Bibliography
Number of the published data : 68
No. Title Author Range Publisher Publication date ISBN Description
1 「映画『杉原千畝 スギハラチウネ』」櫻井映子編著『リトアニアを知るための60章』
木村護郎クリストフ
360-363
明石書店
2020/03


2 「エスペラント界の「内」と「外」をつなぐために」日本エスペラント協会JEI100年史編集委員会編『日本エスペラント協会(JEI)100年史―日本エスペラント学会から協会へ―』
木村護郎クリストフ
122-124
日本エスペラント協会
2020/03/31


3 「ヨーロッパの言語政策と言語使用―言語の多様性にどう向き合うのか」上智大学外国語学部ヨーロッパ研究コース編『新しいヨーロッパ学』
木村護郎クリストフ
190-209
上智大学出版
2020/03/31


4 Language rights, in: Patrick Heinrich and Yumiko Ohara (eds.): Routledge Handbook of Japanese Sociolinguistics
Kimura, Goro Christoph
389-403

2019

言語権
5 「機械翻訳はバベルの塔を再建するか」瀧田寧・西島佑編著『機械翻訳と未来社会―言語の壁はなくなるのか』
木村護郎クリストフ
6-13
社会評論社
2019/07


6 「『日本語による国際化』と<やさしい日本語>― 留学生受け入れの観点から」庵功雄・岩田一成・佐藤琢三・柳田直美編『<やさしい日本語>と多文化共生』
木村護郎クリストフ
47-66
ココ出版
2019/04


7 「ドイツ福音教会信徒大会とは何か」伊達聖伸編『ヨーロッパの世俗と宗教』(上智大学ヨーロッパ研究所叢書12)
フランク・リースナー/木村護郎クリストフ
100-113
上智大学ヨーロッパ研究所
2019/03


8 Alternative interlingual strategies for crossing linguistic borders: Theoretical possibilities and their realization at the German-Polish border, in: Barbara Alicja Jańczak (ed.) : Language Contact and Language Policies Across Borders
Kimura, Goro Christoph
73-88
Berlin: Logos
2018

言語境界を超える代替的な諸方略―理論的な可能性とドイツ・ポーランド国境における実際
9 Rezeptive Zweisprachigkeit in der deutsch-polnischen Grenzregion, in: Britta Hufeisen, Dagmar Knorr, Peter Rosenberg, Christoph Schroeder, Aldona Sopata, Tomasz Wicherkiewicz (Hrsg.). Sprachbildung und Sprachkontakt im deutsch-polnischen Kontext
Kimura, Goro Christoph
219-240
Berlin: Peter Lang
2018

ドイツ・ポーランド国境における受容的二言語使用
10 Isiga Osamu – kristana esperantisto kiu proponis “Orientan Esperanton”, tradukis Lagernlöf kaj rifuzis militservi, en: Gotoo Hitosi, José Antonio Vergara, Kimura Goro Christoph (Red.): En la mondon venis nova lingvo.
Kimura, Goro Christoph
333-342
New York: Mondial
2018

イシガ・オサム―「東方エスペラント」の提案者、ラーゲルレーヴ翻訳者、兵役拒否者
11 En la mondon venis nova lingvo. Festlibro por la 75-jariĝo de Ulrich Lins
Gotoo Hitosi, José Antonio Vergara, Kimura Goro Christoph (Red.)

Mondial
2018

世界に現れた新しい言語―ウルリッヒ・リンス75才記念論文集
12 『ことばを教える・ことばを学ぶ 複言語・複文化・ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)と言語教育』「言語が異なる人と何語でどのように話すのか―お互いの言語を使う意義と方法について」
泉水浩隆編;木村護郎クリストフ[他]著
87-108
行路社
2018


13 Aliroj al Esperanto "Lingvoideologia aliro: Ĉu Esperanto vere havas “internan ideon”?"
Kiselmann, Oscar Christer; Corsetti, Renato; Dasgupta, Probal (red.); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
117-127
KAVA-PECH
2018

