Teaching achievements
Number of the published data : 14
No. Achievement title Implementation period Summary
1 イエズス会4大学グローバル・リーダーシッププログラム
2008/01-Present
西江大学(韓国)、アテネオ・デ・マニラ大学(フィリピン)、輔仁大学(台湾)と上智大学が合宿形式で行う学生主体参加型のセミナー(使用言語は英語)。今回が初めての取り組みであり、上智大学国際交流センターを中心に2007年度よりプログラムの策定を行った。初回である今年のテーマは「格差」問題であり、2008年8月3日~9日のプログラム本番に向け、各大学とのプログラム連携、ネットワークの構築を支援している。
2 マカオ大学との国際交流への取り組み(2)
2007/06/21-2007/06/21
2005年に来訪したマカオ大学教育学部より、前回の交流会に続き再度上智大学を訪問したいとの希望があり、2回目の交流会を実施した。今回は、前回のプログラムに改良を加え、マカオ大学学生(32名)と上智大学学生(16名)がそれぞれ事前に用意したプレゼンテーションを行い、教員もそれぞれの教育事情を紹介しあうプログラム構成とした。
3 Global Leaning Program at Yokohama-city HIgh School
2006/11/27-2006/11/27
Development Education Program was held at the first grade of Yokohama-city High School as a global learning program.
4 国際教育協力に関する学外機関の訪問
2006/11/09-2006/11/09
国際教育協力に関する具体的な事例や資料・データを学ぶため、東京・広尾にある「JICA地球ひろば」を訪問、「人間の安全保障」をテーマとした展示を見学した。同施設は、実際に映像を見たり、具体的な事象を視覚に訴える形でわかりやすく展示してあり、ゼミで学んだことを実感する良い機会となった。
5 課外研究会の活動(多文化教育研究会)
2006/10-Present
多文化教育論ならびに国際教育学演習(ゼミ)でとりあげた多文化教育に関心を持つ学生より、課外研究会を立ち上げる希望が出されたのを受け、「多文化教育研究会」を行っている。
6 Symposium at 2006 Conference of Association for the Promotion of Japanese Language Education
2006/07/20-2006/07/20
Prensentation on "International Policies in Asia and Language Education' at 2006 Conference of Association for the Promotion of Japanese Language Education.
7 多文化教育に関する学外機関の訪問
2006/06-Present
国際教育学演習の一環として、2006年6月に地域における多文化共生社会のあり方を考える機会として、新宿区多文化共生センターを訪問した。同センターのご厚意で、新宿区が取り組んでおられる多文化共生への取り組みの現状と課題を学ばせていただいた。本取り組みは2007年6月にも行い、今年で2年目である。
8 International Exchange Program with JICA-Net(3)
2005/12-2005/12
International Exchange Program wit JICA-Net between Sophia University students and University of Philippine on socio-cultural differences beteween Japan and Philippine. This conference was conducted in English only.
9 Panelist at the Symposium by International Students Center of Utsunomiya Univ. and Ibaraki Univ.
2005/08/08-2005/08/08
Presentation as a panelist on "Higher Education Strategies of Asian Countries: International Students Policy as National Development Strategy" at the symposium by International Students Center of Utsunomiya and Ibaraki Univ.
10 マカオ大学との国際交流への取り組み(1)
2005/06/17-2005/06/17
マカオ大学教育学部学生がスタディーツアーの一環として上智大学を訪問することとなり、国際交流センターの協力のもと、授業時間以外の活動として教育学科院生・学部生との交流会を実施した。
11 International Exchange Program with JICA-Net(2)
2004/09-2004/12
International Exchage Prorgam wih JICA-Net between Sophia University Students and a JOCV for Japanese education in China. This program was reported in JICA and Sophia Univ eds. 'International Cooperation of JICA and Japanese education'(March, 2005).
12 International Exchange Program with JICA-Net(1)
2003/12/15-2003/12/15
International Exchange Program between Sophia University Students and Hanoi Foreign Language University in Veit Nam with JICA's assitance through JICA-Net conference system.
13 国際教育学におけるJICA出前講座との連携
2003/11-Present
国際教育学の講義で取り上げる国際教育協力については、JICAの出前講座を利用させていただき、講師の先生をゲストスピーカーにお招きして途上国における国際協力の同行と課題をお話いただく機会を設けている。2003年11月より毎年行っており、2007年6月で5回目を数える。JICAの方のお話がきっかけとなり、JICAやJBICなど国際協力機関に進路を決め、就職や青年海外協力隊に進んだ学生もある。
14 国際教育学演習におけるゼミ杯ディベートの実施
2003/06-Present
国際教育学ゼミでは毎年春学期に、日本における多文化教育をめぐる諸問題をとりあげたうえで、テーマを決め、学生主導でゼミ杯ディベートを行っている。