日本語
Sophia University 
Faculty of Humanities 
Department of English Literature 

Professor 
Nagatomi Tomomi 

Research background
1.1995年10月~1996年9月 Sussex Universityにおいて、Marriage with a Deceased Wife's Sister Billについての史料収集と調査分析をおこなう。
2.1999年~2000年「ヴィクトリア朝小説における血縁と類縁」の研究をおこなう
3.2002年~2004年「ヴィクトリア朝小説における家族パラダイムの変換の核としての従兄弟/従姉妹表象」の研究をおこなう
4.2005年~2007年「19世紀イギリス小説における相続と擬似父親」の研究をおこなう
5.2008年~2010年「19世紀イギリス小説における結婚法変遷の意味作用の分析」の研究をおこなう
6.2011年~2013年「19世紀イギリス小説における『違法性』の表象の分析」の研究をおこなう
7.2014年~2016年「19世紀イギリス小説における「スキットルズ」の痕跡研究」をおこなう
8.2018年~ 「19世紀イギリス小説史の正典形成とセンセーショナリズム」の研究を続行中 

Work experience
Kyoritsu Women's Junior College  非常勤講師  1997/04/01-1998/03/31 
Rikkyo University/Saint Paul's University  非常勤講師  1997/04/01-1998/03/31 
Saitama University  非常勤講師  1998/04/01-1999/03/31 
Tokyo Metropolitan University  講師、助教授  1998/04/01-2004/03/31 
Tokyo Institute of Technology  非常勤講師  1999/04/01-2003/09/30 
Tokyo Woman's Christian University  非常勤講師  2000/04/01-2003/03/31 
Hosei University  非常勤講師  2002/04/01-2003/03/31 
Tokyo University of the Arts  非常勤講師  2004/04/01-2010/03/31 
Tokyo Woman's Christian University  非常勤講師  2005/04/01-2005/09/25 

Academic background
The University of Tokyo  Graduate School of Humanities and Sociology  欧米系文化研究専攻  Doctor course  1998/03/31  Withdrawn after completion of required course credits 

Academic degrees
文学士  Tsuda College  1988/03/31 
文学修士  Keio University  1990/03/31 
文学修士  The University of Tokyo  1994/03/31 
D.Phil  University of Sussex  2007/07/16 

Current state of research and teaching activities
結婚と相続をプロットの基盤とする19世紀イギリス小説を、身内/他者の境界線に位置する従兄弟/従姉妹、義兄弟/義姉妹に着目しながら、血縁と類縁のディスコースとして読み解くことにより、イギリス小説史の新たな見取り図を描き出すことが現在の研究の目的である。
教育面については、学生の言語能力の低下、文学への興味のなさ、発信への欲望に比して、受容への関心の低さという現状に対する打開策として、1)英文和訳を通じて日本語への過剰な意識を高める 2)短編小説などの文学的素材へのアプローチを一年時から集中的に行うことにより、文学の言語への理解をうながす 3)言語化されていない登場人物の心情を議論させることにより、思考力と想像力を養わせる 4)短い短編を自宅で学習させ、内容把握の小テストを行い、他者による説明解釈を経ない時点での理解度を学生各人に認識させることにより、相互的な意見交換の重要性を理解させるといった授業運営をおこなっている。また授業外の活動として、科学研究費補助金により、現代作家を招いての討論会、読書アンケートなどの活動を行っている。 

Research Areas
Literature in English 
Literature in general 

Research keywords
matrimonial law 
relative/other 
売春婦 
私生児 
consanguinity/affinity 

Subject of research
The Representations of Cousins in Victorian Novels  2002-2004 
Inheritance and Pseud-Father Figures in Nineteenth Century British Novels  2005-2007 
Analysis of Discursive Formation of Matrimonial Laws in Nineteenth Century Britain  2008-2010 
19世紀イギリス小説における「違法性」の表象の分析  2011-2013  Grant-in-Aid for Scientific Research 
19世紀イギリス小説における「スキットルズ」の痕跡研究  2014-2016 
View details...

