Research presentations
Number of the published data : 89
No. Assortment Subject of presentation Conference Date Description
1 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
3重言語化するヨーロッパ
シンポジウム「グローバル化と文化変容 ~差別、多言語、ポップカルチャー~」
2019/12/09

2 Other
Florian Coulmas “Beyond the Monolingual Nation State. Economic Theory and the Diffusion of Languages”へのコメント
学習院大学大学院政治学研究科E-Democracy研究会
2019/11/19

3 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
言語管理理論とは何か
学習院大学人文科学研究科ドイツ語・ドイツ文学専攻研究会
2019/11/19

4 Symposium workshop panel(public)
ドイツにおける「引揚げ」(避難・追放)とは
満蒙開拓平和記念館セミナー棟竣工記念シンポジウム「対話から学ぶ歴史と未来 日本とドイツの引揚者・帰国者の戦後」
2019/10/19

5 Oral presentation(general)
Language Management in business interpreting in Japan
6th International Language Management Symposium
2019/09/10
日本のビジネス通訳における言語管理
6 Oral presentation(general)
Sprachmischung als Strategie der Grenzüberwindung: Beispiele aus der deutsch-polnischen Grenzregion
Asiatische Germanistentagung 2019
2019/08/27
越境戦略としての言語混合
7 Other
冷戦下での西ドイツ・ポーランドの和解におけるキリスト教会の役割
ヨーロッパの世俗的・宗教的アイデンティティの行方―政教関係の学際的比較研究―第8回研究会
2019/08/03

8 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
異文化理解と多文化共生の妨げとしての英語
龍谷大学国際社会文化研究所指定研究「異文化理解と多文化共生―人口減少社会を見据えたミクロ・マクロからのアプローチ」ラウンドテーブル
2019/06/16

9 Oral presentation(general)
カシューブ語とソルブ語の言語状況の比較に向けて―言語維持要因としての宗教を中心に―
2018年度日本スラヴ学研究会研究発表会
2019/03/20

10 Oral presentation(general)
ビジネス場面における通訳者の役割―付加価値と限界
日本通訳翻訳学会関西支部第50回例会
2019/03/16

11 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Strategie transgranicznej komunikacji. Perspektywa polsko-niemiecka i sytuacja w Japonii
公開講演
2019/03/13

12 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
『節英』と<やさしい日本語>」公開シンポジウム「<やさしい日本語>とその関連領域
明治学院大学教養教育センター研修会
2019/02/18

13 Oral presentation(general)
演劇にみる接触場面のモデル:ドイツ・ポーランド国境地域の多言語劇の事例から
多言語社会と言語問題シンポジウム報告(言語管理研究会)
2018/12/22

14 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Language management on stage: interlingual strategies in bilingual theater
Seminar “Language Management”
2018/11/23

15 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Who uses interpreters when, where and for what?: Perspectives from international business language management
Sociolinguistic Seminar
2018/11/21

16 Symposium workshop panel(nominated)
日本の外国語教育の課題
ハイブリッドパネル『これからの外国語教育』
2018/07/23

17 Oral presentation(general)
英語で直接話すか通訳を使うか~ビジネスにおける媒介手段の使い分け~
第20回情報保障研究会
2018/03/25

18 Oral presentation(general)
なぜ英語のできる人が通訳者を使うのか?―日英ビジネス通訳の事例から―
日本通訳翻訳学会関西支部第47回例会
2018/03/24

19 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
対立・侵略・追放・和解~ドイツ・ポーランド関係史から考える東アジアの隣国関係~
満蒙開拓平和記念館冬期講座
2018/03/17

20 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
ヨーロッパ統合の障壁・資源としての言語 ― 中欧国境地域の言語管理(language management)から ―
北海道大学スラヴ・ユーラシア研究センター客員研究員セミナー
2018/03/15

21 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Mehrsprachiges Theater als Spiegel und Modell deutsch-polnischer Kommunikation: Beispiele aus der Grenzregion

2018/03/02
ドイツ人とポーランド人のコミュニケーションの鏡およびモデルとしての多言語劇―国境地域の事例から
22 Oral presentation(general)
ドイツ・ポーランド国境における接触場面と言語使用
第19回東京移民言語フォーラム
2018/02/21

