English
上智大学短期大学部 
上智大学短期大学部英語科 

顔写真 教授 
丹木 博一 
タンギ ヒロカズ 
Tangi Hirokazu 

1961年生まれ  

研究経歴
1995年-2001年  ハイデガーの現象学的真理論
2002年-2005年  聖母女子短期大学  生命現象の人間学
2006年-2010年  聖母大学看護学部看護学科  病と健康の人間学
2011年      上智大学神学部神学科    境界をめぐる倫理学
2012年-現在    上智大学短期大学部英語科  現象学, ケア論  

学位
文学士  上智大学  1983/03/23 
哲学修士  上智大学  1985/03/23 

教育・研究活動状況
主として現象学的方法に基づき、人間の生命活動、身体性、相互関係などの考察を行っています。 

研究分野
哲学・倫理学 

研究キーワード
主体の形成 行為と表現 現象の構造 

研究テーマ
主体の形成と世界の現象  2011-現在 
詳細表示...

著書
『生命(いのち)の倫理と宗教的霊性』 「悲哀と表現─西田幾多郎における行為的自己の生命の自覚について」  海老原晴香・長町裕司・森裕子編  ぷねうま舎  2018/02/23 
いのちの生成とケアリング─ケアのケアを考える  丹木博一  ナカニシヤ出版  2016/10/20 
『こころに寄り添う手術看護─周術期患者・家族の心理とケア』 「不安の哲学的考察」  土藏愛子・草柳かおる編 ; 丹木博一[他]著  医歯薬出版  2014/09 
『ヒューマンケアと看護学』  清水裕子編 ; 丹木博一[他]著  ナカニシヤ出版  2013/12/20 
『Phänomenologie in Japan 1』 (Orbis phaenomenologicus, . Perspektiven ; n.F. 23 . Aufnahme und Antwort) 「Welt als Maß und Maß der Welt」  TANGI HIROKAZU[etc] , (ed.by)Nitta Yoshihiro, Tani Toru  Koenigshausen & Neumann  2011/06/01 
詳細表示...

論文
「中動態」としてのケア、「ハビトゥス」としてのケア  上智大学短期大学部紀要  2019/03/15 
Sorge概念の射程と限界  Zuspiel  ハイデガー研究会  2017/12 
「表現」の否定的構造について──『哲学論文集 第三』における現象学的真理論  丹木博一  西田哲学会年報  西田哲学会事務局  2015/07 
相手に触れるということばの可能性について : 言語の交話機能と冗長性 (創立40周年記念)  丹木博一  上智大学短期大学部紀要  上智大学短期大学部  2014/03/20 
自己決定する主体を形成するケアについて─インフォームド・コンセントに関する一考察  丹木博一  聖母大学紀要  聖母大学  2013/03/01 
詳細表示...

研究発表
特別講演「いのちの生成とケアリング─ケアのケアを考える」  日本保健医療社会学会第45回大会  2019/05/18 
「ゾルゲ(気遣い・憂愁・ケア)」としての現存在のありかたをめぐって  『存在と時間』刊行90周年記念シンポジウム  2017/11/25 
「する」と「なる」を接続する──中動態,ハビトゥス,行為的直観をめぐって  ケアの哲学学会第2回大会  2017/09/16 
詳細表示...

教科書・教材
かかわりの人間学─「他者のために、他者とともに」を生きる  2018/04/02 
詳細表示...