English
上智大学 
国際教養学部 
国際教養学科 

教授 
SAALER SVEN 
サーラ スヴェン 
Saaler Sven 

Tel.03-3238-4046  
Fax.03-3238-4046  
個人ウェブサイトはこちら  

その他の所属・職名
上智大学  グローバル・スタディーズ研究科  グローバル社会専攻  グローバル・スタディーズ研究科グローバル社会専攻主任 

研究経歴
http://www.japanesehistory.de/ 

職歴
金沢大学経済学部  講師  1998/04/01-1999/03/31 
マールブルグ大学  講師  1999/04/01-2000/10/31 
ドイツ日本研究所  研究員  2000/11/01-2003/12/31 
ドイツ日本研究所  人文科学研究部長  2004/01/01-2005/03/31 
東京大学  准教授  2005/04/01-2008/09/20 

学歴
ケルン大学  文学研究科  史学専攻  博士前期  1991/03/31  その他  ドイツ連邦共和国 
ボン大学  文学研究科  史学専攻  博士前期  1994/12/31  修了  ドイツ連邦共和国 
ボン大学  文学研究科  史学専攻  博士後期  1999/12/31  修了  ドイツ連邦共和国 

学位
博士(文学)  ボン大学  1999/11/03 

教育・研究活動状況
http://www.japanesehistory.de 

研究分野
日本史 
国際関係論 

研究キーワード
文化 
日本 
デモクラシー運動 
日独関係史 
歴史記憶 
Kodera Kenkichi 
儀式的教育 
歴史教科書問題 
戦間期日本 
東亜同文会 
銅像 
ソ連 
歴史認識 
Asianism 
Pan-Asianism 
アジア主義 
ドイツ 
記憶 
黒龍会 
近現代日本史 

研究テーマ
近現代日本史におけるアジア主義  2000-現在 
歴史教科書論争とその政治的、社会的背景  2000-現在 
Pan-Asianism in 19th/20th century Japan  2000-現在 
戦間期日本の社会集団の相互関係とネットワークについて-政・官・軍・メディア・経済界・教育事業家などを中心に  2003-2006  共同研究 
ceremonial education and national integration in postrevolutionary nation states  2004-2007 
詳細表示...

著書
OAG. Die Geschichte der Deutschen Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens, 1873-1972 (OAG. The History of the German East Asiatic Society, 1873-1972).  [Co-author] SAALER SVEN with Christian W. Spang and Rolf-Harald Wippich  Iudicium / OAG – Deutsche Gesellschaft für Natur- und Völkerkunde Ostasiens  2020 
A New Modern History of East Asia  [Co-editor / co-author] SAALER SVEN with Eckhardt Fuchs and Tokushi Kasahara  v&r  2018 
Routledge Handbook of Modern Japanese History, chapter 13: "The Military and Politics"  SAALER SVEN  Routledge  2018 
Routledge Handbook of Modern Japanese History, chapter 3: "Japan and Asia"  [Co-author] SAALER SVEN with Christopher W. A. Szpilman  Routledge  2018 
Routledge Handbook of Modern Japanese History, chapter: "Introduction"  [Co-author] SAALER SVEN with Christopher W. A. Szpilman  Routledge  2018 
詳細表示...

論文
Public Statuary and Nationalism in Modern and Contemporary Japan  The Asia-Pacific Journal/Japan Focus  2017/10/15 
東アジアと欧州における「戦後70年」  サーラ・スヴェン  『季刊 戦争責任研究』Kikan Sensô Sekinin Kenkyû (Research on War Responsibility)  2016/12 
Nationalism and History in Contemporary Japan  The Asia-Pacific Journal/Japan Focus  2016/10/15 
Naval Memorials in Germany and Japan: Narratives of a “Clean War“ Represented in Public Space  SAALER SVEN  The Journal of Northeast Asian History  2014 
The Kokuryukai (Black Dragon Society) and the Rise of Nationalism, Pan-Asianism, and Militarism in Japan, 1901-1925  SAALER SVEN  International Journal of Asian Studies  2014 
詳細表示...

研究発表
アメリカ、日本、ドイツ等における反知性主義の諸 (Anti-Intellectualism in the US, Japan and Germany)  Symposium: The Yoshimi Yoshiaki Trial and Anti-Intellectualism  2017/06/03 
From the ‘History Problem’ to the ‘History War’: Historical Revisionism in Twenty-First Century Japan  2017/05/12 
ドイツの文化外交と政治財団 (Political Foundations and Germany’s Cultural Diplomacy)  2017/04/12 
英語圏における「歴史戦」 (The Spread of the “History Wars” to the English-speaking world)  第15回歴史認識と東アジアの平和フォーラム, 15th Forum for Historical Consciousness and Peace in East Asia, Cheju (Korea)  2016 
Politics, Memory and Public Opinion: Coming to Terms with Japan’s Wartime Past  2016/10/14 
詳細表示...

その他
特別インタヴュー:政党系財団づくりこそ政策論争活発化の第一歩にになる (Special Interview: The creation of political foundations are the first step towards a vitalization of politics discussions),『改革者』2017.6, pp. 10-15  2017 
“Militär ja, Flüchtlinge nein.” Japans eigenwillige Interpretation von internationaler Verantwortung, Internationale Politik und Gesellschaft, 8 October 2015 (http://www.ipg-journal.de/regionen/asien/artikel/detail/militaer-ja-fluechtlinge-nein-1089/).  2015 
映画が歴史を直視するとき (When Movies Look at History). 『映画芸術』 453 (Autumn 2015), pp. 66-71  2015 
座談会:地方政治はどこまで国政に迫れるか、『生活経済政策』 no. 207, 4/2014, pp. 8-21  2014/04 
戦勝国が描くナチス時代のドイツ 歴史的事実とフィクションの境界、その線は誰が引くのか 『映画芸術』429 (Summer 2009), pp. 66-70  2009 
詳細表示...