23 Symposium workshop panel(nominated)
なぜ、どのように日本で複言語主義を実践するのか
シンポジウム「多言語・複言語教育における東京大学の挑戦」
2018/02/01

24 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
ことばの壁をどう乗り越えるのか~世界とよりよくつながるために必要なこと~

2018/01/26

25 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
なぜいま多言語か
平成29年度「外国語教育強化地域拠点事業」報告会講演
2018/01/21

26 Symposium workshop panel(nominated)
英語だけじゃもったいない!
慶応義塾大学湘南藤沢キャンパス・オープンリサーチフォーラム・平高研究会セッション「今後、日本で多言語教育は実現されうるか-英語に偏重する我が国の言語政策」報告
2017/11/22

27 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
節英から多言語へ~なぜ、どのように節英するのか~
日本外国語教育推進機構 (JACTFL)平成29年度講演会
2017/11/19

28 Other
総合的な(インテグラル)エコロジーに向けて〜科学技術知(scientia)から統合智(sapientia)へ〜
地球システム・倫理学会 第13回学術大会
2017/11/11

29 Oral presentation(invited, special)
Why and how ideology matters for Language Management Theory
5th International Language Management Symposium
2017/09/13
イデオロギーはなぜ、そしてどのように言語管理理論にとって重要か
30 Symposium workshop panel(nominated)
How universities can promote sustainability through renewable energy
Workshop "How universities can promote sustainability through renewable energy"
2017/05/27

31 Oral presentation(general)
言語的媒介手段の長短を比較する―共通語、当事者言語、通翻訳
第18回情報保障研究会
2017/03/26

32 Oral presentation(general)
言語管理プロセス再考―「事後評価」の段階について―
2016年度言語管理研究分科会合同研究会
2016/12/17

33 Oral presentation(general)
Signs of deterritorialization? - Linguistic Landscape at the Germen-Polish border、 Session 1: Transition or Not among Germany's Neighbors
25 years after: Post-Communism’s Vibrant Diversity 体制転換から四半世紀:ポスト共産主義社会の多様化を再考する(Slavic-Eurasian Research Center 2016 Winter Intrnational Symposium北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター2016年度冬期国際シンポジウム
2016/12/08
脱領域化の兆候か:ドイツ・ポーランド国境における言語景観、体制転換の有無とドイツの境界
34 Oral presentation(general)
ドイツ・ポーランド国境における言語景観
第15回東京移民言語フォーラム
2016/11/23

35 Symposium workshop panel(nominated)
ドイツのエネルギー転換とキリスト教
上智大学ヨーロッパ研究所ミニ・シンポジウム「ドイツの環境意識の背景を探る」
2016/11/17

36 Oral presentation(keynote)
Interlinguale Strategien und Interkulturalität
Internationale Tagung der Gesellschaft für interkulturelle Germanistik, Plenarvortrag
2016/10/06
異言語間方略と異文化間交流、基調講演
37 Symposium workshop panel(public)
言語イデオロギー研究の射程と可能性―ミクロ・マクロをつなぐために―
社会言語科学会第33回大会ワークショップ
2016/09/04

38 Oral presentation(general)
だれがいつどこで何のために通訳を使うのか―日英ビジネス通訳の事例から-
社会言語科学会第33回大会
2016/09/04

39 Oral presentation(general)
多言語管理の方略としての通訳
上智言語学会第31回大会ワークショップ「応用言語学の視点から見た通訳研究」講演
2016/07/16

40 Oral presentation(general)
ドイツ東部国境地域における継承語としてのポーランド語教育の現状と課題
第14回東京移民言語フォーラム
2016/07/09

41 Oral presentation(general)
節英の作法~英語および多言語とつきあうための実践的提案に向けて~
第16回情報保障研究会
2016/03/27

42 Oral presentation(general)
境界研究にとって「言語」とは何か ― ドイツ・ポーランド国境地域を事例として
北海道大学スラヴ・ユーラシア研究センター客員研究員セミナー
2016/03/16

43 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Japan 5 Jahre nach "Fukushima" - Leben und Politik in Tokyo und Fukushima-
Vortrag und Diskussionsrunde, Kölner Büro der Sophia-Universität
2016/02/25
福島原発事故から5年目の日本―東京と福島の生活と政治―
44 Oral presentation(general)
ドイツの教会にみる環境倫理とその実践
上智大学生命倫理研究所・南山大学社会倫理研究所共催第5回公開シンポジウム「環境と倫理」
2015/12/12