言語イデオロギーからのアプローチ―エスペラントに「内在する理念」はあるのか
14 „Esperanto als Brückensprache zwischen Deutschen und Polen“
Fritz Wollenberg (red.); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
316-324
Mondial
2017

ドイツとポーランドの間の架け橋の言語としてのエスぺラント
15 『行動する社会言語学』「言語における「自然」と「人為」- 説明用語から分析対象への転換」、「原発と英語-日本における普及過程、問題構造および対策の共通性-」
かどや・ひでのり/ましこ・ひでのり編著;木村護郎クリストフ[他]著
47-66, 153-180

2017/12


16 『多言語主義社会に向けて』「つながり方を探るドイツ・ポーランド国境地域―異言語間コミュニケーションの諸方略」
平高史也・木村護郎クリストフ編著;木村護郎クリストフ[他]著
194-206
くろしお出版
2017/11


17 『多言語主義社会に向けて』
平高史也・木村護郎クリストフ編著

くろしお出版
2017/11


18 『教育イノベーション・プログラム報告会(2016年度採択教育イノベーション・プログラム成果報告書)』「日独共学カリキュラムの整備および教授法開発」
木村護郎クリストフ
28-31
上智学院教育イノベーション・プログラム/上智大学FD委員会
2017/07/05


19 『ドイツとスイスから考える環境・エネルギー問題へのアプローチ』「ドイツのエネルギー転換とキリスト教」
木村護郎クリストフ
94-112
上智大学ヨーロッパ研究所
2017/03/03


20 『ドイツとスイスから考える環境・エネルギー問題へのアプローチ』(上智大学ヨーロッパ研究所叢書10)
木村護郎クリストフ編

上智大学ヨーロッパ研究所
2017/03/03


21 『今こそ原発の廃止を-日本のカトリック教会の問いかけ』
日本カトリック司教協議会『今こそ原発の廃止を』編集委員会

カトリック中央協議会
2016


22 Lingua, politica, cultura: Serta gratulatoria in honorem Renato Corsetti "La dialoga lingvo : 'forumo' kiel tria aspekto de Esperantujo"
Gobbo, Federico (acd / red / ed); KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
157-165
Mondial
2016

対話の言語―エスペラントの第三の側面としての「フォーラム」
23 『節英のすすめ -脱英語依存こそ国際化・グローバル化対応のカギ!』
木村護郎クリストフ

萬書房
2016/12


24 La territorialitat lingüística (Quaderns per a l’anàlisi 45), ’Deterritorialització’ a la regió fronterera germano-polonesa i la seva importància per al sòrab com a llengua minoritària: des del punt de vista del paisatge lingüístic
Junyent, M. Carme (ed.) ; KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
49-62
Horsori Editorial
2016/06

ドイツ・ポーランド国境地域における「脱領域化」と少数言語にとってのその意味―言語景観の観点から
25 The Sanseido dictionary of linguistics
Kimura Goro Christoph[etc], (ed.by)Taguti Yosihisa, Nishimura Yoshiki
1, 48, 63, 64, 66, 66-67, 101, 108-109, 191
Sanseido
2015/08
9784385135786
OPAC Search

26 『上智大学 複言語運用能力 測定法、共通指標および評価基準の開発』(上智大学国際言語情報研究所所内研究プロジェクト報告書)
渡部良典、木村護郎クリストフ、市之瀬敦、Lisa Fairbrother、原田早苗、西村君代共著

上智大学国際言語情報研究所
2015/04


27 Accumulation and evaluation of interaction in contact situations
(ed.by)Hidehiro Muraoka ; Kimura Goro Christoph[etc]
87-96
Chiba University Graduate School of Humanities and Social Sciences
2015/02


