競争的資金等の研究課題
公開件数:6件
No. タイトル 資金の種類 研究種目 共同研究・資金提供機関 制度名 研究期間 共同研究者名 概要
1 16-17世紀における銀の移動と情報伝達:グローバル・ヒストリーの視点から
科学研究費
基盤研究(B)一般
日本学術振興会
科学研究費
2018/04/01-2021/03/31
稲葉政満、丸橋充拓、伊郷幸司、小島浩之、鎮目雅人、橋本雄、矢野正隆

2 カトリック系人文h杉教育と日本―イエズス会を中心に―
科学研究費
基盤研究(B)一般
日本学術振興会
科学研究費
2015/04/01-2019/03/31
根占献一、川本隆史、高祖敏明、黒住真、島村絵里子、夏秋英房

3 中近世ヨーロッパのキリスト教会と民衆宗教(科学研究費補助金基盤研究B)




2007-2009
甚野尚志、長谷川まゆ帆、関哲行、川村信三 他

4 平成17・8年度日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究B
「16-18世紀イエズス会現地報告文書にみる『普遍主義と地域特性』競合の国際比較


日本学術振興会

2005-2006
齋藤晃、シリル=ヴェリヤトほか

5 平成15・16年度科学研究費補助金(基盤研究B2)
中世後期からルネサンスに至る「言葉」理解-形而上学から人文主義へ-


日本学術振興会

2003-2004
J.C.オロリッシュ、長町祐司、佐藤直子、J.S.オリアリー、川村信三 他

6 日本学術振興会科研費助成基盤研究B(2)
14世紀後半から16世紀前半における教父思想の復興


日本学術振興会(科学研究費補助金 基盤研究B2)

2001-2002
K.リーゼンフーバー、荻野弘之、菅野カーリン、J-Cオロリッシュ、長町裕司、佐藤直子、J.S.オリアリー、G.デサンティス、川村信三
十六世紀における教父思想復興の一事例-キュリロス(Kyrillos)再版を手がけた(Petrus Canisius)のケースを考える-