45 Oral presentation(general)
Reconsidering ‘the process’ in Language Management
ソフィア・シンポジウム Fourth International Language Management Symposium
2015/09/26

46 Oral presentation(general)
The Researcher a part of language management processes: A case study on a research project on European integration
Fourth International Language Management Symposium
2015/09/26
言語管理過程の一部としての研究者―ヨーロッパ統合に関する調査企画の事例から
47 Symposium workshop panel(public)
Roundtable: New opportunities and challenges in international Area Studies
IX World Congress of ICCEES (International Council for Central and East European Studies)
2015/08/06
国際的な地域研究の新しい可能性と挑戦
48 Oral presentation(general)
Communication management at the German-Polish border
IX World Congress of ICCEES (International Council for Central and East European Studies)
2015/08/06
ドイツ・ポーランド国境におけるコミュニケーション管理
49 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
キリスト教(徒)は原発とどのように向き合うのか~ 環境神学の思想と実践から~
国際基督教大学社会科学研究所講演&対話「宗教は3.11後のエネルギー問題にどう応えるか?~キリスト教、神道、仏教と環境倫理~」(ディスカッサント 山本 良一)
2015/05/08

50 Oral presentation(general)
The Role of Esperanto in Interlinguistic Geostrategies (La rolo de Esperanto en interlingvaj geostratetioj)
International Conference on Multilingual Perspectives in Geolinguistics
2015/04/11
地球規模の媒介言語諸方略の中のエスペラントの役割
51 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Motoki Nomachi “The Rise, Fall, and Revival of the Banat Bulgarian Literary Language: Sociolinguistic History from the Perspective of Trans-border Interactions”へのコメント

2015/03/30

52 Symposium workshop panel(nominated)
Discussant, Session 4. Micro-literary Languages in European Context
International Symposium Slavic Minorities and their (Literary) Languages in the European Context and Beyond: the Current Situation and Critical Challenges
2015/01/31
「少数言語の確立と促進のモデルとしてのミランダ語の可能性」(寺尾智史)および「ブランデンブルクにおける下ソルブ語の維持」(マドレナ・ノルベルク)へのコメント
53 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
ことばを創る―復興言語コーンウォール語と計画言語エスペラントの事例から
特別講義およびワークショップ「ヨーロッパ統合における言語の役割」
2015/01/08

54 Oral presentation(general)
ドイツ・オーストリア・スイスの「脱原発」決定への道
シンポジウム「エネルギー転換の思想と実践 ~スイス・ドイツの事例と日本の方向性~」
2014/11/21

55 Oral presentation(general)
ドイツのキリスト教会の環境問題への取組みの思想と実践
地球システム・倫理学会第10回学術研究大会報告
2014/11/15

56 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
ヨーロッパ統合の中のドイツと隣人たち~ドイツ・ポーランド関係を中心に~

2014/11/10

57 Oral presentation(general)
Culture First――市民社会の復元力を萌しとするポスト東日本大震災の文化再生のために
シンポジウム「文化政策による中小都市の再生――ドイツ・中欧と日本の対話」
2014/09/04
Culture First. Zum Wiederaufblühen des nordjapanischen Kulturlebens nach Erdbeben und Tsunami 2011 (Fukushima) als Zeichen von Resilienzstärkung der Bürgergesellschaft
58 Oral presentation(general)
Language Rights and Disability Studies
Research Committee 25 Language and Society, regular session: Current Debates in Japanese Scholarship on Language and Society
2014/07/18
言語権と障害学
世界社会学大会報告
59 Oral presentation(general)
Language life of Japanese expatriates and spouses living in non-English speaking cities – Three cities comparison –
Sociolinguistic Symposium 20
2014/06/16
非英語圏都市に在住する日本人駐在員および配偶者の言語生活:3都市の比較
60 Symposium workshop panel(nominated)
言語問題に対する単純管理と組織管理:EU統合の現場から
日本言語政策学会第16回大会シンポジウム「ボトムアップの言語政策研究―立案側と現場のギャップを埋めるために―」
2014/06/07
予稿集30-32ページ
61 Oral presentation(general)
言語権と障害学
第11回情報保障研究会
2014/03/29