28 『Swobodny przepływ pracowników między Polską a Niemcami - próba bilansu z różnych perspektyw』「Swoboda przepływu pracowników a znajomość języka – ze szczególnym uwzględnieniem polsko-niemieckiego regionu przygranicznego」
Dagmara Jajeśniak-Quast, Laura Kiel, Marek Kłodnicki (Hg./red.) ; KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
249-267
epubli GmbH
2014/08
9783844298635
OPAC Search
被雇用者の移動の自由化と言語―ドイツ・ポーランド国境の状況を中心に
29 『Arbeitnehmerfreizügigkeit zwischen Deutschland und Polen - eine Zwischenbilanz aus unterschiedlichen Perspektiven』「Arbeitnehmerfreizügigkeit und Sprache – mit besonderer Berücksichtigung der deutsch-polnischen Grenzregion」
Dagmara Jajeśniak-Quast, Laura Kiel, Marek Kłodnicki (Hg./red.) ; KIMURA GORO CHRISTOPH[etc]
103-122
epubli GmbH
2014/08
9783844298635
OPAC Search
被雇用者の移動の自由化と言語―ドイツ・ポーランド国境の状況を中心に
30 『多言語主義再考 : 多言語状況の比較研究』 「「言語権」からみた日本の言語問題」
砂野幸稔編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
687-709
三元社
2012/03
9784883033102
OPAC Search

31 『原発とキリスト教 : 私たちはこう考える』 (新教コイノーニア, 26) 「被造物への責任から/ドイツの教会は原子力とどのようにむきあってきたのか」
新教出版社編集部編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
136-148
新教出版社
2011/11
9784400407225
OPAC Search

32 『Florilegium interlinguisticum : Festschrift für Detlev Blanke zum 70. Geburtstag』 「Eine Typologie interlingualer Kommunikationsmöglichkeiten」
KIMURA GORO CHRISTOPH[etc.], (ed.by)Sabine Fiedler, Cyril Brosch
29-46
Peter Lang
2011/05
9783631613283
OPAC Search
異言語間コミュニケーションの類型論
33 Essentials in Ryukyuan language documentation
(ed.by)Heinrich, Patrick
84-99
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(言語ダイナミクス科学研究プロジェクト)
2011/03
9784863370814
OPAC Search

34 『言語意識と社会 : ドイツの視点・日本の視点』 「私たちはどのように言語を管理するのか」
山下仁, 渡辺学, 高田博行編著 ; 木村護郎クリストフ[他]著
61-89
三元社
2011/02
9784883032822
OPAC Search

35 『Minderheiten als Mehrwert』 (Collegium Pontes.; Schriften des Collegium Pontes, vol. 6) 「Minderheitenförderung in Japan am Beispiel der Stiftung zur Förderung der Ainu-Kultur」
KIMURA, GORO CHRISTOPH[etc], (ed.by)Vogt Matthias Theodor, Sokol Jan, Bingen Dieter, Neyer Jürgen, Löhr Albert
169-174
Peter Lang
2010/12
9783631602393
OPAC Search
日本における少数民族促進-アイヌ文化振興・研究推進機構の例
36 『Language life in Japan : transformations and prospects』 (RoutledgeCurzon contemporary Japan series, 34) 「Language rights in Japan: what are they good for?」
edited by Patrick Heinrich and Christian Galan ; by KIMURA, GORO CHRISTOPH[etc]
14-33
Routledge
2010/07
9780415587228
OPAC Search
日本における言語権は何のためか
37 『地域研究のすすめ ドイツ語圏編 第3版』 「社会の中の言語―研究の対象として、手段として」
上智大学外国語学部ドイツ語学科編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
58-66
上智大学外国語学部ドイツ語学科
2010/03


38 Research in foreign studies : today and a look to tomorrow
ed.by Yoshida, Kensaku
160-169
Sophia University Press
2010/03
9784324088906
OPAC Search

39 『Grammatik lehren und lernen im Deutschunterricht in Japan : empirische Zugänge』 「Vergangenheit bewältigen – zur sprachlichen Umsetzung von Vergangenem im Anfängerunterricht – Ein kooperatives Aktionsforschungsprojekt an japanischen Universitäten」
ed. by Hoshii Makiko, Kimura Goro Christoph, Ohta Tatsuya, Raindl Marco ; by Waychert, Carsten, Meyer, Andreas, Schart, Michael, Schuetterle, Holger[etc]
132-155
Iudicium
2010/03
9783891299951
OPAC Search
日本の大学のドイツ語初級授業における過去の言語化
40 『Grammatik lehren und lernen im Deutschunterricht in Japan : empirische Zugänge』
木村 護郎クリストフ、Hoshii, Makiko / Ohta, Tatsuya /Raindl, Marco

