論文
公開件数:120件
No. 掲載種別 単著・共著区分 タイトル 著者 誌名 出版者 巻号頁 出版日 ISSN DOI 概要
1 (MISC)講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
単著
「ドイツ人の『避難・追放』から考える『引揚』の歴史」
木村護郎クリストフ
満蒙開拓平和記念館編『セミナー棟竣工記念シンポジウム「対話から学ぶ歴史と未来 日本とドイツの引揚者・帰国者の戦後」報告書』
満蒙開拓平和記念館
14-23頁
2020/03



2 研究論文(学術雑誌)
単著
障害学的言語権論の展望と課題[改訂版]
木村護郎クリストフ
社会言語学

別冊巻 3号, 15-33頁
2020/03



3 研究論文(学術雑誌)
単著
Strategie komunikacji transgranicznej: perspektywa polsko-niemiecka a sytuacja w Japonii
KIMURA, Goro Christoph
Język. Komunikacja. Informacja

85-101頁
2020/03


越境コミュニケーションの諸方略―ドイツ・ポーランド間の展望と日本の状況
4 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
The Concept of Minority and Minority Policy in Germany
KIMURA, Goro Christoph
上智大学外国語学部紀要 Bulletin of the Faculty of Foreign Studies

54号, 45-78頁
2020/03


ドイツにおけるマイノリティ概念とマイノリティ政策
5 (MISC)書評,文献紹介等
単著
本紹介『幸せのマニフェスト―消費社会から関係の豊かな社会へ』
木村護郎クリストフ
クルマ社会を問い直す

99号, 33-34頁
2020/03/31



6 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 多言語使用の促進
木村護郎クリストフ
ことばと社会

21号
2019/11



7 研究論文(学術雑誌)
単著
Interlinguale Strategien im Vergleich: allgemeine Eigenschaften und deutsch-polnische Anwendungen
KIMURA, Goro Christoph
Jahrbuch der Gesellschaft für Interlinguistik 2019
Leipziger Universitätsverlag
43-57頁
2019/11


異言語間方略の比較―一般的特徴およびドイツ・ポーランドにおける応用
8 (MISC)書評,文献紹介等
単著
「「やさしい日本語」のさらなる可能性」(『「やさしい日本語」で観光客を迎えよう』(加藤好崇編著、大修館書店2019)書評」
木村護郎クリストフ
英語教育

11号, 92-頁
2019/11/01



9 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
媒介言語論へのアプローチとしての言語景観―ドイツ・ポーランド国境の事例
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2018年度


2019/07



10 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
単著
境界研究へのアプローチとしての言語管理─ 中央ヨーロッパ国境地域の事例から ─
木村護郎クリストフ
境界研究

9号, 47-58頁
2019/03



11 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 アンゲラ・メルケル『わたしの信仰』(新教出版社2018)
木村護郎クリストフ
本のひろば

2月号, 4-5頁
2019/02



12 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 持続可能性と言語権
木村護郎クリストフ
ことばと社会

20号, 210-210頁
2019/01



13 (MISC)書評,文献紹介等

映像の中の多言語 NHK特集ドラマ(2018)『どこにもない国』にみる「節英」の極北
木村護郎クリストフ
ことばと社会

20号, 202-206頁
2019/01



14 研究論文(学術雑誌)
共著
英語のできる人がなぜ通訳者を使うのか? -日英ビジネス通訳の事例から-
高橋絹子・木村護郎クリストフ
通訳翻訳研究への招待

19号, 91-108頁
2018



15 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
異言語間コミュニケーションにおける学校の可能性―ドイツ・ポーランド国境の事例から―
木村護郎クリストフ
『学校を通して見る移民コミュニティ-多言語使用と言語意識に関する報告-』(『東京大学言語学論集』)

別冊2号, 93-100頁
2018



16 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
研究成果の社会への発信について―ドイツ・ポーランド国境地域の異言語間コミュニケーションの場合
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2017年度

44-48頁
2018/07



17 (MISC)書評,文献紹介等
単著
木戸沙織『多言語国家ルクセンブルク―教会にみる三言語の使い分けの実例』
木村護郎クリストフ
ドイツ文学

156号, 232-235頁
2018/03



18 (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
共著
日独共学と「やさしい日本語/leichte Sprache」の導入
米山かおる/木村護郎クリストフ
ドイツ語教育

