研究シーズ名
視覚パターンの表現と認識
分  野 視覚情報処理工学
キーワード 視覚情報処理、コンピュータグラフィックス、視覚パターンの認識
研究者名 川中 彰
Kawanaka Akira
職  名 教授
所  属 理工学研究科
理工学専攻
連絡先
URL

概    要
 私の研究室では、高度な情報通信を実現するための基盤技術として、多次元信号処理技術に基づいて、視覚情報の効率的表現や視覚情報からの物体認識について研究を進めています。
 現在、画像・映像の符号化、人工現実感生成、個人認証、顔の認識、コンピュータ・ビジョンなどの課題を手掛けています。

応用例
①画像・映像の高能率符号化、②画像のオブジェクト認識、③3次元ポリゴンメッシュのデータ圧縮、④3次元画像モデルの生成、などの応用技術の開発に取り組んでいます。
今後の発展性
 高度な情報通信を実現するための基盤技術として、多次元信号処理技術に基づいて、視覚情報の効率的表現や視覚情報からの物体認識について研究を進めている。
 特に、インターネットなどの社会的インフラストラクチャの整備や有効活用に資する技術開発を目標として研究を進める。
 これまで取り組んできた3次元画像・映像技術の向上と活用にため、ステレオマッチング手法の改善、3次元幾何座標の算出、全方位画像への奥行の統合、インタラクティブな補正、触覚ディスプレイへの表示などの進展を図っていく。さらに、画像・映像の符号化、人工現実感生成、3次元プリンタ応用、交通標識の認識、コンピュータ・ビジョンなどの課題を進展させる。
研究設備
非接触形状取得装置、多眼カメラ装置、全方位カメラ
共同研究・外部機関との連携への期待
交通標識の自動認識に関する研究
3次元画像・映像モデル生成の研究開発
ポリゴンメッシュモデルの効率化表現の利用
関連特許・論文等
Efficient Coding for Dynamic 3-D Mesh with Vertices Structuring and Connectivity Oriented Multiresolution Decomposition, Sakuragi, K., Zhou, B. and Kawanaka, A., Digital Signal Processing, vol.23, 1,pp.176-183, 2013.

お問合せ先
上智大学学術情報局研究推進センター
TEL:03-3238-3173 E-mail:g_rant@cl.sophia.ac.jp