著書
公開件数:23件
No. タイトル 著者 担当範囲 出版社 出版日 ISBN 概要
1 国際コミュニケーションとメディア-東アジアの諸相-
山本賢二・小川浩一編著
第8章 オーストラリア国家の成立とメディアが果たした役割
学文社
2019/03/30
978-4-7620-2907-3
このISBNでOPACを検索する

2 『現代ジャーナリズムを学ぶ人のために[第2版]』(学ぶ人のためにシリーズ)
大井眞二、田村紀雄と編著
第13章 グローバル化とジャーナリズム  pp.212-224
世界思想社
2018/04/30
9784790717157
このISBNでOPACを検索する

3 世界のメディア 
小寺敦之編著
第4章 オーストラリアー多文化社会とメディア pp.85-100
春風社
2018/03/30
9784861105913
このISBNでOPACを検索する
日本、EUほか世界10か国の最新のメディア情勢を解く。
4 Contemporary Australian Studies:       
Literature, History, Film and Media Studies in a Globalizing Age
ed.by ARIMITSU Yasue and SUZUKI Yuga, Guanglin Wang(China), Shiao-Ying Shen(Taiwan), Yasue Arimitsu(Japan), Kate Darian -Smith(Australia),Yeon Lee(South Korea)
Japanese Media and Multicultural Society  (pp.133-148)
Otowa-Shobo Tsurumi-Shoten
2016/06/15
978-4-7553-0292-3
このISBNでOPACを検索する

5 『【ゼミナール】日本のマス・メディア』 第3版
春原昭彦・武市英雄(編) 鈴木雄雅、長谷川倫子
第2章「マス・コミュニケーションの歴史」pp.51-96
日本評論社
2016/04/15
978-4-535-52148-3
このISBNでOPACを検索する

6 『大震災・原発とメディアの役割-報道・論調の検証と展望-』
鈴木 雄雅、山越修三、大井眞二、河井孝仁、大島愼子、ポンサピタック・ピヤほか(上出義樹、沈 霄虹、李 宰豪、尹 玉、賈 曦)
報告4 東日本大震災に関する内外メディアの報道検証および東アジアにおけるマスメディアの規範理論構築の研究 pp.271-384
新聞通信調査会
2013/01/10
978-4-907087-26-5
このISBNでOPACを検索する
3.11東日本大震災及び福島原発事故報道に関する委託調査研究の報告書「東人大震災(特に福島原発事故)に関する内外メディアの報道検証および東アジアにおけるマスメディアの規範理論構築の研究」
7 『新聞をよもう(新聞を読んでみよう 新聞作りに挑戦 新聞博士になろう)』
鈴木 雄雅

教育画劇
2012/02


8 『韓国メディアの現在』
鈴木雄雅, 蔡星慧編著

岩波書店
2012/01/27
978-4-00-025820-3
このISBNでOPACを検索する
韓国メディアのパワーポリティックス/新聞、放送、出版、広告メディア産業/大衆文化/韓国メディアの近未来
9 『オーストラリア入門 第2版』 「歴史(第1章) . 社会(第4章) . メディア(第5章)」
竹田いさみ, 森健, 永野隆行編著 ; 鈴木雄雅, 岡本哲明, 有満保江, 加藤めぐみ, 鎌田真弓, 関根政美, 飯笹佐代子, 橋本雄太郎, 小林信一, 加賀爪優, 森島覚, 久松晶子著
3-19,123-142
東京大学出版会
2007/09/26
9784130032063
このISBNでOPACを検索する

10 『マス・メディアと冷戦後の東アジア : 20世紀末北東アジアのメディア状況を中心に』 (成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書) 「東アジアのマス・メディア:冷戦後の展開」
奥野昌宏編著 ; 鈴木雄雅, 李錬, 張国良, 山本賢二, 銭坂丈夫, 鈴木健二, 小池保夫, 韓綱著
2-25
学文社
2005/02/10
4762013781
このISBNでOPACを検索する
東アジアのマス・メディア:冷戦後の展開―経済成長と「言論の自由」とのはざまで―
11 『「ゼミナール」日本のマス・メディア 第2版』 「マス・コミュニケーションの歴史」
春原昭彦, 武市英雄編 ; 鈴木雄雅, 長谷川倫子著
53-90
日本評論社
2004/05/01
4535513309
このISBNでOPACを検索する