22号, 75-81頁
2018/03



19 研究論文(学術雑誌)
単著
Signs of De-territorialization?: Linguistic Landscape at the German-Polish Border
Goro Christoph Kimura
Eurasia Border Review

8巻, 45-58頁
2017


脱領域化のきざし?―ドイツ・ポーランド国境における言語景観
20 研究論文(学術雑誌)
単著
Interlinguale Strategien als Element der Interkulturalität: Dargestellt am Beispiel des Sprachmanagements einer deutsch-polnischen Theaterinszenierung
Goro Christoph Kimura
Aussiger Beiträge. Germanistische Schriftenreihe aus Forschung und Lehre

11号, 141-154頁
2017


異文化間をつなぐ要素としての異言語間方略―ドイツ語・ポーランド語による演劇の言語管理の事例から
21 (MISC)書評,文献紹介等
単著
英語に厳しすぎか甘すぎか―『節英のすすめ』(萬書房、2016年)の二つの書評への応答―
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
157-160頁
2017/11/30



22 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 言語権論の展開
木村護郎クリストフ
ことばと社会

256-頁
2017/10



23 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 徴兵制のない日本で兵役拒否を考える意味 ~キム・ドゥシク(山田寛人訳)『「平和主義」とは何か-韓国の良心的兵役拒否から考える』(かんよう出版2017年)を読んで~
木村護郎クリストフ
非暴力平和隊(NPJ)ニューズレター

20-23頁
2017/09/22



24 (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
単著
The role of language ideology in norm negotiation
KIMURA GORO CHRISTOPH
Working Papers in Language Management 2


2017/07



25 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
ドイツ・ポーランド国境地域における言語混合と混合言語
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2016年度

41-43頁
2017/07



26 研究論文(学術雑誌)
共著
だれがいつどこで何のために通訳を使うのか-日英ビジネス通訳の事例から-
高橋絹子/木村護郎クリストフ
通訳翻訳研究への招待

17号, 1-19頁
2017/06/30



27 (MISC)総説・解説(その他)
共著
ソルブ語研究への誘い
笹原健/木村護郎クリストフ
新ソルブ通信http://serbja.web.fc2.com/


2017/06/25



28 研究論文(学術雑誌)
単著
Kiel Esperanton en Orienta Azio instrui?
Goro Christoph Kimura
Internacia Pedagogia Revuo

17巻 1号, 4-12頁
2017/03/01


東アジアでエスペラントをどのように教えるか
29 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 日本の言語教育
木村護郎クリストフ
ことばと社会

18号, 163-頁
2016/10



30 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
異言語間コミュニケーションにおける通訳:ヨーロッパにおける位置づけとドイツ・ポーランド国境地域の事例から
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2015年度

39-43頁
2016/07



31
単著
キリスト教会はなぜ、そしてどのように環境問題に関わろうとするのか―ドイツの事例から
木村護郎クリストフ
上智ヨーロッパ研究

8号, 43-59頁
2016/03



32 研究論文(学術雑誌)
単著
Wuznam nałožowanja serbšćiny w cyrkwi za jeje zachowanje – Přikładowa studija z katolskeje wosady
Goro Christoph Kimura
Lětopis

63号, 56-68頁
2016/01


教会におけるソルブ語使用が言語維持に果たす役割-カトリック小教区の事例から
33 (MISC)その他記事
単著
“Deteritoriiĝo” ĉe la german-pola landlima regiono kaj ĝia signifo por la malplimulta soraba lingvo: el vidpunkto de lingva pejzaĵo
Goro Christoph Kimura
Etnismo

96号, 4-9頁
2015/12


ドイツ・ポーランド国境地域における「脱領域化」と少数言語にとってのその意味―言語景観の観点から
34
単著
障害学的言語権論の展望と課題
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
15号, 1-18頁
2015/11



35 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 日本(人)と英語
木村護郎クリストフ
ことばと社会

17号, 239-頁
2015/10



36 研究論文(学術雑誌)
単著
Wie wird die sorbische Sprache erhalten? Ein Beispiel aus einer katholisch-sorbischen Gemeinde
KIMURA Goro Christoph
日本ドゥンガン研究会報

