English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

教授 
岡田 邦宏 
オカダ クニヒロ 
Okada Kunihiro 

 

研究経歴
1.星間分子雲における極低温イオン-極性分子反応の研究(2010年~)
2.原子・分子イオンの精密分光による基礎物理定数の時間変動検知実験(2016年~)
3.太陽風起源X線遷移研究のための多価イオントラップ野開発と多価イオン冷却の分子動力学シミュレーション(2012年~)
4.クーロン結晶とシュタルク分子速度選別器を用いた極低温イオン-極性分子衝突反応の研究(2009年~)
5.高周波多重極線形イオントラップにおけるクーロン結晶の生成と観測(2007年~)
6.冷却8重極線形イオントラップを用いた星間空間イオン-分子反応の研究(2005年~2006年)
7.レーザー励起Ca+*とO2およびH2Oとの低エネルギーイオン-分子反応研究(2001年~2004年)
8.高周波イオンガイド法による高速不安定核Beイオンのトラップと超微細構造分光(2000年~)
9.液体ヘリウム冷却線形イオントラップと紫色半導体レーザー装置の開発(1998年~2000年) 

職歴
核融合科学研究所  研究員  2000/04/01-2001/03/31 
埼玉大学工学部  非常勤講師  2002/09/30-2003/03/31 
立教大学  兼任講師  2008/09/22-2009/03/31 
首都大学東京  講師  2010/01/01-2010/03/31 
独立行政法人理化学研究所  客員研究員  2011/04/01-2012/03/31 
国立大学法人東京工業大学  講義等委託教員  2012/07/01-2012/09/30 

学歴
電気通信大学  電気通信学研究科  電子物性工学専攻  博士  1998/09/30  修了 

学位
修士(理学)  電気通信大学  1994/03/31 
博士(理学)  電気通信大学  1998/09/30 

免許・資格
第1種普通自動車運転免許  1989/07/11 
詳細表示...

研究分野
原子・分子・量子エレクトロニクス 
地球宇宙化学 

研究キーワード
クーロン結晶 
H_2O, Ca^+ 
共同冷却 
イオントラップ 
イオン-分子反応 
高周波イオンガイド 
超微細構造 
精密分光 
CaH+ 
多価イオン 
高周波多重極線形イオントラップ 
シュタルク分子速度フィルター 
共鳴多光子イオン化 

研究テーマ
クーロン結晶とシュタルク分子速度選別器を用いた極低温イオン-極性分子衝突反応の研究  2009-現在  科学研究費補助金 
イオントラップを用いた低エネルギーイオン-分子反応の研究  2002-2003 
高周波多重極線形イオントラップによるクーロン結晶の研究  2007-現在 
冷却イオントラップによる分子イオンの振動回転基底状態の生成と検出  2011-現在 
太陽風起源の禁制X遷移の実験室における観測  2011-現在 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
星間分子雲における低温イオン化学研究の新展開  科学研究費  基盤研究(B)展開  科学研究費助成事業  2018/04/01-2022/03/31 
星間分子雲における低温イオン-極性分子反応の系統的測定と量子効果の観測  科学研究費  基盤研究(B)一般  2015/04/01-2018/03/31 
陽子-電子質量比の時間依存性研究のためのCaH+の振動回転定数の決定  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2015/04/01-2017/03/31 
太陽風起源の禁制X遷移の実験室における観測  科学研究費  基盤研究(A)一般  2011/04/01-2015/03/31 
冷却イオントラップによる分子イオンの振動回転基底状態の生成と検出  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2011/04/01-2013/03/31 
詳細表示...

著書
低温と環境の科学事典「11-14 宇宙低温下の気相反応と分子生成」  河村公隆 他編集, 岡田 邦宏  朝倉書店  2016/07/25 
『An isolated atomic particle at rest in free space : a tribute to Hans Dehmelt, Nobel Laureate』 「Probing structure at the femtometer scale」  Hans A. Schuessler ... [et al.] ; (ed.by)E. Norvalk Fortson[etc.] ; OKADA KUNIHIRO, Takashi Nakamura, Michiharu Wada, Kunihiro Okada, Ichiro Katayama  Oxford : Alpha Science  2006/06 
詳細表示...

論文
A study of the translational temperature dependence of the reaction rate constant between CH3CN and Ne+ at low temperatures  Kunihiro Okada, Kazuhiro Sakimoto, Yusuke Takada, Hans A. Schuessler  The Journal of Chemical Physics  AIP Publishing  2020/09/30 
Probing greenhouse gases in turbulent atmosphere by long-range open-path wavelength modulation spectroscopy  Jinbao Xia, Feng Zhu, Sasa Zhang, Alexandre Kolomenskii, Jian Dong, Kunihiro Okada, James Strohaber, Hans. A. Schuessler  Optics and Lasers in Engineering  ELSEVIER  2019/02/21 
Direct determination of the energy of the first excited fine-structure level in Ba6+  Physical Review A  American Physical Society  2019/11/21 
Direct Wavelength Measurement of the Visible M1 Transition in Ba7+ with a Novel Calibration Method  Naoki KIMURA, Ryunosuke KODAMA, Kento SUZUKI, Shimpei OISHI, Michiharu WADA, Kunihiro OKADA, Noriaki OHMAE, Hidetoshi KATORI and Nobuyuki NAKAMURA  Plasma and Fusion Research  The Japan Society of Plasma Science and Nuclear Fusion Research  2019/01/23 
“First direct mass measurements of nuclides around Z=100 with a multireflection time-of-flight mass spectrograph  Y. Ito, P. Schury, M. Wada, F. Arai, H. Haba, Y. Hirayama, S. Ishizawa, D. Kaji, S. Kimura, H. Koura, M. MacCormick, H. Miyatake, J.Y. Moon, K. Morimoto, K. Morita, M. Mukai, I. Murray, T. Niwase, K. Okada, A. Ozawa, M. Rosenbusch, A. Takamine, T. Tanaka, Y.X. Watanabe, H. Wollnik, and S. Yamaki  Physical Review Letters  American Physical Society  2018/04/10 
詳細表示...

研究発表
低温イオン-極性分子反応の分岐比測定へ向けたイオントラップ飛行時間型質量分析計の開発  日本物理学会 第73回年次大会  2018/03/24 
多価イオン共同冷却実験に向けたイオン生成と捕捉  日本物理学会2017年秋季大会  2017/09/21 
A laboratory study of interstellar ion-polar molecule reactions  1st North American Conference on Trapped Ions (NACTI 2017)  2017/08/16 
Photodissociation of sympathetically crystallized CaH+  XXX International Conference on Photonic, Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC 2017)  2017/08/01 
Development of a linear wave Stark velocity filter for studying cold ion-polar molecule reactions in interstellar clouds  XXX International Conference on Photonic, Electronic and Atomic Collisions (ICPEAC 2017)  2017/07/26 
詳細表示...

教育実績
学生実験課題の企画・実施  2006/04-現在 
授業運営の工夫  2003/04-2005/03 
詳細表示...

教科書・教材
量子エレクトロニクス 講義ノート  2012/04/19 
原子分子科学 講義ノート  2012/04/18 
詳細表示...

所属学協会
日本質量分析学会  2012/07/26-現在 
原子衝突学会  1992/04/01-現在 
日本物理学会  1992/03-現在 
詳細表示...