Research Projects (Competitive Research Funds)
19世紀イギリス小説史の正典形成とセンセーショナリズム  Science research expense  2018-Present 
19世紀イギリス文学における「スキットルズ」の波及効果  School's financial aid  Others  2017-Present 
19世紀イギリス小説における「スキットルズ」の痕跡研究  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2014-2016 
19世紀イギリス小説における「違法性」の表象の分析  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2011-2013 
The Analysis of Discursive Formation of Matrimonial Laws in Nineteenth Century British Novels  Science research expense  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)  2008-2010 
View details...

Bibliography
『英国小説研究』(第27冊)「波及するセンセーショナリズム――『ダニエル・デロンダ』への一道標」  『英国小説研究』同人、永富友海 [他]著  英宝社  2019/05/20 
『英国小説研究』(第26冊) 「オリヴァーの見る夢―『オリヴァー・トウィスト』における「ファミリー・ロマンス」の行方」  英国小説研究同人  英宝社  2017/04/28 
『英国小説研究』 (第25冊)「『遠い山並みの光』における差異と反復」  『英国小説研究』同人、永富友海[他]著  英宝社  2015/05/20 
『十九世紀「英国」小説の展開』 「『デイヴィッド・コパーフィールド』における記憶と家族」  海老根宏, 高橋和久編著 ; 永富友海[他]著  松柏社  2014/06/15 
『国境の向こう側』 (ハヤカワepi文庫, epi 75 . グレアム・グリーン・セレクション) 「秘密情報機関の一部局」  グレアム・グリーン著 ; 高橋和久, 永富友海[他]訳  早川書房  2013/11/25 
View details...

Papers
書評 Deborah Lutz, Relics of Death in Victorian Literature and Culture  ハーディ研究  日本ハーディ協会  2019/09/15 
「Skittlesの痕跡を求めて――センセーション・ノヴェルにおける “horse-tamer,” “pretty horsebreaker”の 表象」(『英文学と英語学』54号、上智大学文学部英文学科  英文学と英語学  上智大学文学部  2018/02 
「review: Mitsuharu Matsuoka, ed., Evil and Its Vaariations in the Works of Elizabeth Gaskell: Sesquicentennial Essays (Osaka Kyoiku Tosho, 2015) 」  Studies in English Literature: English Number  The English Literary Society of Japan  2017 
「書評『セクシュアリティとヴィクトリア朝文化』田中孝信・要田圭治・原田範行編著」     『ヴィクトリア朝文化研究』  日本ヴィクトリア朝文化研究学会  2017 
書評 Thomas Hardy, Sensationalism, and the Melodramatic Mode, by Richard Nemesvari  永富友海  ハーディ研究   日本ハーディ協会  2015/09/15 
View details...

Research presentations
ヴィクトリア朝小説におけるセンセーショナリズムについての一考察――トマス・ハーディとM・E ・ブラッドン  日本ハーディ協会第60回大会  2017/11/11 
センセーション・ノヴェルと相続の(不)可能性  日本ハーディ協会第53回大会シンポジウム「ハーディとカントリーハウスの伝統」  2010/10/30 
The Narrative Silence in The Mayor of Casterbridge  Silence in Thomas Hardy’s Work  2010/10/22 
Female Autobiography: Harriet Martineau and Margaret Oliphant  日本英文学会第82会大会Symposium  2010/09/15 
『カースタブリッジの町長』における空白の意味  日本ハーディ協会第51回大会研究発表  2008/11/01 
View details...

Teaching achievements
文学創造の現場と文学史  2005/04/01-2008/03/31 
View details...

Textbooks and teaching materials
プリント資料  2008/04/01 
View details...

Social activities
日本ハーディ協会編集委員  2019/04-Present 
日本学術振興会国際科学研究費委員会専門委員  2018/04-2019/03 
日本ハーディ協会編集委員  2011/04/01-2013/03/31 
View details...

Memberships of academic societies
AVSA  2013-Present 
NAVSA  2013-Present 
BAVS  2013-Present 
日本ハーディ協会  2004/04/01-Present 
日本英文学会  1998/04/01-Present 
View details...