8号, 130-140頁
2015/09



37
単著
Review of Erzsébet Bárat, Patrick Studer and Jiří Nekvapil (eds.). Ideological Conceptualizations of Language. Discourses of Linguistic Diversity. Frankfurt am Main: Peter Lang. 2013
KIMURA GORO CHRISTOPH〔etc〕
Linguistica Pragensia

2/2015号, 179-183頁
2015/09



38
単著
何が少数言語を維持させるのか? ― ソルブ語の場合
木村護郎クリストフ
日本ドゥンガン研究会報

8号, 126-129頁
2015/09



39 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
相手言語の相互使用という可能性:ドイツ語圏境界地域での議論と実践から 
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2014年度

37-40頁
2015/07



40 研究論文(国際会議プロシーディングス)
単著
The Role of Esperanto in Interlinguistic Geostrategies (La rolo de Esperanto en interlingvaj geostratetioj)
Wayne Finke, Hikaru Kitabayashi (eds.);KIMURA GORO CHRISTOPH [etc.]
Multilingual Perspectives in Geolinguistics; Wayne Finke, Hikaru Kitabayashi (eds.)
Raleigh (North Carolina): Lulu Press
153-160頁
2015/06


地球規模の媒介言語諸方略の中のエスペラントの役割
41 (MISC)書評,文献紹介等
単著
Review of Erzsébet Bárat, Patrick Studer and Jiří Nekvapil (eds.). Ideological Conceptualizations of Language. Discourses of Linguistic Diversity. Frankfurt am Main: Peter Lang. 2013
GORO KIMURA CHRISTOPH〔etc〕
Language Problems & Language Planning

39巻 1号, 105-106頁
2015/04



42 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 Jacqueline Mowbray, Linguistic Justice : International Law and Language Policy (特集 国際関係における言語をめぐる諸相)
木村護郎クリストフ
コスモポリス
上智大学大学院グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻『コスモポリス』編集委員会
9号, 19-22頁
2015/03
18822967
このISSNでOPACを検索する


43 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
異言語間コミュニケーションのための諸方略の基本的特徴-ドイツ・ポーランド国境の事例から
木村護郎クリストフ
上智ヨーロッパ研究
上智大学
7号, 59-88頁
2015/03
18835635
このISSNでOPACを検索する

異言語間コミュニケーションのための諸方略の基本的特徴 ― ドイツ・ポーランド国境の事例から
44 研究論文(学術雑誌)
単著
Spracherhalt als Prozess: Elemente des kirchlichen Sprachmanagements bei den katholischen Sorben
Goro Christoph Kimura
International Journal of the Sociology of Language
DE GRUYTER MOUTON
232号, 13-32頁
2015/03
16133668
このISSNでOPACを検索する

過程としての言語維持-カトリック・ソルブにおける教会の言語管理から
45 (MISC)総説・解説(国際会議プロシーディングズ)
単著
『文化政策による中小都市の再生 : ドイツ・中欧と日本の対話 : 2014年度 知的交流会議報告書』「Culture First 市民社会の復元力を萌しとする東日本大震災の文化再生」
藤野一夫監修・三宅洸太朗編集統括;木村護郎クリストフ[他]著

神戸大学大学院国際文化研究科藤野研究室
60-66頁
2015/03



46 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
ドイツ福音教会信徒大会における環境問題への取組み
木村護郎クリストフ
キリスト教と文化 : 関東学院大学キリスト教と文化研究所所報
関東学院大学キリスト教と文化研究所
13号, 155-161頁
2015/03
13481878
このISSNでOPACを検索する


47 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
"Desterritorialització” a la regió fronterera germanopolonesa i la seva importància per al sòrab com a llengua minoritària (des del punt de vista del paisatge lingüístic)
KIMURA GORO CHRISTOPH
Kataluna Esperantisto: Llengua internacional i drets lingüístics

362-363号, 13-19頁
2014/12


ドイツ・ポーランド国境地域における「脱領域化」と少数言語にとってのその意味―言語景観の観点から
48 研究論文(学術雑誌)
単著
Language management as a cyclical process: A case study on prohibiting Sorbian in the workplace
KIMURA GORO CHRISTOPH
Slovo a slovesnost

75巻 4号, 255-270頁
2014/11
00377031
このISSNでOPACを検索する

http://sas.ujc.cas.cz/archiv.php?art=4257
49 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 Erzsebet BARAT, Patrick STUDER, Jiri NEKVAPIL (eds.) : Ideological Conceptualizations of Language : Discourses of Linguistic Diversity (Prague Papers on Language, Society and Interaction; vol.3)
木村護郎クリストフ [評]
ことばと社会 : 多言語社会研究
三元社
16号, 210-215頁
2014/10
9784883033652
このISSNでOPACを検索する


