English
上智大学 
総合人間科学部 
心理学科 

顔写真 教授 
久田 満 
ヒサタ ミツル 
Hisata Mitsuru 

1957年生まれ  
 

職歴
帝京大学医学部  助手  1988/09/01-1989/05/15 
東京大学医学部  助手(文部教官)  1989/05/16-1995/03/31 
東京女子医科大学看護短期大学  助教授  1995/04/01-1998/03/31 
東京女子医科大学看護学部  助教授  1998/04/01-2001/09/30 
東京女子医科大学看護学部  教授  2001/10/01-2005/03/31 
放送大学  客員教授  2005/04/01-2007/03/31 
慶應義塾大学  非常勤講師  2005/04/01-2010/03/31 
立教大学  非常勤講師  2005/10/01-2006/03/31 
東京女子医科大学  非常勤講師  2007/04/01-2011/03/31 

学歴
上智大学  文学部  心理学科  1981/03/31  卒業 
慶應義塾大学  社会学研究科  教育学専攻  修士  1983/03/31  修了 
慶應義塾大学  社会学研究科  社会学専攻  博士  1988/09/21  単位取得満期退学 

学位
教育学修士  慶應義塾大学  1983/03/31 
博士(医学)  東京大学  1993/05/26 

免許・資格
臨床心理士  1990/09/01 
詳細表示...

教育・研究活動状況
大学院生の時代に,わが国のパイオニアであった山本和郎先生の下で「コミュニティ心理学」を学び,その魅力に惹かれました。ワシントン大学に留学して本場の息吹に触れ,大学院修了後は,帝京大学医学部,東京大学医学部,東京女子医科大学看護学部で教育・研究活動を行ってきました。おもな関心領域をキーワードで表すと,ストレス,ソーシャルサポート,コーピング,メンタルヘルス,危機介入,セルフヘルプ・グループ,高齢者のQOL,終末期医療,組織風土改革となります。特定の分野や特定の対象にではなく,コミュニティへの介入,すなわち「コミュニティ・アプローチ」という研究・実践方法に関心があります。 

研究分野
臨床心理学 

研究キーワード
コミュニティ心理学 
原子力災害 
危機介入 
援助要請行動 
ソーシャルサポート 
心の健康教育 
セルフヘルプ・グループ 
多職種協働 

研究テーマ
心理専門職に対する援助要請行動  2005-2013 
がん患者の心理的適応  2005-2021 
福島県相双地区の対人援助職に対する効果的支援  2011-2021 
多文化共生社会論  2016-2021  国際共同研究 
詳細表示...

競争的資金等の研究課題
シニア消費動向指数の開発及び測定に関する研究  その他  2016/07/01-2017/06/30 
在宅重症心身障害児の地域育児支援プログラムの開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2015/04/01-2020/03/31 
「日本版解決志向の教室づくり実践マニュアル」の開発とプログラム評価研究  科学研究費  基盤研究(B)一般  2014/04/01-2018/03/31 
原発事故災害時における医療者の罪悪感の生起メカニズムの解明と避難行動指針の策定  科学研究費  挑戦的萌芽研究  2014/04/01-2018/03/31 
「新しい」専門職の職業倫理-理論と実践の架橋を目指す領域横断型研究  科学研究費  基盤研究(B)一般  2013/04/01-2015/03/31 
詳細表示...

著書
『ワードマップーコミュニティ心理学』「第1章5節 コミュニティ心理学的研究における倫理的問題」  日本コミュニティ心理学会編  新曜社  2018 
『臨床心理学概論』「第10章 コミュニティ・アプローチ」  野島一彦・岡村達也編  遠見書房  2018 
『看護に活かす心理尺度ーその選び方・使い方』  久田満・北素子・谷口千絵著  ナカニシヤ出版  2015 
『医療現場のコミュニケーション : 医療心理学的アプローチ』 (シリーズ・ヒューマンケアのコミュニケーション)  上野徳美, 久田満編  あいり出版  2008/09/15 
『コミュニティ心理学ハンドブック』 「精神保健における予防」  日本コミュニティ心理学会編 笹尾敏明, 渡辺直登, 安藤延男, 星野命, 植村勝彦,久田満、三島一郎, 榎本光邦, 高畠克子,箕口雅博 [他著]  東京大学出版会  2007/06/27 
詳細表示...

論文
在宅重度障害児・者の親のレジリエンス尺度の開発ーその信頼性と妥当性の検討  田中美央・久田満・宮坂道夫・倉田慶子・瀧澤久美子・西方真弓・遠山潤・関奈緒  日本衛生学雑誌  2019 
NPO活動者用コミュニティ感覚尺度の開発  久田満・池辺百花・呉哲煥・川西諭・孫明超・田村輝之・田渕六郎  上智大学心理学年報  2018 
東日本大震災から4年半後の福島県における中学生のメンタルヘルス  三浦正江・久田満・中村菜々子  ストレス科学研究  2017 
青年期における被災体験とその関連要因ー東日本大震災で被災した福島県の人々を中心にー  蛯原千晶・久田満  上智大学心理学年報  2016 
臨床心理士の専門職アイデンティティとその関連要因  元木未知子・安田みどり・久田満  上智大学心理学年報  2016 
詳細表示...

研究発表
Social Support from Family, Teachers, and Friends in Japanese Children-Comparison between Tokyo and the Disaster-Hit Area in Fukushima  Asia-Pacific Conference on Education, Social Studies, and Psychology  2019/03/19 
Mental Health Status among Japanese Children in the Disaster-Hit Area in Fukushima  Asia-Pacific Conference on Education, Social Studies, and Psychology  2019/03/19 
被災地で健康支援活動に携わる保険医療専門職が直面する課題ー面接調査による質的分析  第77回日本公衆衛生学会総会  2018/10/24 
公認心理師が遂げるべき説明とは?(2)ー来談者の困難に応じた「分かりやすい説明」への挑戦  日本心理学会第82回大会  2018/09/25 
定年退職後の男性における心の状態とその関連要因  日本コミュニティ心理学会第21回大会  2018/07/07 
詳細表示...

教育実績
外国における調査研究  2007/12/27-2007/12/29 
授業運営の工夫  2005/04-現在 
ハンドアウトの利用  2005/04-現在 
詳細表示...

教科書・教材
よくわかるコミュニティ心理学  2006/10/20 
詳細表示...

社会活動
認定NOP法人ファミリーハウス  2019/04-現在 
NPO法人MLT子どもプロジェクト  2016/10-現在 
詳細表示...

所属学協会
日本小児看護学会  2019/04/01-現在 
日本心理臨床学会  2000/04/01-現在 
日本内観学会  1999/04-現在 
日本コミュニティ心理学会  1998/04-現在 
日本サイコオンコロジー学会  1992/05-現在 
詳細表示...