Iudicium
2010/03
9783891299951
OPAC Search
日本のドイツ語教育における文法の教授と学習に関する実証研究
41 『La arto labori kune : festlibro por Humphrey Tonkin』 「La kornvala kaj Esperanto: entreprenoj similaj?」
KIMURA GORO CHRISTOPH[etc], (ed.by) Detlev Blanke, Ulrich Lins
171-177
Universala Esperanto-Asocio
2010/01
9789290171133
OPAC Search
ケルノウ語とエスペラント:類似する試み?
42 『EU情報事典』 「言語の多様性と言語政策」
村上直久編著 ; 木村護郎クリストフ, 泉邦寿
285-297
大修館書店
2009/09
9784469012804
OPAC Search

43 『媒介言語論を学ぶ人のために』
木村護郎クリストフ, 渡辺克義編

世界思想社
2009/08
9784790714255
OPAC Search

44 『ヨーロッパの言語政策―言語の多様性にどう向き合うのか』
木村 護郎クリストフ、泉 邦寿
92-113
『ヨーロッパ研究のすすめ』、上智大学外国語学部
2009/03


45 『Deutsch als Arbeitssprache: Dolmetschen Deutsch- Japanisch in der Hochschulausbildung』 「Wie kann ein Dolmetschkurs gestaltet werden? - Beispiel eines praxisorientierten Unterrichtsprojekts an der Sophia- Universitaet」
Elke HAYASHI-MÄHNER (Hrsg.), KIMURA GORO CHRISTOPH[etc.]
39-47

2008/08

上智大学における日独通訳授業の試み
46 『新・言語研究のすすめ』 (上智大学外国語学部シリーズ) 「社会言語学」
上智大学外国語学部言語学副専攻編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
109-120
上智大学外国語学部
2008/03


47 『バイリンガルでろう児は育つ : 日本手話プラス書記日本語で教育を!』 「言語的少数者の教育としてのろう教育」
佐々木倫子監修 ; 全国ろう児をもつ親の会編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
13-33
生活書院
2008/03/10
9784903690193
OPAC Search

48 『Internacia Kongresa Universitato』(第90回世界エスペラント大会・第60期国際大会大学講演集)「Ĉu malplimultaj lingvoj estas ekonomiaj malvenkintoj? - Perspektivoj de alternativa ‘ekonomiko de lingvoj’ el vidpunkto de komunuma mono」
KIMURA GORO CHRISTOPH[etc],(ed.by) Amri Wandel
112-121
Universala Esperanto-Asocio
2007/08

少数言語は経済的敗者か―地域通貨の観点からみた代替的な「言語の経済学」の可能性
49 『マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学』 (Minerva人文・社会科学叢書, 124) 「マイノリティ概念の共通点と相異点 : ドイツ語と英語の比較から」
岩間暁子, ユ・ヒョヂョン編著 ; 木村護郎クリストフ[他]著
398-399
ミネルヴァ書房
2007/05
9784623048724
OPAC Search

50 『マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学』 (Minerva人文・社会科学叢書, 124) 「わからないことばとどうつきあうか : ドイツ東部のソルブ語地域におけるマジョリティとマイノリティ言語」
岩間暁子, 劉孝鐘編著 ; 木村護郎クリストフ [他] 著
371-397
ミネルヴァ書房
2007/05
9784623048724
OPAC Search

51 『マイノリティとは何か : 概念と政策の比較社会学』 (Minerva人文・社会科学叢書, 124) 「ドイツにおけるマイノリティ概念と政策 : 「少数民族」を中心とした意味の生成と変化」
岩間暁子, 劉孝鐘編著 ; 木村護郎クリストフ [他] 著
119-143
ミネルヴァ書房
2007/05
9784623048724
OPAC Search