50 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 言語権論
木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
16号, 265-頁
2014/10
9784883033652
このISSNでOPACを検索する


51 (MISC)講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
単著
世界と日本における対話の架け橋としてのエスペラント
木村護郎クリストフ
第100回日本エスペラント大会記念公開講演会〈2013年〉報告書 : 日本にとってのエスペラント エスペラントにとっての日本 : 歴史から学ぶ未来への展望
日本エスペラント協会
49-69頁
2014/10
9784888870849
このISSNでOPACを検索する


52 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
ドイツ・ポーランド国境における相互乗り入れ型コミュニケーション
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2013年度

40-43頁
2014/07



53 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
言語問題に対する単純管理と組織管理:EU統合の現場から(シンポジウム「ボトムアップの言語政策研究―立案側と現場のギャップを埋めるために―」)
木村護郎クリストフ
日本言語政策学会第16回大会予稿集

30-32頁
2014/06



54 研究論文(学術雑誌)
単著
Strategie komunikacji językowej na polsko-niemieckim pograniczu
KIMURA GORO CHRISTOPH
Język. Komunikacja. Informacja
Joanna Kozakiewicz IJ/UAM
8号, 109-124頁
2013/12
18969585
このISSNでOPACを検索する

ドイツ・ポーランド国境地域における言語コミュニケーションの諸方略
http://jki.amu.edu.pl/files/JKI%20-%20tom%208%20-%202013.pdf
55 (MISC)書評,文献紹介等
共著
Interlinguistisch relevante Fachliteratur 2011/12
Kimura Goro Christoph & Sabine Fiedler
Plansprachen – ideengeschichtliche Aspekte (Interlinguistische Informationen Beiheft 20)
GIL
95-103頁
2013/11
14323567
このISSNでOPACを検索する

国際語論関連新刊紹介
56 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 英語のメガホンをとれ! : 世界の英語化による公正のすすめ
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
13号, 187-193頁
2013/11
13464078
このISSNでOPACを検索する


57 研究論文(学術雑誌)
単著
Hat Esperanto eine Innere Idee?– Eine Betrachtung aus Sicht der Sprachideologie
KIMURA GORO CHRISTOPH
Plansprachen – ideengeschichtliche Aspekte (Interlinguistische Informationen Beiheft 20)
Berlin: Gesellschaft für Interlinguistik,
57-66頁
2013/11
14323567
このISSNでOPACを検索する

エスペラントには内在理念があるのか
58 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 ヨーロッパの多言語主義
木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
15号, 239-頁
2013/10
9784883033454
このISSNでOPACを検索する


59 (MISC)書評,文献紹介等
単著
Review of Normann J. Jørgensen (ed.). A Toolkit for Transnational Communication in Europe
Goro Christoph Kimura
Language Problems & Language Planning
University of Texas Press
37巻 2号, 197-198頁
2013/09
02722690
このISSNでOPACを検索する


60 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
ドイツ・ポーランド間における通用語としてのドイツ語
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2012年度

35-38頁
2013/07



61 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
単著
なぜエネルギー問題が信仰(者)の課題となるのか―チェルノブイリ後のドイツとフクシマ後の日本―
木村護郎クリストフ
キリスト教と文化(環境問題から見た東日本大震災の意味とキリスト教の役割―『環境神学』の構築をめざして)
関東学院大学キリスト教と文化研究所
11号, 13-19頁
2013/03



62 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
比較媒介言語論序説
木村護郎クリストフ、泉邦寿、市之瀬敦、リサ・フェアブラザー、シモン・テゥシェ
Sophia linguistica
Graduate School of Languages and Linguistics, Linguistic Institute for International Communication, Sophia University
60号, 81-103頁
2013/03
02875357
このISSNでOPACを検索する


63 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)からみた上智大学外国語学部学生の複言語能力自己評価
渡部良典、木村護郎クリストフ、原田早苗、西村君代、市之瀬敦、安達祐子、Lisa Fairbrother
上智大学外国語学部紀要
上智大学外国語学部
47号, 211-234頁
2013/02
02881918
このISSNでOPACを検索する