62 Oral presentation(general)
非英語圏在住日本語母語話者の言語生活:デュッセルドルフ、上海の場合
社会言語科学会第33回大会報告
2014/03/15

63 Oral presentation(invited, special)
Deteritoriiĝo” ĉe la german-pola landlima regiono kaj ĝia signifo por la malplimulta soraba lingvo: el vidpunkto de lingva pejzaĵo
Jornada La territorialitat lingüística
2014/02/21
ドイツ・ポーランド国境地域における「脱領域化」と少数言語にとってのその意味―言語景観の観点から
64 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
ドイツのキリスト教界における環境問題への取組―ドイツ福音教会大会の事例から―
関東学院大学キリスト教と文化研究所公開研究会
2013/11/30

65 Oral presentation(general)
環境としての言語―多言語共生の思想―
上智大学ヨーロッパ研究所シンポジウム「日本とヨーロッパを結ぶ「共生」の思想 ― 宗教、哲学、環境思想、言語学の側面から考える―」(共催: 科学研究費共同研究「東アジアから発信する〈共生のための知〉の探求と構築」— 仏教思想とキリスト教思想における〈個と普遍〉を巡る宗教哲学的研究からの寄与—)
2013/11/17

66 Oral presentation(general)
The increase of English-medium instruction in Japanese universities
Nitobe Symposium on Languages and Internationalization in Higher Education: Ideologies, Practices, Alternatives
2013/07/19
日本の大学における教授言語としての英語の増加、高等教育の国際化と言語に関する新渡戸シンポジウム報告
67 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Wie verständigt man sich an der deutsch-polnischen Grenze? - Es gibt mehr Möglichkeiten als man denkt
Osteuropakolloquium
2013/07/08
ドイツ・ポーランド国境ではどのように意志疎通できるのか?-予想以上に多くの可能性、ヴィアドリナ・ヨーロッパ大学東ヨーロッパ・コロキウム報告
68 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Dwujęzyczność na pograniczu polsko-niemieckim
シロンスク研究所公開講演会講演
2013/06/19
ドイツ・ポーランド国境における二言語性
69 Oral presentation(general)
Mehrsprachigkeit in der deutsch-polnischen Grenzregion – Bilanz eines einjährigen Forschungsaufenthalts
Forschungscolloquium „Migration und Minderheiten
2013/06/14
ドイツ・ポーランド国境地域での多言語使用―1年間の研究滞在から、ヴィアドリア・ヨーロッパ大学研究コロキウム報告
70 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Strategie komunikacji językowej na polsko-niemieckim pograniczu
ポズナニ大学言語学研究所講演会講演
2013/06/06
ドイツ・ポーランド国境地域における言語コミュニケーションの諸方略
71 Oral presentation(invited, special)
Prohibiting Sorbian at the Workplace - A case study on the cyclical process of language management
プラハ大学社会言語学セミナー報告
2013/05/15
職場でのソルブ語の禁止―言語管理理論における循環的過程の事例研究
72 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Transnational Communication Management in Border Regions - How To Deal With Linguistic Asymmetry?
南デンマーク大学公開講演会
2013/04/24
境界地域でのトランスナショナルなコミュニケーション管理-言語非対称性をどう扱うか?
73 Oral presentation(general)
「文化政策」に関する日独合同遠隔ゼミ(上智大学ドイツ語学科とケルン大学日本学科)の実践報告
第2回JaF trifft DaF 懇談会(第19回ドイツ語圏大学日本語教育研究会シンポジウム)報告
2013/03/01

