English
上智大学 
理工学部 
情報理工学科 

顔写真 教授 
伊呂原 隆 
イロハラ タカシ 
Irohara Takashi 

 
個人ウェブサイトはこちら  

職歴
日本学術振興会  特別研究員  1995/07/01-1998/03/31 
早稲田大学  助手  1998/04/01-1999/03/31 

学歴
早稲田大学  理工学部  工学経営学科  1993/03/31  卒業 
早稲田大学  理工学研究科  機械工学専攻  修士  1995/03/31  修了 
早稲田大学  理工学研究科  機械工学専攻  博士  1998/03/31  修了 

学位
博士(工学)  早稲田大学  1998/03/15 

研究分野
社会システム工学・安全システム 
生産工学・加工学 

研究キーワード
生産物流システム 
マテリアル・ハンドリング 
サプライ・チェイン・マネジメント 

研究テーマ
生産物流システムにおける最適化に関する研究 
詳細表示...

共同・受託研究希望テーマ
生産効率を最大化する工場レイアウトに関する研究  産学連携等、民間を含む他機関等との共同研究を希望 
詳細表示...

著書
Supply Chain Risk Management "Chapter 1: Supply Chain Risk Management: A Comprehensive Review"  Springer  2017/07 
Toward Sustainable Operations of Supply Chain and Logistics Systems  Wapee Manopiniwes and Takashi Irohara  Springer International Publishing  2015 
『ものづくりに役立つ経営工学の事典 : 180の知識』  日本経営工学会編 ; 日本技術士会経営工学部会, 日本インダストリアル・エンジニアリング協会編集協力 ; 伊呂原隆[他]著  朝倉書店  2014/01/20 
『Computational logistics : 4th international Conference, ICCL 2013, Copenhagen, Denmark, September 25-27, 2013, Proceedings』(Lecture notes in computer science 8197)「From Preparedness to Recovery: A Tri-level Programming Model for Disaster Relief Planning」  (ed. by) Dario Pacino, Stefan Voß, Rune Møller Jensen ; (by) Takashi Irohara, Yong-Hong Kuo, Janny M.Y. Leung  Springer  2013/09/25 
進化技術ハンドブック―第Ⅲ巻 応用編(生産・物流システム)―  伊呂原 隆、電気学会・進化技術応用調査専門委員会編  近代科学社  2012/06/27 
詳細表示...

論文
Scheduling for Sustainable Manufacturing: A Review  Muhammad Akbar and Takashi Irohara  Journal of Cleaner Production  Elsevier  2018 
A Decision-Making Approach for Supplier Selection in Presence of Supply Risk  Zohreh Khojasteh-Ghamari and Takashi Irohara  Journal of Industrial Engineering and Management Science  River publisher  2018 
A social-conscious scheduling model of dual resources constrained identical parallel machine to minimize makespan and operator workload balance  Muhammad Akbar and Takashi Irohara  Proceedings of the Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems conference (APIEMS)  2018/12/05 
A SOCIAL-CONSCIOUS SCHEDULING MODEL OF DUAL RESOURCES CONSTRAINED IDENTICAL PARALLEL MACHINE TO MINIMIZE TARDINESS AND MAXIMIZE OPERATOR PRODUCTIVITY  Muhammad Akbar and Takashi Irohara  Proceedings of Computers and Industrial Engineering (CIE48)  2018/12/02 
A HEURISTIC ALGORITHM FOR LOCATION ROUTING PROBLEM WITH OUTSOURCED DELIVERY  Junko Hosoda and Takashi Irohara  Proceedings of Computers and Industrial Engineering (CIE48)  2018/12/02 
詳細表示...

研究発表
Vehicle Routing Problem with Overlapped Time Windows on Shipping from Online Store  Institute for the Operations Research and Management Science (INFORMS) Annual meeting  2018/11/07 
配送ルート・配送手段決定問題の求解時間に与える拠点固定費の影響に対する考察  日本経営工学会秋季大会  2018/10/27 
アパレル商品の品番を考慮した種まき方式における仕分け作業方法の提案  日本経営工学会秋季大会  2018/10/27 
商品管理温度帯を考慮したクロスドック倉庫ネットワークにおけるトラックの輸送計画  日本経営工学会秋季大会  2018/10/27 
自動車工場の部品倉庫における棚の高さによるピッキング時間の違いと部品同士が同時に生産ラインへ出庫される頻度を考慮した3次元の部品配置問題  日本経営工学会秋季大会  2018/10/27 
詳細表示...

受賞
日本経営工学会 学会賞(学術)  2018/05/25 
横断型基幹科学技術研究団体連合 木村賞  2013/04/25 
日本設備管理学会 論文賞  2007/06/07 
日本経営工学会 論文奨励賞  2006/05/27 
詳細表示...

教育実績
授業運営の工夫  2003/04/01-現在 
詳細表示...

社会活動
(財)社会経済生産性本部 経営アカデミー 生産革新マネジメントコース講師  2008/05-現在 
(社)日本経営工学会・(社)日本OR学会 ・スケジューリング学会 共催 SCM時代の製造マネジメント研究部会 主査(OR学会担当)  2007/04-2009/03 
(財)社会経済生産性本部 経営アカデミー 生産システム革新コース 講師  2005/05-2006/03 
詳細表示...

所属学協会
日本経営工学会  1993/05-現在 
スケジューリング学会  2003/09-現在 
日本オペレーションズ・リサーチ学会  1998/03-現在 
日本機械学会 
IIE(Institute of Industrial Engineers)  2007/04/01-現在 
詳細表示...

委員歴
公益社団法人 日本経営工学会  第31期論文誌編集委員会委員長  2011/07/09-2013/05/31 
社団法人 日本経営工学会  論文誌編集委員会委員  2007/07/06-2009/07/31 
社団法人 日本経営工学会  国際・渉外委員会委員長  2007/07/06-2009/07/31 
詳細表示...