64 (MISC)書評,文献紹介等
単著
Review of Nekvapil, J. and T. Sherman (eds.) Language Management in Contact Situations: Perspectives from Three Continents. Frankfurt am Main, Berlin, Bern, Bruxelles, New York, Oxford, Wien: Peter Lang, 2009
Goro Christoph Kimura
Linguistica Pragensia
Českoslovenaká akademie věd, Ústav pro jazyk český
23巻 1号, 69-74頁
2013/01
08628432
このISSNでOPACを検索する


65 研究論文(その他学術会議資料等)
単著
Polnisch im Kontext der Arbeitnehmerfreizügigkeit in der deutsch-polnischen Grenzregion
KIMURA GORO CHRISTOPH
Polski w niemczech pismo Federalnego Związku Nauczycieli Języka Polskiego = Polnisch in Deutschland : Zeitschrift der Bundesvereinigung der Polnischlehrkräfte
Bundesvereinigung der Polnischlehrkräfte
37-45頁
2013/01
21978565
このISSNでOPACを検索する

ドイツ·ポーランド国境地域における労働者の自由移動の文脈でのポーランド語
http://polnischunterricht.de/wp-content/uploads/2013/01/polski_w_niemczech.pdf
66 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評  Jiří Nekvapil and Tamah Sherman (eds), Language Management in Contact Situations. Perspectives from Three Continents
KIMURA GORO CHRISTOPH
Linguistica Pragensia
Institute for the Czech Language
1号, 69-74頁
2013/01
08628432
このISSNでOPACを検索する


67 (MISC)書評,文献紹介等
共著
書評 砂野幸稔編『多言語主義再考 : 多言語状況の比較研究』[糟谷啓介氏の書評への応答]
砂野幸稔+李守、フフバートル、寺尾智史、品川大輔、木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
12号, 137-148頁
2012
13464078
このISSNでOPACを検索する


68 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
Sorbian studies in Japan: trends and perspectives
SASAHARA Ken, KIMURA GORO CHRISTOPH
Slavia Occidentalis
Instytut Zachdnio-Słowiański przy Uniwersytecie Poznańskim
69号, 123-130頁
2012/12
00810002
このISSNでOPACを検索する


69 研究論文(学術雑誌)
単著
原発と英語 : 日本における普及過程、問題構造および対策の共通性
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
12号, 35-52頁
2012/11
13464078
このISSNでOPACを検索する


70 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評 媒介言語論
木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
14号, 343-344頁
2012/10
9784883033232
このISSNでOPACを検索する


71 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
キリスト教と原発―ドイツの事例から
木村護郎クリストフ
地球システム・倫理学会会報
地球システム・倫理学会
7号, 113-118頁
2012/10



72 (MISC)速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
単著
Cornish and Esperanto: similar enterprises?
KIMURA GORO CHRISTOPH
ケルティック・フォーラム
日本ケルト学会
15号, 59-65頁
2012/10
1342940X
このISSNでOPACを検索する

ケルノウ語とエスペラント:類似する試み?
73 研究論文(学術雑誌)
単著
Esperanto and minority languages: A sociolinguistic comparison
KIMURA GORO CHRISTOPH
Language Problems and Language Planning
John Benjamins
36巻 2号, 167-181頁
2012/08
02722690
このISSNでOPACを検索する

エスペラントと少数言語 - 社会言語学の観点からの比較
74 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
言語的媒介形態の一般枠組みおよびその特定地域への応用
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2011年度
上智大学国際言語情報研究所
45-47頁
2012/07



75 (MISC)その他記事
単著
ドイツ語学科におけるドイツ語能力の到達目標および評価について
木村護郎クリストフ
上智版 多言語運用能力測定法、共通指標、および評価基準の開発(2011年度教育イノベーション・プログラム報告書)

11-14頁
2012/03



76 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 接触場面における言語管理 : 3大陸からの展望
Jiri Nekvapil & Tamah Sherman (Eds.), Language management in contact situations: Perspectives from three continents, Frankfurt am Main, Berlin, Bern, Bruxelles, New York, Oxford, Wien: Peter Lang, 2009
木村護郎クリストフ
社会言語科学
社会言語科学会
14巻 2号, 45-50頁
2012/03
13443909
このISSNでOPACを検索する


