English
上智大学 
理工学部 
物質生命理工学科 

顔写真 准教授 
鈴木 由美子 
スズキ ユミコ 
Suzuki Yumiko 

Tel.03-3238-3089  
Fax.03-3238-3361  
 
個人ウェブサイトはこちら  

研究経歴
平成8年4月 静岡県立大学薬学部薬学部客員共同研究員
平成9年4月 同助手
平成12年3月~7月および平成12年10月~平成13年9月
米国コロンビア大学化学科博士研究員
平成20年4月 静岡県立大学薬学部薬学部助教
平成22年4月 同講師 

学位
薬学士  静岡県立大学  1991/03/23 
修士(薬学)  静岡県立大学  1993/03/24 
博士(薬学)  静岡県立大学  1996/03/22 

教育・研究活動状況
担当科目:
Organic Chemistry (Second year, Spring Semester)、物質生命理工学実験A(1年秋学期)、ヘテロ原子の有機化学(3年春学期)、化学と生活II-身のまわりの化学-(全学秋学期)、大学院特論(医薬品設計・合成化学)(大学院春学期) 

研究分野
有機化学 
合成化学 
化学系薬学 
創薬化学 

研究キーワード
有機触媒 
ヘテロ環化学 
医薬品化学 

競争的資金等の研究課題
次世代自動車等の開発加速化に係るシミュレーション基盤構築に関連した研究  2020/04/01-2021/03/31 
ノッキングを抑制する有機系燃料添加剤の研究  その他  2019/10/01-2020/03/31 
革新的分子化学変換を目指した異種複核金属錯体触媒の開発  その他  学術研究特別推進費「自由課題研究」  2019/04/01-2022/03/31 
次世代自動車等の開発加速化に係るシミュレーション基盤構築に関連した現象解明研究  その他  AICEプロジェクト研究  2019/04/01-2020/03/31 
新規キナゾリン蛍光団を内蔵する金属イオンおよび生体内分子認識プローブの開発  科学研究費  基盤研究(C)一般  2018/04/01-2021/03/31 
詳細表示...

論文
Discovery of a Potent Anticancer Agent PVHD303 with In Vivo Activity  Yumiko Suzuki, Ayana Otake, Satoshi Ueno, Kensuke Hayashi, Hirosuke Ishii, Nao Miyoshi, Kenta Kuroiwa, Masashi Tachikawa, Yuki Fujimaki, Kotaro Nishiyama, Akira Asai, Kei Manabe, Ryuta Yamazaki  ACS Medicinal Chemistry Letters  American Chemical Society  2020/05/08 
Phosphate-sensing with (di-(2-picolyl)amino)quinazolines based on fluorescence on-off system  Kazusa Aoki, Ryuji Osako, Jiahui Deng, Takashi Hayashita, Takeshi Hashimoto, Yumiko Suzuki  RSC Advances  2020/04/17 
Role of alkan-1-ol solvents in the synthesis of yellow luminescent carbon quantum dots (CQDs): Van der Waals force-caused aggregation and agglomeration.  Kenta Hagiwara, Hiroshi Uchida, Yumiko Suzuki, Takashi Hayashita, Kanjiro Torigoe, Tetsuya Kida, Satoshi Horikoshi  RSC Advances  2020/04/07 
Selective inhibition of spindle microtubules by a tubulin-binding quinazoline derivative  Jun-ichi Sawada, Hirosuke Ishii, Kenji Matsuno, Masayuki Sato, Yumiko Suzuki, Akira Asai  Molecular Pharmacology  The American Society for Pharmacology and Experimental Therapeutics  2019/08/30 
Total Synthesis of Termicalcicolanone A via Organocatalysis and Regioselective Claisen Rearrangement  Saki Ito, Taiki Kitamura, Sundaram Arulmozhiraja, Kei Manabe, Hiroaki Tokiwa, Yumiko Suzuki  Organic Letters  American Chemical Society  2019/04/08 
詳細表示...

研究発表
N-Heterocyclic Carbene-Catalyzed Synthesis of α-Amino Ketones from in Situ-Produced Imines Derived from Aminals  日本化学会第100春季年会  2020/03/24 
NHC触媒によるアルデヒドとアシラールの交差ベンゾイン反応  日本化学会第100春季年会  2020/03/24 
抗がん活性キナゾリン誘導体PVHD303の発見とin vivo 活性評価  第37回メディシナルケミストリーシンポジウム  2019/11/27 
アルデヒドとアシラールを用いる交差ベンゾイン反応の開発  第9回CSJ化学フェスタ2019  2019/10/17 
アルデヒドとアシラールを用いる交差ベンゾイン反応  第36回有機合成化学セミナー  2019/09/19 
詳細表示...

知的財産権
特許  化合物、造影剤、及び化合物の製造方法  特願2020- 71252  2020/04/10 
特許  キナゾリン化合物を有効成分とする医薬組成物  2010-046911  2010/03/03  2011‐178753  2011/03/03  5654246  2014/11/28 
詳細表示...

受賞
第6回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント  2013/03/08 
Tetrahedron Most Cited Paper 2006-2009 Award  2009/08 
Tetrahedron Most Cited Paper 2005-2008 Award  2008/08 
日本薬学会東海支部学術奨励賞受賞  2007/07/07 
詳細表示...

社会活動
立教大学・創薬化学・講演「生命科学分野への貢献を目指した 有機合成化学」  2017/07/01-2017/07/01 
工学院大学・講演「使える!有機分子触媒NHC」  2016/11/21-2016/11/21 
フランス・ノルマンディー・カーン大学客員教授  2016/09/01-2016/10/02 
日本農薬株式会社セミナー講演  2015/09/10-2015/09/10 
日本化学会関東支部幹事  2014/04/01-2016/03/31 
詳細表示...

所属学協会
日本薬学会  1991/01/01-現在 
有機合成化学協会  1996/01/01-現在 
日本化学会  2011/12/14-現在 
アメリカ化学会  2008/01/01-現在 
詳細表示...