12 『グローバル社会とメディア』(叢書現代のメディアとジャーナリズム, 1)「グローバル化時代の情報格差」
武市英雄, 原寿雄責任編集 ; 鈴木雄雅, 鈴木健二, 鶴木真, 神原直幸, 伊藤高史, 李錬, 石澤靖治, 橋本晃, 北村文夫, 塚本晴二朗著
190-217
ミネルヴァ書房
2003/10/30
4623036189
このISBNでOPACを検索する
グローバル時代の情報格差
13 『大学生の常識』(新潮選書)
鈴木雄雅著

新潮社
2001/11
4106035073
このISBNでOPACを検索する

14 『スポーツ/メディア/ジェンダー』(講座現代文化としてのスポーツ, 2)「スポーツヒーロー論」
鈴木守, 山本理人編著 ; 鈴木雄雅, 音好宏, 谷口源太郎, 島健, 小林章夫, 山本浩, 小林幸夫, 渡辺深, 荻野美佐子, 平尾桂子, 加藤節子, 稲垣正浩, 金山勉
47-59
道和書院
2001/10/31
4810510662
このISBNでOPACを検索する
スポーツヒーロー論
15 『索引・年表・解題集』(日本初期新聞全集, 別巻)
鈴木雄雅監修、河内八郎、北根豊、卓南生、藤井省三編著

ぺりかん社
2000/02
4831509272
このISBNでOPACを検索する

16 『ゼミナール日本のマス・メディア』「マス・コミュニケーションの歴史」
春原昭彦, 武市英雄編 ; 鈴木雄雅, 長谷川倫子 [他] 著
41-78
日本評論社
1998/12/20
4535511780
このISBNでOPACを検索する

17 『オーストラリア入門』
竹田いさみ, 森健編 鈴木雄雅、岡本哲明、有満保江、関根政美、福嶋輝彦、小林信一、加賀爪優
3-19,116-119,121-138
東京大学出版会
1998/06/10
4130032011
このISBNでOPACを検索する
歴史、教育、メディア
18 『すばらしきオーストラリア教育』
オーストラリア雇用教育訓練省編
39-48
ダイヤモンド・ビッグ社 , ダイヤモンド社 (発売)
1994/03
4478078106
このISBNでOPACを検索する

19 『近代日本と情報』(年報・近代日本研究, 12(1990))「日本報道と情報環境の変化」
近代日本研究会編 鈴木雄雅[他]著
12 Issue 23-50
山川出版社
1990/11/05
4-634-61720-X
このISBNでOPACを検索する
日本報道と情報環境の変化―日本報道に関わった外国人ジャーナリスト小史
20 『概説オーストラリア史』(有斐閣選書, [915])
関根政美, 鈴木雄雅, 竹田いさみ, 加賀爪優, 諏訪康雄 著
24-51,319-350
有斐閣
1988/12
4641181047
このISBNでOPACを検索する
「植民地の形成」「オーストラリアのジャーナリズム」ほか
21 『太平洋国家 オーストラリア』
川口浩, 渡辺昭夫編 鈴木 雄雅
193-216
東京大学出版会
1988/11/25
4130300687
このISBNでOPACを検索する
マルチカルチュラル・メディアの現状と展望
22 『自由・歴史・メディア : マス・コミュニケーション研究の課題』「オーストラリアにおける電信の発達と通信社の成長」
荒瀬豊, 高木教典, 春原昭彦編 鈴木雄雅[他]著
199-218
日本評論社
1988/03
4535577080
このISBNでOPACを検索する
オーストラリアにおける電信の発達と通信社の成長
23 『近代日本のジャーナリスト』
田中浩編 鈴木雄雅
21-44
御茶ノ水書房
1987/02/28
4275007360
このISBNでOPACを検索する
欧字新聞群像