77 (MISC)書評,文献紹介等

書評 Japansce wuknyć serbšćinu. Ken Machida (wud.): Yooroppa no omoshiro gengo [Zajimawe rece w Europje]. Tokyo:Hakusuisha, 2010. 188 str
木村護郎クリストフ
Rozhlad : serbski kulturny časopis
Ludowe nakładnistwo Domowina
61巻 10号, 36-37頁
2011/10
05574250
このISSNでOPACを検索する

日本語でソルブ語を学ぶ
78 (MISC)書評,文献紹介等
単著
近刊短評
木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
13号, 284-285頁
2011/10
9784883032969
このISSNでOPACを検索する


79 (MISC)総説・解説(学術雑誌)
共著
序論 学校教育における少数派言語への視座 (特集 学校教育における少数派言語)
渡邊日日、木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
13号, 4-29頁
2011/10



80 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
少数言語調査の経験から
木村護郎クリストフ
社会言語科学会第28回大会発表論文集

260-261頁
2011/09



81 (MISC)研究論文
単著
多言語地域における媒介言語をめぐる問題―ドイツ東部のソルブ語地域の例から
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2010年度

41-42頁
2011/07



82 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 Martin Walde, Wie man seine Sprache hassen lernt. (Bautzen: Domowina-Verlag, 2010, 182pp.) マルティン・ヴァルデ『どのようにして自分の言語を憎むようになるのか』(バウツェン:ドモヴィナ出版社、2010年、全182頁)
木村護郎クリストフ
西スラヴ学論集
日本スラヴ学研究会
14号, 179-183頁
2011/06
09130586
このISSNでOPACを検索する


83 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 高橋秀彰著,『ドイツ語圏の言語政策-ヨーロッパの多言語主義と英語普及のはざまで』関西大学出版部, 2010年
木村護郎クリストフ
ドイツ文学
日本独文学会
142号, 219-222頁
2011/03
03872831
このISSNでOPACを検索する


84 研究論文(学術雑誌)
単著
ヨーロッパにおける言語の政治性を考える ― 歴史学と社会言語学の架橋に向けて ― (特集 言語というポリティクス(2)話者・国家・「帝国」が織り成す権力関係)
木村護郎クリストフ
歴史学研究
青木書店
874号, 12-23頁
2010/12
03869237
このISSNでOPACを検索する


85 (MISC)研究論文
単著
言語権 ― 日本におけるとりくみのこれまでとこれから (特集 言語接触の世界) ― (言語接触と社会)
木村護郎クリストフ
日本語学
明治書院
29巻 14号, 235-246頁
2010/11
02880822
このISSNでOPACを検索する


86 研究論文(学術雑誌)
単著
日本における「言語権」の受容と展開(<特集>日本社会の変容と言語問題)
木村護郎クリストフ
社会言語科学
社会言語科学会
13巻 1号, 4-18頁
2010/08
13443909
このISSNでOPACを検索する


87 (MISC)速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)
単著
言語境界地域における言語的媒介の諸形態―ドイツ・ポーランド国境の事例から
木村護郎クリストフ
上智大学国際言語情報研究所年次報告 2009年度

51-53頁
2010/07



88 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 Wim Jansen :Naturaj vortordoj en Esperanto
木村護郎クリストフ
エスペラント研究 : 日本エスペラント学会紀要
日本エスペラント学会
4号, 30-33頁
2010/06
09185895
このISSNでOPACを検索する


89 研究論文(学術雑誌)
共著
日本におけるソルブ研究の歴史と動向
笹原健, 木村護郎クリストフ
西スラヴ学論集
西スラヴ学研究会
13号, 6-30頁
2010/03
09130586
このISSNでOPACを検索する


90 研究論文(学術雑誌)
共著
Zajim za Serbow a sorabistika w Japanskej
木村護郎クリストフ、笹原健
Pro Lusatia. Opolskie Studia Łużycoznawcze
TP-S. Oddział Opolski
8号, 6-18頁
2009/12
16431931
このISSNでOPACを検索する

日本におけるソルブへの関心とソルブ学
91 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 中村桃子『〈性〉と日本語 ― ことばがつくる女と男』(NHKブックス、2007年)
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
9号, 323-325頁
2009/11
13464078
このISSNでOPACを検索する


