
独立行政法人科学技術振興機構  研究者  2002/11/01-2006/03/31 
独立行政法人産業技術総合研究所  外来研究員  2005/10/01-2007/03/31 

学歴
上智大学  理工学部  化学科  1996/03/31  卒業 
上智大学  理工学研究科  応用化学専攻  修士  1998/03/31  修了 
東京大学  工学系研究科  システム量子工学専攻  博士  2001/03/31  修了 

学位
博士(工学)  東京大学  2001/03/31 

免許・資格
普通自動車第一種運転免許  1994/05/09 
詳細表示...

教育・研究活動状況
学部授業:高分子化学、基礎化学、ゼミナール、物質生命理工学実験B、化学実験II担当
大学院授業:高分子合成特論 

研究分野
高分子化学 
有機・ハイブリッド材料 
エネルギー関連化学 
生体関連化学 
高分子・繊維材料 

研究キーワード
バイオセンサー 
ペロブスカイト化合物 
生分解性高分子 
共役系高分子 
有機-無機ハイブリッド 
光機能性 
高分子電解質 
太陽電池 
バイオマテリアル 

研究テーマ
π共役系高分子の合成と物性評価  1996-現在 
有機無機ペロブスカイト化合物の構築 
π共役系高分子を用いたバイオセンシング 
生分解性高分子を用いた有機無機ハイブリッド材料の構築 
高分子電解質の研究 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ
有機無機ハイブリッド材料を用いた光学素子 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
ぺロブスカイト化合物を用いた高機能材料に関する共同研究  学内特定研究  2017/04/01-2020/03/31 
核酸認識機能を有するπ共役系高分子の設計とセンサーへの展開  奨学寄附金  2016/06/01-2017/05/31 
人工骨材料を目指した有機無機ハイブリッド材料の機能化  科学研究費  基盤研究(C)一般  2016/04/01-2019/03/31 
生体分子認識機能の向上を目指したπ共役系高分子の開発  その他  2014/04/01-2015/03/31 
有機薄膜太陽電池を指向した有機-無機量子閉じ込め材料の開発  奨学寄附金  2013-2014 
詳細表示...

著書
『次世代のポリマー・高分子開発,新しい用途展開と将来展望』第4章「π共役系高分子を用いたバイオセンシング」  竹岡裕子、陸川政弘  シーエムシー出版  2019/02/28 
『ぺロブスカイト薄膜太陽電池の開発と最新技術』  宮坂力, 瀬川浩司編 ; 竹岡裕子[他]著  技術教育出版社  2014/12/20 
『基礎化学-原子・分子の構造と化学結合-』  大井隆夫, 板谷清司, 竹岡裕子共著  コロナ社  2014/03/10 
『体内埋め込み医療材料の開発とその理想的な性能・デザインの要件』  佐藤章弘企画編集 ; 竹岡裕子[他]著  技術情報協会  2013/10/30 
『ヘテロ元素の特性を活かした新機能材料』 「光学活性ポリチオフェンの自己組織性と超薄膜化」  中條善樹監修 ; 竹岡裕子, 陸川政弘[他]著  シーエムシー出版  2010/08 
詳細表示...

論文
Simple one-step synthesis of a two-dimensional perovskite consisting of perfluoroalkyl-based ammonium spacers using acetone as the solvent  N. Nishimura*, M. Tojo, Y. Takeoka*  Chemical Communications  2020/07/30 
Water-processed ogranic solar cells with open-circuit voltages exceeding 1.3 V  V. Vohra* S. Shimizu, Y. Takeoka  Coatings  2020/04 
Synthesis and characteristics of pyrrolidinium-based organic ionic plastic crystals with various sulfonylamide anions  M. Yoshizawa-Fujita, H. Yamada, S. Yamaguchi, H. Zhu, M. Forsyth, Y. Takeoka, M. Rikukawa  Batteries & Supercaps  2020/04/20 
Synthesis and investigation of sulfonated poly(p-phenylene)-based ionomers with precisely controlled ion exchange capacity for use as polymer electrolyte membranes  M. Yoshida-Hirahara, S. Takahashi, M. Yoshizawa-Fujita, Y. Takeoka, M. Rikukawa  RSC Adv.  2020/03/31 
High performance organic solar cells fabricated using recycled transparent conductive substrates  T. Takada, T. Uchiyama, Y. Okada-Shudo, K. Hoshino, K. Koizumi, Y. Takeoka, V. Vohra  ACS Sustainable Chem. Eng.  2020/03/25 
詳細表示...

研究発表
柔軟性ポリウレタンとバイオセラミックスを用いた人工骨材料の開発(IV) -複合体の機械的特性-  日本化学会第100春季年会  2020/03/24 
セルロース誘導体を用いたポリイオンコンプレックスゲルの作製と評価(II) -ゲルの体積変化に及ぼすpH効果-  日本化学会第100春季年会  2020/03/24 
含水イオン液体のセルロース溶解性とヒドロゲルへの応用(I) -セルロース溶解性に及ぼすカチオン側鎖長の効果-  日本化学会第100春季年会  2020/03/23 
π共役系高分子−シリカ複合粒子の合成と評価(II) -モノマー種の影響-  日本化学会第100春季年会  2020/03/23 
自己ドープ型導電性高分子を用いた足場材料の作製と評価(I) -表面特性評価-  日本化学会第100春季年会  2020/03/23 
詳細表示...

知的財産権
特許  燃料電池用高分子電解質、これを用いた燃料電池用触媒電極および燃料電池  2013-235635  2015-95424  6278507 
特許  ペロブスカイト化合物、ペロブスカイトフィルム、 光吸収材料、光電変換素子及び太陽電池  2019-2849  2019/01/10 
特許  有機無機層状ペロブスカイト型重合化合物  2001-36429  2001/02/14  2002-241435 
特許  ブロック共重合体、リン酸化合物検出剤及びリン酸化合物の検出方法  2018-156672  2018/08/23  2020-029526  2020/02/27 
特許  人工骨材料  2016-120278  2016/06/16  2017-221524  2017/12/21  6744623 
詳細表示...

受賞
第10回女性研究者研究業績・人材育成賞(小舘香椎子賞)研究業績部門  2020/03 
Highly Cited in Royal Society of Chemistry journals in 2019  2019/11 
資生堂サイエンスグラント  2009/05 
高分子奨励賞  2009/05 
「女性科学者に明るい未来をの会」奨励賞  2005/05 
詳細表示...

教育実績
高分子化学への理解を深める努力  2007/10-現在 
詳細表示...

教科書・教材
基礎化学  2014/03/10 
詳細表示...

社会活動
高分子学会コンテンツ・HP委員会委員  2020/06/10-2022/05/31 
日本化学会主催 第10回化学フェスタ実行委員  2020/01/01-2020/11/01 
日本化学会主催 第9回化学フェスタ実行委員  2019/01/01-2019/11/01 
日本化学会 化工誌編集委員会幹事委員  2018/03/01-2021/02/28 
日本化学会主催 第8回化学フェスタ実行委員会  2018/02/01-2019/11/01 
詳細表示...

所属学協会
日本化学会 
高分子学会 
イギリス化学会  2013-現在 
アメリカ化学会  2013-現在 
応用物理学会  2003/04-現在 
詳細表示...