74 Oral presentation(general)
Sprache als Barriere und Chance im Kontext der Arbeitnehmerfreizügigkeit – mit besonderer Berücksichtigung der deutsch-polnischen Grenzregion
Forschungscolloquium „Migration und Minderheiten
2013/01/26
被雇用者の移動の自由化における障壁と機会としての言語 ― 特にドイツ・ポーランドの国境地域を参照しながら、ヴィアドリア・ヨーロッパ大学研究コロキウム報告
75 Poster presentation
A Comparative Study on Interlingual Strategies: Insights from the German-Polish Border
Canon Foundation in Europe Regional Fellow Meeting
2012/11/23
異言語間方略の比較研究:ドイツ-ポーランド国境地域から
76 Oral presentation(general)
Interlinguale Kommunikationsmöglichkeiten an der deutsch-polnischen Grenzregion
Internationales Kolloquium „Global Summer and Language Use"
2012/08/28
ドイツ-ポーランド国境地域での異言語間コミュニケーション、ヴィアドリア・ヨーロッパ大学国際コロキウム報告
77 Oral presentation(general)
Language Behaviors of Japanese Native Speakers in Non-English-Speaking Cities
Sociolinguistic Symposium 19
2012/08/23
非英語都市における日本語母語話者の言語行動
78 Oral presentation(general)
英語と原発-エネルギー問題の言語政策への示唆
日本言語政策学会第14回大会報告
2012/06/10

79 Oral presentation(general)
原発と英語
第9回情報保障研究会報告
2012/03/24

80 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
なぜエネルギー問題が信仰(者)の課題となるのか―チェルノブイリ後のドイツとフクシマ後の日本―
関東学院大学キリスト教と文化研究所公開シンポジウム「環境問題から見た東日本大震災の意味とキリスト教の役割-環境神学の構築をめざして-」報告
2012/03/17

81 Symposium workshop panel(public)
自分の電力は自分で選ぶ-ドイツの経験から(木村護郎クリストフ&ドイツ社会研究ゼミ有志)
上智大学ヨーロッパ研究所/グローバル・スタディーズ研究科/比較文化研究所「上智大学口述の歴史プロジェクト報告&映画上映(『シェーナウの想い Das Schönauer Gefühl』)「ONE YEAR LATER. 人びとの目線でさぐる「3.11」:生活、活動、そして可能性」
2012/02/12

82 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
言語政策としての言語行動-言語選択研究の展望と課題
慶應義塾大学次世代研究プロジェクト推進プログラム「海外主要都市における日本語人の言語行動」第3回 講演会講演
2012/01/27

83 Oral presentation(general)
The role of language ideology in norm negotiation
Second International Language Management Symposium. Norm Diversity and Language Management in Globalized Settings
2011/10/02
規範の交渉における言語イデオロギーの役割
84 Symposium workshop panel(nominated)
少数言語調査の経験から
社会言語科学会第28回大会シンポジウム「ウェルフェア・リングイスティクス(福祉言語学)の可能性について考える―調査における研究者と当該コミュニティとの関係性という観点から―
2011/09/18
予稿は、『社会言語科学会第28回大会発表論文集』、260-261ページ
85 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
上智大学におけるCALLシステムの活用
第5回上智大学CALLセミナー報告
2011/07/22

86 Oral presentation(general)
言語権からみた日本の言語問題
第6回情報保障研究会報告
2011/03/27

87 Public discourse, seminar, tutorial, course, lecture and others
Sprache als Ressource. Möglichkeiten interlingualer Kommunikation in Grenzregionen
ザクセン文化基盤研究所ツィッタウ・ゲルリッツ大学公開講演
2011/03/17
資源としての言語―国境地域における異言語間コミュニケーションの可能性
88 Symposium workshop panel(nominated)
Comments to“The present state of Cornish language and culture revitalization“ (Davyth HICKS) and“The present state of Gaelic language and culture revitalization in Scotland” (Robert DUNBAR)
「ケルト諸語文化の復興、その文化的多様性の意義を探る」シンポジウム(共催:鹿児島大学、日仏会館、多言語社会研究会、日本ケルト学会)
2011/01/31
「コーンウォールにおけるケルノウ語文化復興の現状」(ダヴィス・ヒックス)および「スコットランドにおけるゲール語文化復興の現状」(ロバート・ダンバー)へのコメント
89 Symposium workshop panel(public)
地域の再活性化における文化の可能性-イギリス(コーンウォール)と日本(越後妻有)の事例から-
ヨーロッパ研究所ワークショップ司会
2011/01/26
Workshop The Potential of Culture in Regional Revitalization: Cases from Great Britain and Japan