92 研究論文(学術雑誌)
単著
Esperanto als Minderheitensprache: Eine sprachsoziologische Betrachtung
KIMURA GORO CHRISTOPH
Interlinguistische Informationen
Gesellschaft für Interlinguistik e.V.
16号, 11-24頁
2009/11
14323567
このISSNでOPACを検索する

少数言語としてのエスペラントに関する言語社会学的考察
93 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
言語復興の可能性と困難-ケルノウ語の経験から
木村護郎クリストフ
ケルティック・フォーラム
日本ケルト学会
12号, 27-28頁
2009/10
1342940X
このISSNでOPACを検索する


94 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 Guus Extra and Durk Gorter (eds.). Multilingual Europe: Facts and Policies
KIMURA GORO CHRISTOPH
Language Problems and Language Planning
University of Texas Press
33巻 3号, 287-290頁
2009/10
02722690
このISSNでOPACを検索する


95 研究論文(学術雑誌)
単著
Jak utrzymuje się język łużycki? - na przykładzie katolickiej gminy serbołużyckiej
KIMURA GORO CHRISTOPH
Pro Lusatia. Opolskie Studia Łużycoznawcze
TP-S. Oddział Opolski
7号, 76-90頁
2008/12
16431391
このISSNでOPACを検索する

カトリック・ソルブ地域の村落小教区における言語維持
96 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 砂野幸稔『ポストコロニアル国家と言語』--フランス語公用語国セネガルの言語と社会(三元社、2007年)
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
8号, 187-196頁
2008/11
13464078
このISSNでOPACを検索する


97 (MISC)研究論文
単著
Internaciaj lingvoj, fremdaj lingvoj kaj minoritataj lingvoj: interrilateco de lingvaj problemoj
KIMURA GORO CHRISTOPH
アジアにおける公正な言語政策に向けて ― 第5回新渡戸記念国際シンポジウム記録
上智大学ヨーロッパ研究所 , 日本エスペラント学会 (発売)
76-80頁
2008/03/29
9784888870542
このISSNでOPACを検索する

国際語、外国語、少数言語:言語問題の多層性と相互関連性について
98 (MISC)研究論文
単著
ヨーロッパ次元における言語権保障の到達点と課題 (特集 言語権とは何か--多言語時代を生きるために)
木村護郎クリストフ
月刊言語
大修館書店
37巻 2号, 26-33頁
2008/02/01
02871696
このISSNでOPACを検索する


99 (MISC)書評,文献紹介等
単著
書評 小野原信善・大原始子編著『ことばとアイデンティティ』--ことばの選択と使用を通して見る現代人の自分探し(三元社、2004年)
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
7号, 157-163頁
2007/10
13464078
このISSNでOPACを検索する


100 (MISC)研究論文
単著
Cxu malplimultaj lingvoj estas ekonomiaj malvenkintoj? - Perspektivoj de alternativa "ekonomiko de lingvoj" el vidpunkto de komunuma mono
KIMURA GORO CHRISTOPH
Internacia Kongresa Universitato, 60a sesio

112-121頁
2007/08


少数言語は経済的な敗者か?-地域通貨の観点による代替的な「言語の経済学」の可能性
101 研究論文(学術雑誌)
単著
言語における「自然」と「人為」--説明用語から分析対象へ (特集 社会言語学再考)
木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
10号, 120-135頁
2007/06



102 (MISC)書評,文献紹介等
単著
著者応答 冨田氏の拙著評を読んで
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
6号, 192-194頁
2006/09
13464078
このISSNでOPACを検索する


103 研究論文(大学,研究機関紀要)
単著
民族の聖化と相対化ードイツの少数民族ソルブにおけるアイデンティティと宗教
木村 護郎クリストフ
ヨーロッパにおける宗教とアイデンティティー
上智学院カトリックセンター
27-33頁
2006/03



104 (MISC)書評,文献紹介等
単著
佐野氏の書評に応える(『言語的近代を超えて』)
木村護郎クリストフ
社会言語学

5号, 119-123頁
2005/10



105 研究論文(学術雑誌)
単著
言語政策研究の言語観を問う-言語計画/言語態度の二分法から言語管理の理論へ-
木村護郎クリストフ
言語政策
日本言語政策学会
1号, 1-13頁
2005/03



106 (MISC)書評,文献紹介等
単著
Hornjoserbsko-japanski slownik wusol
KIMURA GORO CHRISTOPH
Rozhlad : serbski kulturny časopis.
Domowina
54巻 3号, 106-107頁
2004/03
05574250
このISSNでOPACを検索する