52 言語的な多数派が少数言語を学ぶ意義と課題-ドイツ人のソルブ語学習の事例から
木村 護郎クリストフ
124-130

2007/03


53 『ことば/権力/差別 : 言語権からみた情報弱者の解放』 「「言語=通貨」論再考—地域通貨論が言語の経済学に問いかけること」
ましこ・ひでのり編著 ; 木村護郎クリストフ[他]著
79-106
三元社
2006/12
4883031926
OPAC Search

54 『「共生」の内実 ― 批判的社会言語学からの問いかけ』 「「共生」への視点としての言語権 ― 多言語的公共圏に向けて」
植田晃次, 山下仁編著 ; 木村護郎クリストフ[他]著
11-27
三元社
2006/05
4883031632
OPAC Search

55 上智大学「ヨーロッパ研究」プログラムに向けて―ヨーロッパの大学の事例と外国語学部の可能性―
木村 護郎クリストフ
93-113

2006/04


56 『事典 日本の多言語社会』 「「言語イデオロギー」、「移民言語政策」、「民族語・国際語・国際公用語」」
真田信治, 庄司博史編集 ; 木村護郎クリストフ [他]著
7-10, 22-25, 346-347
岩波書店
2005/10
4000803050
OPAC Search

57 『外国語教育のリ・デザイン - 慶應SFCの現場から』 「ドイツ語-「問題発見・解決」と「自学自修」」
平高史也, 古石篤子, 山本純一編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
74-86
慶應義塾大学出版会
2005/09
4766411935
OPAC Search

58 『ヨーロッパ』 (講座 世界の先住民族 : ファースト・ピープルズの現在, 06) 「ソルブ-ドイツ語圏とスラヴ語圏のはざまで」
原聖, 庄司博史編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
138-153
明石書店
2005/07
4750321346
OPAC Search

59 『言語にとって「人為性」とはなにか - 言語構築と言語イデオロギー:ケルノウ語・ソルブ語を事例として』
木村護郎クリストフ著

三元社
2005/06
4883031535
OPAC Search

60 『欧州諸国の言語法 : 欧州統合と多言語主義』 「ドイツの諸言語法」
渋谷謙次郎編 ; 木村護郎クリストフ, 岡田俊幸
299-319
三元社
2005/06
4883031292
OPAC Search

61 隔てる国境からつなぐ国境へ-ドイツ東部国境地域における言語環境構築の諸相
木村 護郎クリストフ
101-123
[宮島喬]
2005/03


62 『あえて英語偏重を問う : 日本エスペラント学会公開シンポジウム(2001年、2002年)報告集 : Kial nur la angla : Raporto de la Simpozioj de JEI,2001 kaj 2002』 「批判的言語意識と異言語教育」
日本エスペラント学会シンポジウム委員会編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
45-52
日本エスペラント学会
2004/11
4888870330
OPAC Search

63 『言語的近代を超えて-<多言語状況>を生きるために』 (明石ライブラリー, 67)
山本真弓編著 ; 臼井裕之, 木村護郎クリストフ著

明石書店
2004/10
4750319708
OPAC Search

64 『ろう教育と言語権-ろう児の人権救済申立の全容』 「なぜ二言語教育なのか-言語権の観点から」
全国ろう児をもつ親の会編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
79-89
明石書店
2004/09
4750319597
OPAC Search

65 地域語から地域文化創造-言語の役割の能動性について
木村 護郎クリストフ
34-36
女子美術大学
2004/03


66 『多様化・紛争・統合』 (総合政策学の最先端, 3) 「少数言語に未来はあるか-言語復興の視点から」
梅垣理郎編 ; 木村護郎クリストフ[他]著
179-197
慶應義塾大学出版会
2003/09
4766410254
OPAC Search

67 Studoj pri interlingvistiko = Studien zur Interlinguistik 「Intentionale Eingriffe in den Sprachgebrauch - Perspektiven und Probleme einer umfassenden Theoriebildung」
Fiedler Sabine ; (ed by)Liu Haitao
19-29
KAVA-PECH
2001/05
8085853531
OPAC Search

68 『ことばへの権利 - 言語権とはなにか』
言語権研究会編
7-,95-,129-
三元社
1999/10
488303061X
OPAC Search