書評 ソルブ語辞典刊行さる
107 研究論文(学術雑誌)
単著
順応と自己主張の間で ― ソルブ語人の生活戦略への視点 (〔東欧史研究会〕2003年度シンポジウム 周辺からのまなざし、周辺へのまなざし ― 東欧マイノリティ研究の現在)
木村護郎クリストフ
東欧史研究
東欧史研究会
26号, 107-115頁
2004/03
03866904
このISSNでOPACを検索する


108 研究論文(学術雑誌)
単著
Wuwice serbskich elementow we Wosadniku po 1945
KIMURA GORO CHRISTOPH
Sorapis
Leipzig : Ed. Erata
4号, 91-101頁
2003


1945年以降のカトリック・ソルブの祈祷・聖歌集『ヴォサドニク』におけるソルブ的要素の発展
109 研究論文(学術雑誌)
単著
固有名詞の意味転換--ドイツ語における国名・地名・民族名・言語名の例から
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
3号, 75-84頁
2003/11
13464078
このISSNでOPACを検索する


110 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
英語の「地球化」と代替的な言語的公共圏の可能性
木村護郎クリストフ; 臼井裕之
エスペラント研究 : 日本エスペラント学会紀要
日本エスペラント学会
2号, 49-57頁
2003/10
09185895
このISSNでOPACを検索する


111 研究論文(学術雑誌)
単著
言語復興のイデオロギー的位置づけ - ケルノウ(コーンウォール)語の場合
木村護郎クリストフ
多言語社会研究会年報
多言語社会研究会
1号, 73-87頁
2003/06



112 研究論文(学術雑誌)
単著
The metacommunicative ideology of Esperanto: Evidence from Japan and Korea
KIMURA GORO CHRISTOPH
Language Problems and Language Planning
University of Texas Press
27巻 1号, 71-83頁
2003/04
02722690
このISSNでOPACを検索する

エスペラントのメタ・コミュニケーション・イデオロギー - 日韓の事例より
113 (MISC)研究発表要旨(全国大会,その他学術会議)
単著
言語活動としてのケルノウ語復興運動
木村護郎クリストフ
ケルティック・フォーラム
日本ケルト学会
6号, 34-35頁
2003/03
1342940X
このISSNでOPACを検索する


114 研究論文(大学,研究機関紀要)
共著
ドイツ語教育における教材制作:理念・開発・実践--慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスの場合
木村護郎クリストフ, 藁谷郁美, 平高史也
慶應義塾大学日吉紀要 ドイツ語学・文学
慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会
35号, 49-98頁
2003/02
09117202
このISSNでOPACを検索する


115 研究論文(学術雑誌)
単著
言語論と通貨論の新たな接点 - 地域通貨の視点から
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
2号, 75-86頁
2002/09
13464078
このISSNでOPACを検索する


116 研究論文(学術雑誌)
単著
言語は自然現象か - 言語権の根拠を問う
木村護郎クリストフ
社会言語学
「社会言語学」刊行会
1号, 39-55頁
2001/08
13464078
このISSNでOPACを検索する


117 研究論文(学術雑誌)
単著
ケルノウ語復興運動における言語活動の段階に関する考察
木村護郎クリストフ
ことばと人間
横浜「言語と人間」研究会
3号, 1-11頁
2001/03
18800874
このISSNでOPACを検索する


118 (MISC)研究論文
単著
K roli katolskeje cyrkwje pri zdzerzenju Serbsciny
KIMURA GORO CHRISTOPH
Rozhlad : serbski kulturny časopis.
Domowina
51巻 1号, 6-11頁
2001/01
05574250
このISSNでOPACを検索する

ソルブ語維持に対するカトリック教会の役割について
119 研究論文(学術雑誌)
単著
差異の継承と発展 - カトリック・ソルブの祈祷・聖歌集『ヴォサドニク』における『民族色』の形成
木村護郎クリストフ
一橋論叢
一橋学会
123巻 3号, 538-547頁
2000/03
00182818
このISSNでOPACを検索する


120 研究論文(学術雑誌)
共著
言語の復活と再活性化--マン語とケルノウ語の場合 (特集 言語の復活)
原聖, 木村護郎クリストフ
ことばと社会
三元社
2号, 6-25頁
1999/11